クライスラー300がマイナーチェンジ

2015.10.06 自動車ニュース
「クライスラー300S」
「クライスラー300S」 拡大

「クライスラー300」がマイナーチェンジ、予防安全装備を標準採用

FCAジャパンは2015年10月6日、クライスラーブランドの4ドアセダン「300」にマイナーチェンジを実施し、同年10月17日に発売すると発表した

「300S」のインテリア。
「300S」のインテリア。 拡大
「SRT8」
「SRT8」 拡大
「SRT8」のシート。
「SRT8」のシート。 拡大

■内外装のデザインをリフレッシュ

今回のマイナーチェンジでは、内外装のデザインを変更。エクステリアではフロントマスクを新しい意匠としたほか、新たにLED式のフロントフォグランプを採用した。また、ヘッドライトベゼル、ホイールカラー、テールランプ、ウィンドウモールディングをブラックで統一した。

一方インテリアでは、インストゥルメントパネルとセンターパネルを改良。インストゥルメントクラスターに「フルカラー7インチTFTマルチビューディスプレー」を搭載したほか、ダイヤル式のシフトセレクター「エレクトロニックロータリーシフター」を全車に採用した。

装備の強化も図っており、「300S」にはBeats Audioの、「SRT8」にはharman/kardonのプレミアムスピーカーを採用。運転支援システムについては、停止まで自動で行う「アダプティブクルーズコントロール(STOP & GO機能付き)」や、操舵(そうだ)アシスト機能付きの「LaneSense車線逸脱警報プラス」「前面衝突警報プラス(クラッシュミティゲーション付き)」「ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション」「『Parkview』リアバックアップカメラ」「『ParkSense』フロント/リアパークアシスト」が標準装備となった。

ラインナップは、3.6リッターV6エンジンの300Sと、6.4リッターV8エンジンのSRT8の2グレード。価格は、300Sが577万8000円、SRT8が756万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
300C, クライスラー, 自動車ニュース

クライスラー 300C の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • クライスラー 300C 5.7 HEMI(5AT)【試乗記】 2005.10.7 試乗記 クライスラー 300C 5.7 HEMI(5AT)
    ……598万5000円

    クライスラーが誇る5.7リッターV8OHVエンジン「HEMI」を搭載するサルーン「300C 5.7 HEMI」。なにもがデカく、誇らしげなアメリカンサルーンは、旧来のアメ車とはひと味違うらしい。


  • クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2013.1.27 試乗記 クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)
    ……538万円

    クライスラーのフラッグシップセダン「300」シリーズがモデルチェンジを受け、4年ぶりの新モデルとして日本市場に導入された。内外装ともに洗練された新型はどんな風に進化したのか?
  • クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2012.12.18 試乗記 クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)
    ……538万円

    モデルチェンジを受けたクライスラーのフラッグシップセダン「300」が上陸した。フィアット傘下でアメリカンフルサイズはどう生まれ変わったのか。
  • メルセデスが新型「Sクラス」を発売 高級サルーンのベンチマークがフルモデルチェンジ 2021.1.28 自動車ニュース メルセデス・ベンツが新型「Sクラス」を日本に導入。よりシンプルとなったデザインが特徴で、車内にはAR技術を用いたナビゲーションや立体的に映像を表示するディスプレイ、ジェスチャーコントロール機能など先進装備を満載。運転支援機能も大幅に進化している。
  • アルピナは新型のハイパフォーマンスSUVに注目【輸入車ブランドに聞きました2021】 2021.1.25 自動車ニュース サルーンにクーペ、SUVと、さまざまな高性能モデルをラインナップするアルピナ。コロナ騒動一色だった2020年は、同社にとってどんな年だったのか。また2021年の見通しはどうか? 日本のインポーターであるニコル・オートモビルズに聞いた。
ホームへ戻る