ミツオカ・リューギに限定モデルのヤマト登場

2015.10.23 自動車ニュース
「ミツオカ・リューギ ヤマト」
「ミツオカ・リューギ ヤマト」 拡大

「ミツオカ・リューギ」に限定モデル「ヤマト」登場

光岡自動車は2015年10月22日、中型セダン「ミツオカ・リューギ」に特別仕様車「yamato(ヤマト)」を設定し、同年10月23日に発売すると発表した。

今回のリューギ ヤマトは、専用の内外装デザインを特徴としており、販売台数は15台限定となっている。

「漆塗りからインスパイアされた」というインテリアについては、インストゥルメントパネル類を黒で統一するとともに、専用の本革シートやレザーフロントドアアームレストには「yamato red」と呼ばれる朱色に近い赤を用いている。

一方エクステリアでは、ガンメタリックの17インチアルミホイールや、ドアプロテクションモール、メッキミラーカバーなどを採用。フロントグリルやトランクは、墨色の七宝焼きの専用エンブレムでドレスアップしている。

これらを含む特別装備は以下の通り。
・サイドプロテクションモール
・サイドマッドガード
・メッキドアミラーカバー
・専用17インチアルミホイール
・専用七宝焼きエンブレム(フロント、リア)
・専用ロゴステッカー
・専用ピンストライプ
・専用本革シート(yamato red)
・専用レザーフロントドアアームレスト(yamato red)
・専用インテリアパネルセット(yamato black)

ボディーカラーは「yamato black」「yamato white」の2種類。価格は以下の通り。
・15XD:341万2800円
・15XD 4WD:352万6200円
・ハイブリッド:382万3200円

(webCG)
 

関連キーワード:
リューギ, ミツオカ, 自動車ニュース

ミツオカ リューギ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ロックスターSスペシャルパッケージ(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.8 試乗記 2018年に創業50周年を迎えた光岡自動車が、台数限定200台で発売した記念モデル「ロックスター」に試乗。ベースとなった「マツダ・ロードスター」譲りの走りと、2代目「シボレー・コルベット」を思わせるスタイリングの仕上がりを確かめた。
  • トヨタが「ランドクルーザープラド」を一部改良 ディーゼルモデルの最高出力を204PSに向上 2020.8.3 自動車ニュース トヨタが「ランドクルーザープラド」を一部改良。2.8リッターディーゼルエンジンの最高出力を204PSに向上させたほか、「Toyota Safety Sense」の機能強化を図った。同時に特別仕様車「TX“Lパッケージ ブラックエディション”」も発売した。
  • 第186回:コロナバブル恐るべし 2020.7.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第186回は「コロナバブル恐るべし」。新型ウイルスの感染拡大が叫ばれるなか、中古車市場にはある変化が起きていた! ポルシェやフェラーリの価格は? マニアックな世界でささやかれる、驚きの現象について考察する。
  • トヨタ・カローラ ツーリングW×B(FF/6MT)【試乗記】 2020.7.20 試乗記 1.2リッター直4ターボエンジンにレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」を組み合わせた「トヨタ・カローラ ツーリングW×B」に試乗。新世代プラットフォームや個性的なデザインを用いて若返りを狙ったという、新世代「カローラ」の走りやいかに?
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(後編)【試乗記】 2020.7.15 試乗記 2020年2月のデビュー以来ライバルとして好勝負を続ける、新型の「トヨタ・ヤリス」と「ホンダ・フィット」。ヤリスに続いて試乗したホンダのコンパクトカーは、過去のモデルから受け継いだ実力の高さを見せてくれた。
ホームへ戻る