ダイハツ、3車種にアニバーサリーモデルを設定

2015.10.26 自動車ニュース

「ダイハツ・ミラ イースX“35th AnniversaryゴールドエディションSA”」


	「ダイハツ・ミラ イースX“35th AnniversaryゴールドエディションSA”」
	拡大

ダイハツ、3車種にゴールドのアニバーサリーモデルを設定

ダイハツ工業は2015年10月26日、軽乗用車の「ムーヴ」「ミラ イース」、軽商用車の「ハイゼット トラック」に特別仕様車「ゴールドエディション」を設定し、販売を開始した。

各車に装備される専用エンブレム。上が「ムーヴ」、下段左が「ミラ イース」、下段右が「ハイゼット トラック」。
各車に装備される専用エンブレム。上が「ムーヴ」、下段左が「ミラ イース」、下段右が「ハイゼット トラック」。 拡大

今回の特別仕様車は、ムーヴの誕生20周年、ミラの誕生35周年、ハイゼットの誕生55周年を記念して設定されたもので、専用のエンブレムやゴールドカラーの装飾などでドレスアップされた内外装を特徴としている。また、一部装備の追加や専用色の設定も行われている。

モデルごとの特徴は以下の通り。

「ムーヴカスタムRS“20th AnniversaryゴールドエディションSA II”」
「ムーヴカスタムRS“20th AnniversaryゴールドエディションSA II”」 拡大
「カスタムRS“20th AnniversaryゴールドエディションSA II”」のインストゥルメントパネルまわり。
「カスタムRS“20th AnniversaryゴールドエディションSA II”」のインストゥルメントパネルまわり。 拡大
「カスタムRS“20th AnniversaryゴールドエディションSA II”」のシート。
「カスタムRS“20th AnniversaryゴールドエディションSA II”」のシート。 拡大

■ムーヴ

ベース車は「カスタムRS“SA II”」「カスタムX“SA II”」の2グレード。特別装備は以下の通り。

・専用Anniversaryエンブレム(フロントフェンダー、バックドア)
・専用ゴールドメッキフロントグリル
・専用ゴールドドアアウターハンドル
・15インチアルミホイール(切削×ゴールド、カスタムRS“SA II”のみ)
・専用インパネガーニッシュ(グロッシーブラッククロス×ゴールドライン)
・専用ドアオーナメントパネル(グロッシーブラッククロス×ゴールドライン)
・本革×専用ファブリック(ゴールドステッチ)

価格は以下の通り。
・カスタムX“20th AnniversaryゴールドエディションSA II”:154万4400円(FF)/166万8600円(4WD)
・カスタムRS“20th AnniversaryゴールドエディションSA II”:167万9400円(FF)/180万3600円(4WD)

「ミラ イースG“35th AnniversaryゴールドエディションSA”」
「ミラ イースG“35th AnniversaryゴールドエディションSA”」 拡大
「G“35th AnniversaryゴールドエディションSA”」のインストゥルメントパネルまわり。
「G“35th AnniversaryゴールドエディションSA”」のインストゥルメントパネルまわり。 拡大
「G“35th AnniversaryゴールドエディションSA”」のシート。
「G“35th AnniversaryゴールドエディションSA”」のシート。 拡大

■ミラ イース

ベース車は「X“SA”」「G“SA”」「Xf“SA”」「Gf“SA”」の4グレード。特別装備は以下の通り。

・専用Anniversaryエンブレム(フロントフェンダー、バックドア)
・専用ゴールド&ダークメッキフロントグリル
・専用ゴールドドアアウターハンドル
・専用14インチアルミホイール
・専用ゴールドフェイスプレート付きインテグレートCD・AM/FM付きステレオ&10cmスピーカー+AUX端子
・オーディオパネル(プレミアムシャインブラック)
・ブラックシート表皮

価格は以下の通り。
・X“35th AnniversaryゴールドエディションSA”:103万6800円
・Xf“35th AnniversaryゴールドエディションSA”:117万7200円
・G“35th AnniversaryゴールドエディションSA”:121万3715円
・Gf“35th AnniversaryゴールドエディションSA”:135万4115円

「ハイゼット トラック エクストラ“55th Anniversaryゴールドエディション”」
「ハイゼット トラック エクストラ“55th Anniversaryゴールドエディション”」 拡大
「エクストラ“55th Anniversaryゴールドエディション”」のインストゥルメントパネルまわり。
「エクストラ“55th Anniversaryゴールドエディション”」のインストゥルメントパネルまわり。 拡大
「エクストラ“55th Anniversaryゴールドエディション”」のシート。
「エクストラ“55th Anniversaryゴールドエディション”」のシート。 拡大
専用色の「アーバンナイトブルークリスタルメタリック」(左)と「マスカットグリーンメタリック」(右)。
専用色の「アーバンナイトブルークリスタルメタリック」(左)と「マスカットグリーンメタリック」(右)。 拡大
「スタンダード“55th Anniversaryバリューエディション”」
「スタンダード“55th Anniversaryバリューエディション”」 拡大
「スタンダード“55th Anniversaryバリューエディション”」のインストゥルメントパネルまわり。
「スタンダード“55th Anniversaryバリューエディション”」のインストゥルメントパネルまわり。 拡大

■ハイゼット トラック

ベース車は「ジャンボ」「エクストラ」「ハイルーフ」「スタンダード」の4グレード。特別装備は以下の通り。

・専用Anniversaryエンブレム(フロントドア、テールゲート)
・専用ゴールドメッキフロントグリル
・12インチフルホイールキャップ
・トップシェードガラス
・マルチリフレクターハロゲンフォグランプ(専用ゴールドベゼル付き)
・大型荷台作業灯(ハイルーフとスタンダードのみ、その他のグレードではベース車に標準装備)
・アウタードアミラーブラック化(ボディーカラーがホワイトの場合はホワイト、シルバーの場合はシルバーとなる)
・アウタードアハンドルボディー同色化
・専用ゴールドフェイスプレート付きインテグレートCD・AM/FM付きステレオ&10cmスピーカー+AUX端子
・メッキステアリングオーナメント(ハイルーフとスタンダードのみ、その他のグレードではベース車に標準装備)

ボディーカラーには同車専用色の「アーバンナイトブルークリスタルメタリック」「マスカットグリーンメタリック」を含む全8色を用意している。価格は以下の通り。

・スタンダード“55th Anniversaryゴールドエディション”:83万7000円(FR/5MT)/93万4200円(FR/4AT)/98万8200円(4WD/5MT)/108万5400円(4WD/4AT)
・ハイルーフ“55th Anniversaryゴールドエディション”:85万3200円(FR/5MT)/95万400円(FR/4AT)/100万4400円(4WD/5MT)/110万1600円(4WD/4AT)
・エクストラ“55th Anniversaryゴールドエディション”:98万2800円(FR/5MT)/108万円(FR/4AT)/113万4000円(4WD/5MT)/123万1200円(4WD/4AT)
・ジャンボ“55th Anniversaryゴールドエディション”:108万円(FR/5MT)/117万7200円(FR/4AT)/123万1200円(4WD/5MT)/132万8400円(4WD/4AT)

同時に、「スタンダード“エアコン・パワステレス”」をベースに装備を簡素化した「スタンダード“55th Anniversaryバリューエディション”」を設定。駆動方式はFR、トランスミッションは5段MTのみの設定で、価格は55周年にちなんで税抜きで55万5000円、税込みでは59万9400円となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
ミライース, ムーヴ, ハイゼット トラック , ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ ミライース の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • 新型「ダイハツ・タント」発表会の会場から 2019.7.9 画像・写真 4代目となる新型「ダイハツ・タント」登場。ダイハツの新しいクルマづくり「DNGA」の第1弾モデルで、走りの進化はもちろん、軽トールワゴンの本領である利便性の向上や、運転支援システムの充実ぶりも特徴となっている。発表会の様子を、写真でリポートする。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツ・タントカスタムRS(FF/CVT)/タントX(FF/CVT)【試乗記】 2019.8.12 試乗記 軽スーパーハイトワゴンの元祖「ダイハツ・タント」が4代目にフルモデルチェンジ。DNGA世代の新プラットフォームや充実した運転支援システム、機能性を高めたシートアレンジなど、大幅な進化を遂げた新型の出来栄えを確かめた。
  • 日産デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2019.6.17 試乗記 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。スポーティーなルックスの“売れ線”FFトップモデル「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」をロングドライブに連れ出し、刷新されたプラットフォームやパワートレインの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る