ジャガーXJに装備を強化した2016年モデル登場

2015.11.04 自動車ニュース
2016年モデルの「ジャガーXJ」。
2016年モデルの「ジャガーXJ」。 拡大

「ジャガーXJ」に装備を強化した2016年モデル登場

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2015年11月4日、「ジャガーXJ」2016年モデルの受注を開始した。

■新開発のインフォテインメントシステムを搭載

ジャガーXJの2016年モデルでは、ラインナップに「XJオートバイオグラフィー ロングホイールベース」「XJ 3.0ラグジュアリー」の2グレードを追加。全6種類のグレード展開とした。

デザインについても一部を変更しており、エクステリアでは新デザインのフロントマスクを採用。グリルのサイズを大型化するとともに、「J」の文字を2つ並べたような“ダブルJ”デザインのフルLEDヘッドランプを採用した。またリアコンビランプも「J」のデザインを取り入れた新意匠のものとなっている。

装備面では、8インチの静電式タッチスクリーンを用いた新開発のインフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を採用したほか、オプションで10.2インチHDスクリーンを搭載したプレミアムリアシートパックを設定した。またメーターパネル全体を液晶ディスプレイとした「12.3インチTFTインストルメント・クラスター」については、4種類のデザインからなるメーター表示に加え、カーナビゲーションシステムの画面も表示することが可能となった。

運転支援システムとしては、アダプティブ・クルーズ・コントロールを装備するほか、ブレーキとアクセルペダルを操作するだけで縦列駐車、並列駐車、および出庫を自動で行うパークアシストをオプションで用意。車速感応式電動パワーステアリングや、操舵(そうだ)補助機能付きのレーンキープアシスト、自動緊急ブレーキ、滑りやすい路面などで車速をドライバーが設定した速度(3.6km/hから30 km/hまでの間)に保つ「オールサーフェイス・プログレスコントロール(ASPC)」などを標準装備している。

ボディーカラーは「ポラリスホワイト」「エボニー」「アルティメットブラック」「ダークサファイヤ」「グレーシャーホワイト」「ロジウムシルバー」「アンモナイトグレイ」「クオーツァイト」「オーロラレッド」「ブリティッシュレーシンググリーン」「イタリアンレーシングレッド」「オデッセイレッド」「テンペストグレイ」「セルスティアルブラック」「ブラックベリー」「ストームグレイ」「インゴット」の17種類。ラインナップと価格は以下の通り。

・XJ 2.0ラグジュアリー:977万円
・XJ 3.0ラグジュアリー:1100万円
・XJプレミアムラグジュアリー:1202万円
・XJポートフォリオ:1360万円
・XJR:1834万円
・XJオートバイオグラフィー ロングホイールベース:2016万円

(webCG)
 

関連キーワード:
XJ, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー XJ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXJ50(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.8 試乗記 「ジャガーXJ」の誕生50周年を記念して設定された、限定モデル「XJ50」に試乗。デビューから10年がたち次期モデルのうわさもチラホラ聞こえる今にあっても、ジャガーの新世代を切り開いたフラッグシップサルーンの魅力は、色あせていなかった。
  • 日産ノート オーラGレザーエディション/ノート オーラG FOURレザーエディション【試乗記】 2021.6.15 試乗記 「日産ノート」ベースのプレミアムコンパクト「ノート オーラ」が登場。パワーアップした「e-POWER」や3ナンバー化された専用ワイドボディー、上級路線を目指したというこだわりの内装や装備など、注目すべきポイントの仕上がりを、テストコースで確かめた。
  • ジャガーXJR575(FR/8AT)【試乗記】 2018.8.31 試乗記 モデル末期ともうわさされるジャガーのフラッグシップサルーン「XJ」。そのハイパフォーマンスバージョンである「XJR」が、よりパワフルな「XJR575」に進化を遂げた。575psのパワーを“後ろ足”だけで地面にたたき付ける、英国最後の猛獣の走りを報告する。
  • ジャガーXJシリーズ(6AT)【試乗記】 2003.6.12 試乗記 ジャガー XJシリーズ(6AT)

    前モデルのデザインを踏襲しつつ、アルミ合金モノコックボディの採用などで、大きく中身が変わった「ジャガーXJ」。『webCG』エグゼクティブディレクター、大川 悠が全グレードを試乗し、印象を語る。


  • ランドローバーがFCV版「ディフェンダー」の開発計画を発表 2021.6.16 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2021年6月15日(現地時間)、新型「ランドローバー・ディフェンダー」をベースに燃料電池車のプロトタイプを開発し、2021年中にテスト走行を実施すると発表した。
ホームへ戻る