アバルト595コンペティツィオーネの限定車発売

2015.11.04 自動車ニュース
「アバルト595コンペティツィオーネ スコルピオ」
「アバルト595コンペティツィオーネ スコルピオ」 拡大

特別な「アバルト595コンペティツィオーネ」限定発売

FCAジャパンは2015年11月4日、「アバルト500」シリーズの特別仕様車「アバルト595 Competizione Scorpio(コンペティツィオーネ スコルピオ)」を発表した。同年11月14日に、200台限定で販売を開始する。

メタリックブルーのボディーカラーが特別色として設定される。
メタリックブルーのボディーカラーが特別色として設定される。 拡大
 
アバルト595コンペティツィオーネの限定車発売の画像 拡大
「エッセエッセ ブレンボ キット」
「エッセエッセ ブレンボ キット」 拡大

アバルト595コンペティツィオーネ スコルピオは、アバルトブランドの創始者であるカルロ・アバルトの誕生月と星座(11月15日のさそり座)にちなんで毎年11月に設定される「Scorpion Month(スコーピオン・マンス)」を記念した限定車。

ベースモデルは「アバルト595コンペティツィオーネ」で、特別色のメタリックブルーとメタリックレッドのほかホワイトとレッド、計4種のボディーカラーが設定される。さらに、ダークグレー仕上げのパーツ類(ヒーテッド電動ドアミラー/フロントエンブレム/ドアハンドル/リアドアハンドル/リアエンブレム)でドレスアップされる。

ブレーキの性能とフィーリングを大幅に向上させるとうたわれる「エッセエッセ ブレンボ キット」(7ツインスポーク17インチアロイホイール、205/40R17タイヤ、ブレンボ製4ポッドフロントブレーキキャリパー<レッドまたはイエロー>、大型フローティングローター)も、特別装備のひとつだ。

エンジンは1.4リッター直4ターボ(最高出力160ps、最大トルク21.0kgm)で、トランスミッションは5段MTと5段ATが選べる。

ボディーカラー別の販売台数とMT車の価格は、以下の通り。AT車は各16万2000円高となる。
・ホワイト(Bianco Gara):50台/353万1600円
・レッド(Rosso Officina):20台/353万1600円
・メタリックブルー(Blu Metalizzato):65台/358万5600円
・メタリックレッド(Rosso Cordolo):65台/358万5600円

(webCG)

関連キーワード:
595コンペティツィオーネ, アバルト, 自動車ニュース

アバルト 595コンペティツィオーネ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595Cピスタ(FF/5MT)【試乗記】 2020.7.31 試乗記 コンパクトでキュートなボディーとホットなエンジンで人気の「アバルト595」シリーズにブルーのボディーカラーも鮮やかな限定車が登場。果たしてその実力はサーキットを表す「ピスタ」の名に恥じないものなのか。オープントップモデルで検証した。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.9.4 試乗記 レクサスの新型オープンカー「LC500コンバーチブル」に一般道とサーキットで試乗。開放感たっぷりなのは当たり前、筆者はその官能性と磨き抜かれたスポーツカーとしての資質に、大いに感銘を受けたのだった。
  • 「アバルト595/595Cエッセエッセ」発売 往年の名車の名を冠した限定車 2020.8.27 自動車ニュース FCAジャパンは2020年8月25日、「アバルト595/595C」に特別仕様車「esseesse(エッセエッセ)」を設定し、同年9月19日に計305台限定で発売すると発表した。
ホームへ戻る