アバルト595コンペティツィオーネの限定車発売

2015.11.04 自動車ニュース
「アバルト595コンペティツィオーネ スコルピオ」
「アバルト595コンペティツィオーネ スコルピオ」 拡大

特別な「アバルト595コンペティツィオーネ」限定発売

FCAジャパンは2015年11月4日、「アバルト500」シリーズの特別仕様車「アバルト595 Competizione Scorpio(コンペティツィオーネ スコルピオ)」を発表した。同年11月14日に、200台限定で販売を開始する。

メタリックブルーのボディーカラーが特別色として設定される。
メタリックブルーのボディーカラーが特別色として設定される。 拡大
 
アバルト595コンペティツィオーネの限定車発売の画像 拡大
「エッセエッセ ブレンボ キット」
「エッセエッセ ブレンボ キット」 拡大

アバルト595コンペティツィオーネ スコルピオは、アバルトブランドの創始者であるカルロ・アバルトの誕生月と星座(11月15日のさそり座)にちなんで毎年11月に設定される「Scorpion Month(スコーピオン・マンス)」を記念した限定車。

ベースモデルは「アバルト595コンペティツィオーネ」で、特別色のメタリックブルーとメタリックレッドのほかホワイトとレッド、計4種のボディーカラーが設定される。さらに、ダークグレー仕上げのパーツ類(ヒーテッド電動ドアミラー/フロントエンブレム/ドアハンドル/リアドアハンドル/リアエンブレム)でドレスアップされる。

ブレーキの性能とフィーリングを大幅に向上させるとうたわれる「エッセエッセ ブレンボ キット」(7ツインスポーク17インチアロイホイール、205/40R17タイヤ、ブレンボ製4ポッドフロントブレーキキャリパー<レッドまたはイエロー>、大型フローティングローター)も、特別装備のひとつだ。

エンジンは1.4リッター直4ターボ(最高出力160ps、最大トルク21.0kgm)で、トランスミッションは5段MTと5段ATが選べる。

ボディーカラー別の販売台数とMT車の価格は、以下の通り。AT車は各16万2000円高となる。
・ホワイト(Bianco Gara):50台/353万1600円
・レッド(Rosso Officina):20台/353万1600円
・メタリックブルー(Blu Metalizzato):65台/358万5600円
・メタリックレッド(Rosso Cordolo):65台/358万5600円

(webCG)

関連キーワード:
595コンペティツィオーネ, アバルト, 自動車ニュース

アバルト 595コンペティツィオーネ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「フィアット500/500C」に新グレード登場 内外装をリフレッシュ 2021.5.25 自動車ニュース FCAジャパンは2021年5月25日、フィアットのコンパクトカー「500/500C」に新グレード「Cult(カルト)」ならびに「Dolcevita(ドルチェヴィータ)」を設定し、同年6月5日に発売すると発表した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.22 試乗記 フォルクスワーゲンの正統派SUV「ティグアン」がマイナーチェンジ。導入記念の特別仕様車「TSIファーストエディション」に試乗し、新エンジン「1.5 TSI Evo」や最新世代に移行した運転支援システムの仕上がりを確かめた。
  • フェラーリ・ポルトフィーノM(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.21 試乗記 今や少数派となったリトラクタブルハードトップを採用する2+2シーター「フェラーリ・ポルトフィーノM」に試乗。マラネッロの開発陣が磨きをかけたパワートレインやシャシーの仕上がりを中心に、先代「ポルトフィーノ」からの進化を探ってみた。
  • アバルト595エッセエッセ(FF/5MT)【試乗記】 2020.10.31 試乗記 「アバルト595」の特別仕様車「esseesse(エッセエッセ)」は、往年の同名モデルをオマージュしたホットハッチ。アクラポヴィッチのマフラーやコニのダンパー、サベルトシートなどでチューンされた刺激的な走りを堪能した。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る