アバルト70周年記念モデル「アバルト695 70°Anniversario」国内で初披露

2019.11.11 自動車ニュース
アバルト695 70°Anniversario
アバルト695 70°Anniversario拡大

FCAジャパンは2019年11月9日、富士スピードウェイで開催した公式イベント「ABARTH DAYS 2019」で、限定車「アバルト695 70°Anniversario(セッタンタ アニヴェルサーリオ)」を日本初公開した。同年11月15日に予約受け付けが開始される。

ルーフ後端には、角度調節式の大型リアウイングを装備。専用エクステリアキットの装備で大きく張り出した前後のフェンダーも目を引く。
ルーフ後端には、角度調節式の大型リアウイングを装備。専用エクステリアキットの装備で大きく張り出した前後のフェンダーも目を引く。拡大
ボンネットにはサソリのマークが添えられる。
ボンネットにはサソリのマークが添えられる。拡大
チェッカードフラッグを思わせるカラーリングのルーフ。「Verde Monza 1958」と名付けられたグリーンと、ホワイトのツートンカラーとなっている。
チェッカードフラッグを思わせるカラーリングのルーフ。「Verde Monza 1958」と名付けられたグリーンと、ホワイトのツートンカラーとなっている。拡大
サイドサポートが大きく張り出したスポーツシートが装着される。
サイドサポートが大きく張り出したスポーツシートが装着される。拡大
トランスミッションはMTのほかにATも選択可能。写真はMT車で、ハンドル位置が左右から選べる。
トランスミッションはMTのほかにATも選択可能。写真はMT車で、ハンドル位置が左右から選べる。拡大
12スポークの専用17インチアルミホイール。ブレーキはブレンボ製のものがおごられる。
12スポークの専用17インチアルミホイール。ブレーキはブレンボ製のものがおごられる。拡大

アバルトの70年を象徴する一台

同車は、1949年に設立されたアバルトが70周年を迎えたことを記念した限定車で、設立年にちなんで、世界限定1949台が生産される。アバルトの歴史を象徴する、数々のドレスアップや専用装備が特徴となっている。

ベースとなるのは「595コンペティツィオーネ」で、最高出力180PSの1.4リッター直4ターボエンジン、スポーツサスペンション、ブレンボ製ブレーキ、ハイパフォーマンスエキゾーストシステム「レコードモンツァ」などが与えられる。ボディーカラーには、アバルトが手がけた初期のモデル「フィアット500エラボラツィオーネ アバルト レコルド」に由来するグリーン「Verde Monza 1958」を採用。エクステリアで最も特徴的な大型リアウイングは、1970年に登場した「フィアット・アバルト1000TCR」からインスピレーションを得たもので、最大60度まで12段階での角度調整が可能。FCAの風洞実験施設でテストを行い、200km/h時に最大42kgのダウンフォースを発生させることが確認されている。このほか、ワイドフェンダーやデカールなどのボディーキット、17インチアルミホイール、メカニカルLSD(MT車のみ)なども備わる。

トランスミッションは、5段MT(右ハンドル/左ハンドルが選択可能)と5段AT(ATモード付き5段シーケンシャルトランスミッション。右ハンドルのみ)が設定されている。

世界限定1949台のうち、日本には当初100台が割り当てられていたが、ディーラーへの問い合わせの多さから、本国に追加を依頼。ABARTH DAYS 2019の当日、その回答としてさらに100台の導入が決定し、イベント会場の多くのアバルトファンを喜ばせた。

アバルト695 70°Anniversarioの価格と販売台数は以下の通り(カッコ内は初期受け付け台数)。

  • 5段MTの右ハンドル仕様:417万円/60台(30台)
  • 5段MTの左ハンドル仕様:417万円/40台(20台)
  • 5段ATの右ハンドル仕様:434万円/100台(50台)

予約の受け付けは、オフィシャルサイト内専用ページでのウェブ予約のみで、2019年11月15日19時58分(500エラボラツィオーネ アバルト レコルドがモンツァサーキットで6つの速度記録を樹立した1958年にちなむ)から先着順となる。まずは当初導入が決定していた100台分のみが対象となり、生産のタイミングが異なる追加100台については、あらためて注文を受け付けるとのこと。

(文と写真=大音安弘)

関連キーワード:
595コンペティツィオーネ, アバルト, 自動車ニュース

アバルト 595コンペティツィオーネ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595エッセエッセ(FF/5MT)【試乗記】 2020.10.31 試乗記 「アバルト595」の特別仕様車「esseesse(エッセエッセ)」は、往年の同名モデルをオマージュしたホットハッチ。アクラポヴィッチのマフラーやコニのダンパー、サベルトシートなどでチューンされた刺激的な走りを堪能した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フィアット500ev ONE BATTERYプロトタイプ(RWD/4MT)【試乗記】 2020.11.24 試乗記 日本でも大人気の“ヌオーバ チンクエチェント”こと2代目「フィアット500」をベースに、パワーユニットを電動化した「500ev」。日本の博物館がプロデュースしたというキュートな電気自動車は、他のクルマでは得られない魅力とドライブフィールの持ち主だった。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
  • 「シトロエンC3」がマイナーチェンジ フロントデザインを一新 2021.1.7 自動車ニュース グループPSAジャパンは2021年1月7日、シトロエンブランドのコンパクトハッチバック車「C3」のマイナーチェンジモデル導入を発表し、販売を開始した。内外装デザインの変更に加えて、1.2リッター直3ターボエンジンの燃費改善を図っている。
ホームへ戻る