ダイハツ、ハイゼットとアトレーワゴンを改良

2015.12.01 自動車ニュース
新色の「トニコオレンジメタリック」が採用された「ダイハツ・アトレーワゴン」。
新色の「トニコオレンジメタリック」が採用された「ダイハツ・アトレーワゴン」。 拡大

ダイハツが「ハイゼット」と「アトレーワゴン」を一部改良

ダイハツ工業は2015年11月30日、軽商用車の「ハイゼット カーゴ」と「ハイゼット カーゴ デッキバン」、および軽ワンボックスの「アトレーワゴン」に一部改良を実施し、販売を開始した。

■快適性を高めるUV&IRカットガラスを設定

今回の改良では、IR&UVカットガラス(フロントウィンドウ)やスーパーUV&IRカットガラス(フロントドア)などからなる「ビューティーパック」のオプション設定や、スピーカーサイズの拡大などの変更が施されている。

モデルごとの改良の内容は、以下の通り。

ハイゼット カーゴ
・ビューティーパック設定(IR&UVカットガラス<フロントウィンドウ>+スーパーUV&IRカットガラス<フロントドア>+トップシェードガラス+バニティーミラー<運転席>)
・スピーカーサイズ拡大(10cm→16cm)
・純正ナビ、ドライブレコーダー、バックカメラ装着用プリワイヤハーネス追加
・リアシート後席自動ロック追加

「ハイゼット カーゴ デッキバンGL」
「ハイゼット カーゴ デッキバンGL」 拡大

ハイゼット カーゴ デッキバン
・特別仕様車「G“リミテッド”」を標準グレード「GL」として設定
・スピーカーサイズ拡大(10cm→16cm)
・純正ナビ、ドライブレコーダー装着用プリワイヤハーネス追加

アトレーワゴン
・ボディーカラーに新色を設定(トニコオレンジメタリック、アーバンナイトブルークリスタルメタリック、タングステングレーメタリック)
・ビューティーパック設定(IR&UVカットガラス<フロントウィンドウ>+スーパーUV&IRカットガラス<フロントドア>+トップシェードガラス)
・スピーカーサイズ拡大(10cm→16cm)
・純正ナビ装着用プリワイヤハーネス追加

価格は、ハイゼット カーゴが93万6000円~146万7257円、ハイゼット カーゴ デッキバンが114万1714円~145万5943円、アトレーワゴンが140万4000円~173万8286円。

(webCG)
 

関連キーワード:
アトレーワゴン, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ アトレーワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ホンダN-ONE RS(FF/6MT)【試乗記】 2021.3.3 試乗記 ボディーパネルの大半をキャリーオーバーという前代未聞のフルモデルチェンジを果たした「ホンダN-ONE」。となると、中身のブラッシュアップに相当な熱意が込められていると考えるのが自然だろう。新規設定されたターボエンジン×6段MT仕様に試乗した。
  • メルセデスAMG GLA45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.1 試乗記 CセグメントのSUVをベースに、メルセデスAMGが徹底的に走りを突き詰めた「メルセデスAMG GLA45 S 4MATIC+」。421PSの高出力ターボエンジンと専用チューニングのシャシーを備えたハイパフォーマンスモデルは、好事家の心をくすぐるトガった一台に仕上がっていた。
  • スバル・フォレスター スポーツ(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.22 試乗記 「スバル・フォレスター」に先代モデル以来となるターボエンジン搭載車が復活。「スポーツ」を名乗る新グレードは、専用セッティングのサスペンションなども備えた新たな最上級モデルでもある。その仕上がりを箱根のワインディングロードで試した。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2021.2.19 試乗記 いろいろあった日産だが、新型「ノート」の出来栄えをみると完全復活が近いようだ。第2世代へと移行した電動パワートレイン「e-POWER」やマップデータとの連携機能を備えた運転支援システム「プロパイロット」の仕上がり具合を報告する。
ホームへ戻る