日焼け対策は万全、特別なホンダN-WGNが登場

2015.12.04 自動車ニュース
「ホンダN-WGN G SSコンフォートLパッケージ」
「ホンダN-WGN G SSコンフォートLパッケージ」 拡大

日焼け対策は万全、特別な「ホンダN-WGN」が登場

本田技研工業は2015年12月4日、軽乗用車「N-WGN」に特別仕様車「G SSコンフォートパッケージ」「G SSコンフォートLパッケージ」を設定し、販売を開始した。

今回設定された2モデルは「G」「G・Lパッケージ」の2グレードをベースに、紫外線(UV)を約99%カットし、赤外線(IR)を軽減するガラスをすべての窓に用いた「360°スーパーUV・IRカットパッケージ」や、運転席シートヒーターなどの快適装備を採用した特別仕様車である。

内外装にも手を加えており、ボディーと同色のフロントグリルやブラウンのシートなどを採用している。

価格は以下の通り。
・G SSコンフォートパッケージ(FF):119万5000円
・G SSコンフォートパッケージ(4WD):132万5000円
・G SSコンフォートLパッケージ(FF):125万4000円
・G SSコンフォートLパッケージ(4WD):138万4000円

(webCG)
 

関連キーワード:
N-WGN, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ N-WGN の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-ONEプレミアム(CVT)/N-ONE RS(CVT)/N-ONE RS(6MT)【試乗記】 2020.12.15 試乗記 クラシックなスタイリングと上質な走りが自慢の軽乗用車「ホンダN-ONE」が、デビューから8年を経てフルモデルチェンジ。初代から受け継がれた“タイムレス”なデザインと、隔世の進化を遂げた走りを併せ持つ一台の、希有(けう)な魅力をリポートする。
  • ホンダN-VAN +STYLE FUN Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.18 試乗記 “withコロナ”時代のライフスタイルとして、小さめのコミューターやアウトドアに注目が集まるいま、ユーティリティーに優れる軽という選択肢はアリか? あらためてホンダの軽商用バン「N-VAN」に乗ってみた。
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲンTロックTDIスタイル デザインパッケージ(FF/7AT)【試乗記】 2021.1.12 試乗記 次世代インフォテインメントシステム「ディスカバーメディア」と、それに連携するオンラインサービス「ウィーコネクト」を新たに搭載した「フォルクスワーゲンTロック」。使いやすいサイズ感や多用途性などの特徴に加わった“つながるクルマ”の利便性を、実際に試してみた。
  • 三菱エクリプス クロスP(4WD)【試乗記】 2021.1.10 試乗記 大規模なデザイン変更を受けた「三菱エクリプス クロス」だが、マイナーチェンジの本命は、やはり新たに用意されたプラグインハイブリッド車(PHEV)に違いない。寒風吹きすさぶワインディングロードでその仕上がりを試した。
ホームへ戻る