ディーゼルのボルボV40にスポーティーな限定車

2015.12.08 自動車ニュース

ディーゼルの「ボルボV40」にスポーティーな限定車

ボルボ・カー・ジャパンは2015年12月8日、「V40」に特別仕様車「D4 R-DESIGN」を設定し、200台限定で販売を開始した。

今回のV40 D4 R-DESIGNは、2リッターディーゼルターボエンジン搭載車をベースに、専用の内外装やスポーツサスペンションなどを採用した限定モデルである。

特別装備の内容は、以下の通り。
・R-DESIGN専用エクステリア(シルクメタルフレーム・フロントグリル、フロントバンパー、LEDドライビングライト、18インチアルミホイール“Ixion II”<ダイヤモンドカット/マットブラック>、リアバンパー<専用ディフューザー付き>、デュアル・スポーツテールパイプ、シルバー・ドアミラーカバー、サイドウィンドウ・クロムトリム、スポーツサスペンション)
・R-DESIGN専用インテリア(本革/パーフォレーテッドレザーコンビネーション、本革巻き/シルクメタル・ステアリングホイール<シフトパドル付き>、イルミネーテッドシフトノブ、本革巻きハンドブレーキグリップ、デジタル液晶メーターパネル、スポーツペダル、アルミニウム・パネル、フロアマット、ルーフライナー<チャコール>)
・パノラマ・ガラスルーフ
・プレミアムサウンド・オーディオシステム/マルチメディア(650W、harman/kardon 10スピーカー)
・パークアシスト・パイロット―縦列駐車支援システム(パークアシスト・フロントを含む)
・歩行者エアバッグ
・PCC/キーレスドライブ
・HDDナビゲーションシステム、VICS3
・12セグ地上デジタルTV(リモートコントロール付き)

ボディーカラーは「パッションレッド」「アイスホワイト」「クリスタルホワイトパール」「パワーブルーメタリック」「オニキスブラックメタリック」の全5色。価格は459万円。

(webCG)
 

「ボルボV40 D4 R-DESIGN」
「ボルボV40 D4 R-DESIGN」 拡大

関連キーワード:
V40, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V40 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
  • 第2回:実力検証! 「ボルボV40 T3」 2018.4.12 ボルボV40 解体新書 ボルボのコンパクトハッチバック「V40」には、ユーザーのニーズを踏まえたさまざまなモデルがラインナップされている。今回はその中から、ガソリンエンジン搭載車の「T3モメンタム」をピックアップ。装備の内容や走りの質を検証した。
  • 第2回:どこが変わった? 2015の「T4 SE」 2014.12.29 ボルボV40の“いま”を知る ボルボV40 T4 SE(FF/6AT) 2013年のデビュー以来、好調なセールスが伝えられる「ボルボV40」。最新2015年モデルには、さらなる商品力強化のためのリファインが施されたという。その変化のほどを、仕様変更前の「V40 T4」オーナーである自動車評論家 国沢光宏がチェックした。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
ホームへ戻る