ボクスターとケイマンの車名が「718」に

2015.12.10 自動車ニュース
「ボクスター」改め「718ボクスター」へ。
「ボクスター」改め「718ボクスター」へ。 拡大

「ボクスター」と「ケイマン」の車名が「718」に

独ポルシェは2015年12月10日、2ドアミドシップスポーツカー「ボクスター」および「ケイマン」のエンジンを2016年に水平対向4気筒ターボに変更し、加えて車名をそれぞれ「718ボクスター」と「718ケイマン」に改めると発表した。

「718」という車名は1957年にデビューした同名のレーシングカーにちなんでいるという。
「718」という車名は1957年にデビューした同名のレーシングカーにちなんでいるという。 拡大

■「ボクスター」を「ケイマン」の上位へ車格見直し

718ボクスターおよび718ケイマンという車名は、2016年内に実施するモデルチェンジで使用を開始する。両モデルにはターボチャージャー付きの水平対向4気筒エンジンを搭載し、外観的にも技術面でも従来以上に共通点を増やすという。

また、これまではクーペのケイマンの方がロードスターのボクスターより価格でも性能でも上に位置づけられてきたが、これを見直し、「911」のようにロードスターである718ボクスターの方を上に位置付け直すという。

「718」という車名は、1957年にデビューし、1960年代の前半にかけて活躍した同名のレーシングカーに由来している。

(webCG)

関連キーワード:
718ケイマン, 718ボクスター, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット コンバーチブル(MR/8AT)【試乗記】 2021.9.18 試乗記 ミドシップ化によって高い運動性能を獲得した新型「シボレー・コルベット」。その実力は、電動ハードトップを備えた「コンバーチブル」でも変わらない。とくに峠道では、オープンエアの心地よさに加え、C8の底知れないポテンシャルも感じることとなった。
  • ポルシェ911ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.3 試乗記 最高出力580PS、最大トルク750N・mのパフォーマンスを誇る「ポルシェ911ターボ」に試乗。さまざまなステージで600km以上を走り込むと、先に登場した上位モデル「ターボS」とのちがいが見えてきた。果たしてこの“素のターボ”を選ぶ意味とは?
  • メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC(前編) 2021.10.14 谷口信輝の新車試乗 「メルセデス・ベンツの最新技術とマイバッハブランドのラグジュアリーを融合させた」とうたわれる新型SUVと、レーシングドライバー谷口信輝がご対面。まず、こだわりの車内に乗り込んでみての印象は?
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(前編) 2021.9.30 谷口信輝の新車試乗 最高出力650PS、価格は3000万円以上という「ポルシェ911ターボSカブリオレ」。ワインディングロードで対峙(たいじ)したレーシングドライバー谷口信輝は、この高性能スポーツカーにどんなことを思ったか?
  • 第216回:現代 近代 そして古代 2021.9.27 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。ナローこと初期型「ポルシェ911」のステアリングを20年ぶりに握った。かつての愛車「フェラーリ458イタリア」や今の愛車「328GTS」と乗り比べてみると、その走りはまるで生まれたての小鹿ちゃんのようだった。
ホームへ戻る