「ボルボC30」に、黄色がテーマの特別仕様車

2011.11.17 自動車ニュース

「ボルボC30」に、黄色がテーマの特別仕様車

ボルボ・カーズ・ジャパンは2011年11月17日、スポーツクーペ「C30」の特別仕様車「C30 Hello Yellow Edition(ハローイエローエディション)」を発売した。

今回の特別仕様車は、2リッター直4エンジン搭載のエントリーグレード「C30 2.0 Aktiv」をベースに、ボディーカラーには新色の「ハローイエロー」を採用。そのほか、内外装にスポーティーさを演出するアイテムを特別装備している。

「C30ハローイエローエディション」の特別装備
インテリア
・本革巻きアルミニウム・スポーツステアリングホイール
・本革巻きアルミニウム・シフトノブ
・スポーツペダル
エクステリア
・エクステリア・スタイリング・パッケージ
(フロント・スキッドプレート、フォグランプフレーム、サイド・スカッフプレート、リア・スキッドプレート)

価格は、ベース車プラス10万円の、309万円。

(webCG)

「C30 Hello Yellow Edition(ハローイエローエディション)」
「C30 Hello Yellow Edition(ハローイエローエディション)」 拡大

関連キーワード:
C30, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ C30 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボC30 2.0e Aktiv(FF/6AT)/T5 R-DESIGN(FF/5AT)【試乗記】 2010.2.15 試乗記 ボルボC30 2.0e Aktiv(FF/6AT)/T5 R-DESIGN(FF/5AT)
    ……327万5000円/389万円

    ボルボの個性派クーペ「C30」がフェイスリフト。“安い”のと“凄い”の、2つのグレードを乗り比べてみた。
  • ボルボC30 2.0e Aktiv(FF/6AT)【試乗記】 2010.4.15 試乗記 ボルボC30 2.0e Aktiv(FF/6AT)
    ……353万7000円

    シャープな顔立ちに生まれ変わったボルボのコンパクトカー「C30」。ベーシックグレードで、その走りを検証する。
  • マツダ3セダンX Lパッケージ/マツダ3ファストバックXD Lパッケージ【試乗記】 2021.2.10 試乗記 マツダのCセグメントハッチバック/セダン「マツダ3」が、発売から1年半を経て初の商品改良を受けた。外見は(ほぼ)そのままに中身を磨き上げたという今回の改良は、クルマにどのような進化をもたらしたのか? 開発者から聞いた“狙い”とともに報告する。
  • スバル・フォレスター スポーツ(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.22 試乗記 「スバル・フォレスター」に先代モデル以来となるターボエンジン搭載車が復活。「スポーツ」を名乗る新グレードは、専用セッティングのサスペンションなども備えた新たな最上級モデルでもある。その仕上がりを箱根のワインディングロードで試した。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」のV8モデルに試乗。大きく変わった内外装デザインと、リアトレッド拡大やドライブモードの追加で磨きのかかった走りを中心に“元祖ラグジュアリーSUV”の進化を確かめた。
ホームへ戻る