アクセラセダンに2.2ディーゼル搭載車を設定

2015.12.17 自動車ニュース
「マツダ・アクセラセダンXD」
「マツダ・アクセラセダンXD」 拡大

マツダ、「アクセラセダン」に2.2リッターディーゼルエンジン搭載車を設定

マツダは2015年12月17日、「アクセラセダン」にクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」を搭載した特別仕様車「XD(クロスディー)」を設定し、同日発売した。

18インチのアルミホイールが標準装備。
18インチのアルミホイールが標準装備。 拡大
ステアリングやパーキングブレーキレバーは本革巻きとなる。
ステアリングやパーキングブレーキレバーは本革巻きとなる。 拡大
シートはブラックの本革(パーフォレーションレザー)が標準。
シートはブラックの本革(パーフォレーションレザー)が標準。 拡大
フロントグリルではシグネチャーの上部が赤く塗装される。
フロントグリルではシグネチャーの上部が赤く塗装される。 拡大
電動スライドガラスサンルーフ(チルトアップ機構付き)が標準で備わる。
電動スライドガラスサンルーフ(チルトアップ機構付き)が標準で備わる。 拡大

■価格は309万9600円

今回採用された「SKYACTIV-D 2.2」は、高価なNOx後処理装置なしでポスト新長期規制に適合しているのが特徴。4リッターV8ガソリンエンジン車並みのトルクを発生する。

装備面では、先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」やBoseサウンドシステム「AUDIOPILOT 2 + Centerpoint 2」など、アクセラに採用される快適装備はすべて標準装備となる。

外装ではシグネチャー上部を赤く塗装したフロントグリルなどのXD専用装備が採用され、スポーティーかつ上質な印象を強めたスタイリングを表現している。

駆動方式はFFのみ。トランスミッションは6MTと6ATが設定される。価格はどちらも309万9600円。

(webCG)

関連キーワード:
アクセラセダン, マツダ, 自動車ニュース

マツダ アクセラセダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-5 XDエクスクルーシブモード/CX-5 XDブラックトーンエディション【試乗記】 2020.12.27 試乗記 パワーユニットの性能向上やコネクテッドシステムの採用、そしてラインナップの拡充と、多方面にわたり商品力の強化が図られた「マツダCX-5」。マツダSUV製品群の中核を担う基幹モデルの、今日における実力を確かめた。
  • マツダMX-30(4WD/6AT)【試乗記】 2020.12.17 試乗記 「わたしらしく生きる」をコンセプトに開発された、マツダの新型クロスオーバー「MX-30」。いざ乗り込んでみると、これまでのマツダ車では味わえなかった、さまざまな個性が見えてきた。
  • マツダ・アクセラスポーツ/マツダスピードアクセラ【試乗記】 2006.7.14 試乗記 マツダ・アクセラスポーツ/マツダスピードアクセラ

    グループ内で「フォード・フォーカス」「ボルボS40」とプラットフォームを共有する「マツダ・アクセラ」が、2006年6月6日にマイナーチェンジされた。同時に追加されたホットハッチ「マツダスピードアクセラ」を含め、グレード別に乗り比べてわかった「アクセラ」の魅力とは……。


  • マツダ・アクセラシリーズ【試乗記】 2009.7.10 試乗記 マツダ・アクセラスポーツ15C(FF/CVT)/セダン20E(FF/5AT)/マツダスピードアクセラ(FF/6MT)
    ……215万3500円/255万9250円/300万3500円

    マツダの全販売台数の3分の1以上を占めるという基幹車種、新型「アクセラ」がフルモデルチェンジ。その実力やいかに?
  • マツダ・アクセラスポーツ20S-SKYACTIV(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2011.12.7 試乗記 ……212万9000円
    総合評価……★★★★

    マイナーチェンジを受け、パワートレインに「スカイアクティブ」技術を採用した「アクセラ」。上級グレードに15インチタイヤを組み合わせたモデルで乗り心地と走りを試した。
ホームへ戻る