GM、シボレー・キャプティバの安全装備を強化

2015.12.21 自動車ニュース
「シボレー・キャプティバ」
「シボレー・キャプティバ」 拡大

GMが「シボレー・キャプティバ」の安全装備を強化

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2015年12月21日、一部改良を受けたミドルサイズの3列7人乗りSUV「シボレー・キャプティバ」を日本に導入し、2016年1月9日に発売すると発表した。

「シボレーMyLink(マイリンク)」
「シボレーMyLink(マイリンク)」 拡大

今回の改良は装備の強化が中心となっており、インフォテインメントシステム「シボレーMyLink(マイリンク)」を全車に標準で搭載。またアップル社のスマートフォンを車載モニターやSiri音声コマンドで操作できる「Apple CarPlay」機能を採用した。

安全に関するものでは、ドライバーの死角となる自車後側方を監視する「サイドブラインドゾーンアラート」や、自車の後方を横切る車両や人がいる場合にドライバーに注意を促す「リアクロストラフィックアラート(後退時安全確認警告機能)」、リアビューカメラを新たに装備。また、これまではリアのみだったパーキングアシストセンサーを、フロントにも採用した。

内外装にも手を加えており、エクステリアではフロントグリルやフォグランプ、アンダーガードのデザインを一新。ヘッドランプにはLEDポジションランプを内蔵した。一方インテリアでは、クラスターメーターと、インテリアトリムパネルなどを変更している。

価格は「キャプティバ」が379万円、「キャプティバ ラグジュアリー」が414万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
キャプティバ, シボレー, 自動車ニュース

シボレー キャプティバ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】 2009.6.15 試乗記 シボレー・トラバースLS(FF/6AT)
    ……498.0万円

    全長5.2m超、ホイールベース3m超! 圧倒されそうな巨体に乗り込んでみると、意外やその乗り味は……。
  • シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)【試乗記】 2003.3.4 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)
    ……391.6万円

    2001年9月販売開始以来、日本市場において輸入SUV販売台数1位の「トレイルブレイザー」に、ホイールベースと全長を410mm延長し、4.2リッター直6エンジンを搭載する「EXT LT」が追加された。『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠が報告する。


  • メルセデス・ベンツE200スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.11.14 試乗記 デビュー4年目のビッグマイナーチェンジで、内外装デザインに磨きをかけると同時に安全装備も大幅にアップデートしたという「メルセデス・ベンツEクラス」。エントリーモデルに位置づけられる「E200スポーツ」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア2.0ターボ スプリント(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.5 試乗記 「アルファ・ロメオ・ジュリア」にインフォテインメントシステムや先進運転支援装備(ADAS)を強化した大規模改良モデルが登場。往年の名跡「スプリント」を襲う新グレードで、その仕上がりを確かめた。
  • アウディQ3スポーツバック35 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2020.10.28 試乗記 SUVのモデルラインナップが増え続ける中で、アウディが新たに提案する「Q3スポーツバック」。今回ステアリングを握った「35 TDIクワトロSライン」の走りは、スタイル重視に見える同モデルのイメージを大きく変えるものだった。
ホームへ戻る