マツダ・デミオ一部改良、特別仕様車も発売

2015.12.24 自動車ニュース
「マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ」
「マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ」 拡大

マツダが「デミオ」を一部改良、黒革内装の特別仕様車も発売

マツダは2015年12月24日、コンパクトカー「デミオ」に一部改良を実施するとともに、特別仕様車「ブラックレザーリミテッド」を設定し、1.3リッターガソリン車を2016年1月15日に、1.5リッターディーゼル車を2016年1月22日に発売すると発表した。

「デミオ13Sツーリング」
「デミオ13Sツーリング」 拡大
シャークフィンアンテナ
シャークフィンアンテナ 拡大
「デミオXDブラックレザーリミテッド」
「デミオXDブラックレザーリミテッド」 拡大
「ブラックレザーリミテッド」のインストゥルメントパネルまわり。
「ブラックレザーリミテッド」のインストゥルメントパネルまわり。 拡大
「ブラックレザーリミテッド」のシート。
「ブラックレザーリミテッド」のシート。 拡大

■細かな改良で商品性をアップ

今回の改良では、ディーゼルエンジンに、軽負荷領域でのアクセル操作にクルマがリニアに反応するよう、トルク応答を緻密にコントロールする「DE精密過給制御」を採用。またエンジンのノック音を抑制する「ナチュラル・サウンド・スムーザー」を「XDツーリング」「XDツーリング Lパッケージ」および後述の特別仕様車「XDブラックレザーリミテッド」に標準装備した。

一方、ガソリン車については、トノカバーとフロントウインドシールド遮音ガラスを採用することで静粛性を改善したほか、新グレードとして「13Sツーリング」を追加設定。またディーゼル車、ガソリン車の両方において電動パワーステアリング制御を改良しており、操舵(そうだ)初期の車両コントロール性を改善することで、コーナーでの操作性と直進時の安定性を向上させたという。

このほかにも、新たにフラットワイパーやシャークフィンアンテナ、3段階の温度調整が可能なシートヒーター(運転席/助手席)を採用した。

価格は135万円~221万4000円(特別仕様車除く)。

■ブラック基調のインテリアが特徴の特別仕様車

今回の特別仕様車、ブラックレザーリミテッドは、マツダがデミオで実践している、定期的にさまざまなスタイルを提案していくという「スタイルコレクション」コンセプトの第4弾に当たるモデルである。

「13Sツーリング Lパッケージ」とディーゼル車のXDツーリング Lパッケージの2グレードをベースに、ブラックの本革シートを採用。内装色もブラック基調で、アクセントとして各所にシルバーのストライプやステッチ、グレーのファブリックを用いている。またCD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)を標準装備している。

価格は以下の通り。
・13Sブラックレザーリミテッド(FF/5MT):177万1200円
・13Sブラックレザーリミテッド(FF/6AT):177万1200円
・13Sブラックレザーリミテッド(4WD/6AT):196万5600円
・XDブラックレザーリミテッド(FF/5MT):205万2000円
・XDブラックレザーリミテッド(FF/6AT):205万2000円
・XDブラックレザーリミテッド(4WD/6AT):224万6400円

(webCG)
 

関連キーワード:
デミオ, マツダ, 自動車ニュース

マツダ デミオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.9.18 試乗記 間もなく正式発売となる新型「スバル・レヴォーグ」のプロトタイプにサーキットで試乗。フルモデルチェンジによって進化したボディーやサスペンション、専用開発されたタイヤ、そして新しくなったパワートレインが織りなす“動的印象”を報告する。
ホームへ戻る