パリがイメージのルノー・キャプチャー限定発売

2016.01.07 自動車ニュース
「ルノー・キャプチャー アニヴェルセル」。写真は、ボディーカラーがルージュ フラム メタリックのもの。
「ルノー・キャプチャー アニヴェルセル」。写真は、ボディーカラーがルージュ フラム メタリックのもの。 拡大

「ルノー・キャプチャー」にパリをイメージした特別限定車

ルノー・ジャポンは2016年1月7日、コンパクトクロスオーバー「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車「キャプチャー アニヴェルセル」を、200台限定で発売した。

こちらはベージュ サンドレ メタリックのカラーをまとう2台。ルーフの色はノワール エトワール メタリック(黒:写真左)とイヴォワール(白:同右)が選べる。
こちらはベージュ サンドレ メタリックのカラーをまとう2台。ルーフの色はノワール エトワール メタリック(黒:写真左)とイヴォワール(白:同右)が選べる。 拡大
ベージュ サンドレ メタリックの「キャプチャー アニヴェルセル」には、特徴的な柄のロザンジュ ファブリックシートが備わる。
ベージュ サンドレ メタリックの「キャプチャー アニヴェルセル」には、特徴的な柄のロザンジュ ファブリックシートが備わる。 拡大
一部に装飾が施されたロザンジュ ステアリング。ベージュ サンドレ メタリックのモデルに装着される。
一部に装飾が施されたロザンジュ ステアリング。ベージュ サンドレ メタリックのモデルに装着される。 拡大
 
パリがイメージのルノー・キャプチャー限定発売の画像 拡大

今回のキャプチャー アニヴェルセルは、パリの雰囲気を伝えるという特別なボディーカラーをまとう限定車。キャプチャーの国内販売2周年を記念して設定された。
赤系の「ルージュ フラム メタリック」は、オペラ座をはじめとする劇場や百貨店が並ぶパリ9区をイメージしたもので、ノワール エトワール メタリック(黒)のルーフが組み合わされる。もう1色のベージュ系「ベージュ サンドレ メタリック」は高級住宅街として知られるパリ16区がイメージ。ルーフの色はノワール エトワール メタリックのほかにイヴォワール(白)が選べる。

ともに、パイオニア製8インチ大画面SDナビゲーションシステムと字光式キッキングプレートが備わっており、ベージュ サンドレ メタリックのモデルには、ロザンジュ ステアリングとロザンジュ ファブリックシートも与えられる。

価格は269万2000円で、ボディーカラー/ルーフカラー別の限定台数は、以下の通り。
・ルージュ フラム メタリック/ノワール エトワール メタリック:100台
・ベージュ サンドレ メタリック/ノワール エトワール メタリック:50台
・ベージュ サンドレ メタリック/イヴォワール:50台

(webCG)

関連キーワード:
キャプチャー, ルノー, 自動車ニュース

ルノー キャプチャー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・キャプチャー インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2018.4.23 試乗記 日本導入から4年を経たルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」の実力を、大幅なマイナーチェンジを機にあらためて検証。商品力高めのイマドキなクロスオーバーに“ルノーらしさ”はあるか? ドライブフィールを中心に、その出来栄えを確かめた。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
  • プジョー208GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • プジョーからコンパクトSUVの「SUV 2008」が登場 EV版の「SUV e-2008」も同時に発売 2020.9.16 自動車ニュース グループPSAジャパンが新型SUV「プジョーSUV 2008」と、同モデルのEVバージョンである「SUV e-2008」を発売した。従来モデルより全長、全幅が拡大しており、よりSUVらしいスタイルと広い荷室を実現。EV版は385km(JC08モード)の航続距離を実現している。
ホームへ戻る