パリのモードをイメージしたルーテシア限定発売

2016.02.25 自動車ニュース
「ルノー・ルーテシア アイコニック」
「ルノー・ルーテシア アイコニック」 拡大

ルノー、パリのモードをイメージした「ルーテシア」を限定発売

ルノー・ジャポンは2016年2月25日、パリのモードのイメージした限定車「ルーテシア アイコニック」を発売した。限定数は30台で、車両価格は244万円。

縫製をイメージした“クチュール”デカールがルーフだけでなくドアミラーカバーにも貼られる。
縫製をイメージした“クチュール”デカールがルーフだけでなくドアミラーカバーにも貼られる。 拡大
ヒーター付きの専用レザーシートが装着される。
ヒーター付きの専用レザーシートが装着される。 拡大

■クチュールの縫製を表現

ベースは上級グレードの「インテンス」。外装では、パリのモードを象徴するオートクチュールの縫製をイメージした“クチュール”デカールをルーフとドアミラーに配している。

一方、内装では、ルーテシア(現行モデル)初となるヒーター付き専用レザーシートを採用したほか、専用デザインのエアコンベゼルやドアトリムフィニッシャーを装着し、洗練された雰囲気を演出している。また、レザーシートに施された白のステッチが、ルーフとドアミラーのデザインと同様に、クチュールのエレガントさを表現している。

このほか、専用の「ICONIC」エンブレムや「RENAULT」ロゴ入りキッキングプレート、ボディー同色サイドプロテクションモールも装備される。ボディーカラーは「イヴォワール」(アイボリー)のみの設定。

(webCG)

→「ルノー・ルーテシア アイコニック」の詳しい画像はこちら。

関連キーワード:
ルーテシア, ルノー, 自動車ニュース

ルノー ルーテシア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.4.19 試乗記 ルノー自慢のホットハッチ「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジ。トップモデル「R.S.トロフィー」譲りの高性能パワーユニットと「シャシースポール」と呼ばれる足まわりが織りなす新たな走りを、ワインディングロードで味わった。
  • アウディA3スポーツバック(FF/7AT)/A3セダン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.7 試乗記 新型「アウディA3」のスタンダードモデルには1リッター直3エンジンが搭載されている。気になるのは、電気とターボの力を借りた最新ユニットとはいえ、果たしてそれでプレミアムモデルとして成立するかというところだろう。「スポーツバック」と「セダン」で試してみた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.30 試乗記 やはり排気量は正義である。新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の1.5リッターモデルには、1リッターモデルに抱いたような不満がまったく感じられない。ただし、それはパワートレインに限った話で、新型全体に共通する操作系の使い勝手は人を選ぶのではないだろうか。
  • プジョー508SW GTハイブリッド(FF/8AT)【試乗記】 2021.7.13 試乗記 スタイリッシュなプジョーのフラッグシップワゴン「508SW」にプラグインハイブリッドモデルが登場。興味津々でステアリングを握った清水草一が、既存モデルとの走りの違いや留意すべきポイントを報告する。
ホームへ戻る