プジョー、特別仕様車2008 CROSSCITYを発売

2016.03.07 自動車ニュース

プジョー、特別仕様車「2008 CROSSCITY」を発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年3月7日、プジョーのコンパクトSUV「2008」に特別仕様車「2008 CROSSCITY(クロスシティ)」を設定し、販売を開始した。

今回の2008 CROSSCITYは、新パワートレインの採用や、路面状況に合わせて駆動輪へのエンジントルクとブレーキを制御する「グリップコントロール」ほかを装備することで、オンロードおよびオフロードにおける走行性能や快適性の向上が図られている。

新パワートレインは、ピュアテック1.2リッター直列3気筒ターボエンジン(最高出力110ps、最大トルク20.9kgm)と、「208」「308」にも搭載している第3世代6段AT(EAT6)との組み合わせ。さらに、「3008」にも搭載されるグリップコントロールと、その機能を生かすオールシーズンタイヤを標準装備し、街中での快適性や高速走行時の加速性能、悪路や雪道の走破性など、さまざまな条件下での走行性能を向上させている。

また内外装についても、よりSUVらしいアイテムを新たに採用。エクステリアでは、グリーン/オレンジ/グレーのボディーサイドステッカーやペルラ・ネラ・ブラックドアミラー、新17インチツートーンブラックアロイホールを、インテリアではグリーンステッチ入りレザーステアリング&専用ファブリックシートやフロントドアステップガード、専用フロアマットなどを標準装備としている。

ボディーカラーは、新色「エメラルド・クリスタル」のほか、「パール・ホワイト」「トルマリン・レッド」「ペルラ・ネラ・ブラック」「プラチナ・グレー」「ビアンカ・ホワイト」の全6色をラインナップ。価格は265万円。

(webCG)
 

「プジョー2008 CROSSCITY」。写真のボディーカラーは新色の「エメラルド・クリスタル」。
「プジョー2008 CROSSCITY」。写真のボディーカラーは新色の「エメラルド・クリスタル」。 拡大

関連キーワード:
2008, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 2008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョーSUV 2008アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.29 試乗記 新型「プジョーSUV 2008」には、ねっとりとした“フランス車”らしさが乏しい。ではつまらないクルマなのかというと真逆で、実はとてもいいクルマである。そこがプジョーのうまいところだ。エントリーグレード「アリュール」の仕上がりを報告する。
  • プジョー5008GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2021.4.16 試乗記 プジョーの好調を支える3列シートSUV「5008」がマイナーチェンジを受けた。激変ぶりがひと目で分かるのはフロントからの眺めだが、中身は一体どんな進化を遂げているのだろうか。2リッターディーゼルモデルの仕上がりをリポートする。
  • プラグインハイブリッドもラインナップ 新型「プジョー308」がデビュー 2021.3.18 自動車ニュース ステランティスは2021年3月18日、プジョーブランドの基幹車種「308」の新型を発表した。7年半ぶりのフルモデルチェンジとなる3代目には、ガソリン車やディーゼル車に加え、プラグインハイブリッド車もラインナップされる。
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る