ホンダ、アキュラMDXの最新バージョンを出展【ニューヨークショー2016】

2016.03.24 自動車ニュース
「アキュラMDX」
「アキュラMDX」 拡大

【ニューヨークショー2016】ホンダ、高級SUV「アキュラMDX」の最新型を出展

ホンダの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2016年3月23日(現地時間)、ニューヨーク国際オートショー(会期:2016年3月23日~4月3日)に、マイナーチェンジしたアキュラのラグジュアリーSUV「MDX」や、新型「シビック ハッチバック」のプロトタイプモデルを出展した。

「MDX」のリアビュー。
「MDX」のリアビュー。 拡大
「MDX」のインテリア。
「MDX」のインテリア。 拡大
「ホンダ・シビック ハッチバック」のコンセプトモデル。
「ホンダ・シビック ハッチバック」のコンセプトモデル。 拡大
「アキュラNSX GT3」
「アキュラNSX GT3」 拡大

アキュラMDXは3列シートのラグジュアリーSUV。従来のパワートレインは、3.5リッターV6直噴SOHC i-VTECエンジン+9段ATだったが、今回新たに、3モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」を搭載するモデルも選べるようになった。これは、3リッターV6 DOHCエンジンと7段DCT(デュアルクラッチトランスミッション)を組み合わせるもので、ガソリンモデルを35hp上回る325hpの最高出力を発生する。

エクステリアは、2016年1月に北米国際自動車ショーで初公開されたコンセプトモデル「アキュラ・プレシジョン コンセプト」のデザインを採用。特徴的な「ダイアモンドペンタゴングリル」やシャープなフロントフェイスなど、ラグジュアリーSUVらしい洗練されたデザインとされた。また、アキュラ車として初めて、全てのグレードが安全運転支援システム「アキュラ ウォッチ」を標準装備する。

北米では、ガソリンモデルは2016年夏に、SPORT HYBRID SH-AWD搭載モデルは2016年後半に発売される予定。生産は現行モデルと同様にアメリカのアラバマ工場で行われ、2017年初頭からは、オハイオ州のイーストリバティ工場でも始められる。

このほかアキュラブースでは、北米レース用に開発された新型「NSX」のGT3レースカーも出展された。

(webCG)

関連キーワード:
MDX, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ MDX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダCR-V 2018.8.11 画像・写真 本田技研工業は2018年8月10日、同年8月30日に国内デビューを予定している5代目「ホンダCR-V」の姿を報道関係者に公開した。新型には、1.5リッター直4ターボエンジン搭載車と、CR-V初となるハイブリッド車がランナップされる。
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【試乗記】 2018.12.21 試乗記 新型「CR-V」のフルモデルチェンジに、少し遅れて設定された「ハイブリッド」。国内外のブランドがひしめくミドルクラスSUVの中にあって、国内販売を復活させたCR-Vの、ハイブリッド車の持つセリングポイントとは何なのか? その走りから確かめてみた。
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【レビュー】 2019.1.21 試乗記 およそ2年のインターバルを経て、2018年8月に日本市場に復帰したホンダのミドルクラスSUV「CR-V」。4WDの実力を試すべく、スタッドレスタイヤを履いたハイブリッド車を借り出したものの、試乗ではむしろパワートレインの上質感に感銘を受けることとなった。
  • 日産ノート 2020.11.24 画像・写真 日産がコンパクトハッチバック「ノート」をフルモデルチェンジ。2020年11月24日、3代目となる新型を発表した。2021年に発売されるEV「アリア」とともに新生日産を代表するクルマと位置づけられる最新型の姿を、写真で紹介する。
  • 「ホンダCR-V」がマイナーチェンジ ブラックのアクセントが目を引く新グレード登場 2020.6.18 自動車ニュース ホンダがミドルサイズSUV「ホンダCR-V」をマイナーチェンジ。内外装の仕様を変更したほか、黒基調のインテリア・エクステリア装飾を特徴とする新たな最上級グレード「EX・ブラックエディション」を設定した。価格は336万1600円から455万8400円。
ホームへ戻る