ホンダが新型「アキュラMDX」を発表【ニューヨークショー2013】

2013.03.28 自動車ニュース

【ニューヨークショー2013】ホンダが新型「アキュラMDX」を発表

本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2013年3月27日、ニューヨーク国際自動車ショー(会期:2013年3月27日〜4月7日)において、新型「アキュラMDX」を発表した。

「MDX」はホンダのプレミアムブランドであるアキュラのクロスオーバーSUVである。今回発表された新型は、シャシーや前後サスペンションを新設計。車両重量は従来モデルから275ポンド(約125kg)もの軽量化を達成したという。

また従来のSH-AWDモデルに加え、新たにFFモデルをラインナップに追加。エンジンは290psの最高出力と36.9kgmの最大トルクを発生する新開発の3.5リッター直噴V6 SOHCで、可変シリンダーシステム(VCM)の採用などにより、4WDモデルで21mpg(8.9km/リッター)、FFモデルで23mpg(9.8km/リッター)に燃費を抑えている。

ユーティリティーについても見直しが図られており、2列目シートにはワンタッチウオークイン機構やロングスライド調整機構などを採用。3列目シートの乗降性や、2列目シートのレッグスペースを大幅に改善している。

また、低速追従機能付きアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)やレーンキープアシストシステム(LKAS)、次世代アキュラリンクなど、先進装備の充実もセイリングポイントである。

米国での発売は、2013年半ばを予定しているとのこと。

(webCG)

新型「アキュラMDX」
新型「アキュラMDX」 拡大

関連キーワード:
MDX, ホンダ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る