北米生まれのSUV「ホンダMDX」、価格そのままで装備をプラス

2005.02.21 自動車ニュース

北米生まれのSUV「ホンダMDX」、価格そのままで装備をプラス

本田技研工業は、北米生産の7人乗り大型SUV「MDX」をマイナーチェンジし、2005年2月17日に発売した。

変更後は、オートライトコントロールや雨滴検知式ワイパー、セキュリティアラームなどが標準装備となった。
またボディカラーに「ビレットシルバー・メタリック」と「スチールブルー・メタリック」が新設定される一方で「スターライトシルバー・メタリック」が姿を消した。
価格は据え置き、「MDX」が483.0万円、上級「MDXエクスクルーシブ」は525.0万円。

(webCG 有吉)

本田技研工業「MDX」:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/mdx/

北米生まれのSUV「ホンダMDX」、価格そのままで装備をプラスの画像

関連キーワード:
MDX, ホンダ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【レビュー】 2019.1.21 試乗記 およそ2年のインターバルを経て、2018年8月に日本市場に復帰したホンダのミドルクラスSUV「CR-V」。4WDの実力を試すべく、スタッドレスタイヤを履いたハイブリッド車を借り出したものの、試乗ではむしろパワートレインの上質感に感銘を受けることとなった。
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【試乗記】 2018.12.21 試乗記 新型「CR-V」のフルモデルチェンジに、少し遅れて設定された「ハイブリッド」。国内外のブランドがひしめくミドルクラスSUVの中にあって、国内販売を復活させたCR-Vの、ハイブリッド車の持つセリングポイントとは何なのか? その走りから確かめてみた。
  • ホンダCR-V 2018.8.11 画像・写真 本田技研工業は2018年8月10日、同年8月30日に国内デビューを予定している5代目「ホンダCR-V」の姿を報道関係者に公開した。新型には、1.5リッター直4ターボエンジン搭載車と、CR-V初となるハイブリッド車がランナップされる。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG/ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(前編)【試乗記】 2019.7.29 試乗記 同時代に日本で生まれて一時代を築き、徐々に軸足をアメリカに移したのちに日本からフェードアウト……。「トヨタRAV4」と「ホンダCR-V」のたどってきた道のりが見事に一致しているのは何かの偶然だろうか。そして昨今、これまた近いタイミングで国内市場に復活。2台を比較試乗した。
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース/EX・マスターピース【試乗記】 2018.11.10 試乗記 年間販売台数は実に70万台と、いまやすっかりホンダの世界戦略を担うモデルとなった「CR-V」。5代目となる新型の出来栄えを確かめるべく、ハイブリッド車とガソリン車に試乗。ホンダの言う“究極に普通なクルマ”の実力を試した。
ホームへ戻る