日産がスカイラインの全車に予防安全装備を採用

2016.03.28 自動車ニュース

日産が「スカイライン」の全車に予防安全装備を採用

日産自動車は2016年3月28日、4ドアセダン「スカイライン」の仕様の一部変更を実施し、同年4月18日に発売すると発表した。

今回の仕様変更では、「350GTハイブリッド」「350GT FOURハイブリッド」「200GT-t」の3グレードに、自動緊急ブレーキなどからなる「全方位運転支援システム」を標準で採用。これにより現行型スカイラインでは同システムが全車標準装備となった。

今回変更のあった3グレードの価格は以下の通り。
・200GT-t:413万6400円
・350GT HYBRID:492万6960円
・350GT FOUR HYBRID:520万7760円

この他のグレードについては、仕様、価格ともに従来モデルからの変更はない。

(webCG)
 

「日産スカイライン350GTハイブリッド」
「日産スカイライン350GTハイブリッド」 拡大

関連キーワード:
スカイライン, 日産, 自動車ニュース

日産 スカイライン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.22 試乗記 市販車として初めて、同一車線内“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」が搭載された「日産スカイライン」。長距離ドライブに連れ出し、実際の交通環境の中で手放し運転機能の使い勝手や走りの実力を確かめてみた。
  • 日産スカイラインGT Type P(V6ターボ)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.4 試乗記 「日産スカイライン」のマイナーチェンジで追加されたV6ツインターボモデルはなかなかの意欲作だ。その出来栄えは概して素晴らしい。しかし、いっぽうでは日産の国内市場軽視が透けて見える部分も少々……。中年カーマニアの筆者にとっては寂しさを覚えつつの試乗となった。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド)/スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
  • レクサスならではの走りをより高次元に 「レクサスIS」のマイナーチェンジモデル登場 2020.6.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年6月16日、レクサスブランドのFRスポーツセダン「IS」のマイナーチェンジモデルを世界初公開した。走行性能の強化に加えて、内外装デザインの見直しや予防安全装備の進化など、全方位的な進化を遂げている。
ホームへ戻る