キャプティバにキャンピング仕様の限定車

2016.04.05 自動車ニュース
「シボレー・キャプティバCamper」
「シボレー・キャプティバCamper」 拡大

「シボレー・キャプティバ」にキャンピング仕様の限定車

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2016年4月5日、ミドルサイズの3列7人乗りSUV「シボレー・キャプティバ」に特別仕様車「Camper(キャンパー)」を設定し、同年4月9日から50台限定で販売すると発表した。

今回の特別仕様車は、アウトドアでのピクニックやキャンプ、車中泊などで役に立つ装備を採用したモデルである。

具体的な特別装備の内容は以下の通り。

・専用小型キッチンシンク(ヘッドをのばせばシャワーとしても使用可能)
・テーブル&椅子セット(折り畳み式のローテーブルとスツール2脚のセット)
・ポータブル冷蔵庫(マイナス18度まで冷やせる本格冷凍・冷蔵庫)
・車中泊用ベッド(10cm厚の高密度ウレタンフォーム)
・専用バックドア用テント(日よけ、雨よけや着替えに使用可能)
・専用サーモプロテクター(防寒、防熱対策)
・専用バックドア防虫ネット(優れた通気性を持ち、虫の侵入を防ぐ)
・LEDランタン(シボレーのロゴ入り)
・ETCユニット

価格は「キャプティバCamper」が398万円、上級グレードの「キャプティバCamperラグジュアリー」が433万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
キャプティバ, シボレー, 自動車ニュース

シボレー キャプティバ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】 2009.6.15 試乗記 シボレー・トラバースLS(FF/6AT)
    ……498.0万円

    全長5.2m超、ホイールベース3m超! 圧倒されそうな巨体に乗り込んでみると、意外やその乗り味は……。
  • シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)【試乗記】 2003.3.4 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)
    ……391.6万円

    2001年9月販売開始以来、日本市場において輸入SUV販売台数1位の「トレイルブレイザー」に、ホイールベースと全長を410mm延長し、4.2リッター直6エンジンを搭載する「EXT LT」が追加された。『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠が報告する。


  • フルサイズSUT「シボレー・アバランチ」発売 2011.4.27 自動車ニュース 米ゼネラルモーターズ社製モデルの正規輸入販売を手掛ける三井物産オートモーティブは、「シボレー・アバランチ」を正規導入し、2011年6月初旬に発売すると発表、4月26日に、予約受け付けを開始した。
  • シボレー・トレイルブレイザーLT(4AT)【試乗記】 2001.9.11 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーLT(4AT)
    ……349.0万円

    北米はオハイオ州に新工場を建設して生産されるシボレーの新鋭SUV「トレイルブレイザー」。4.2リッターという大排気量ながらストレート6という特異なエンジンを積む意欲作である。山梨県は河口湖周辺で、『webCG』記者が乗った。


  • シトロエンC4ピカソ エクスクルーシブ(FF/6AT)【試乗記】 2015.3.4 試乗記 日本車ともドイツ車とも一味違うシトロエンのミニバン「C4ピカソ」に試乗。「よくできている」というだけでは表現しきれない、独特の魅力に触れた。
ホームへ戻る