スバル、レヴォーグの安全性などを強化

2016.04.12 自動車ニュース
「スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight」
「スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight」 拡大

スバル、「レヴォーグ」の安全性などを強化

富士重工業は2016年4月11日、「スバル・レヴォーグ」に改良を施し、同年6月10日に発売すると発表した。

「レヴォーグ1.6GT-S EyeSight」
「レヴォーグ1.6GT-S EyeSight」 拡大
レヴォーグ1.6GT-S EyeSight」
「レヴォーグ1.6GT-S EyeSight」 拡大
「レヴォーグ1.6GT EyeSight」
「レヴォーグ1.6GT EyeSight」 拡大
「レヴォーグ1.6GT-S EyeSight」に新設定されるブライトパール内装。
「レヴォーグ1.6GT-S EyeSight」に新設定されるブライトパール内装。 拡大
ブライトパール内装。シルバー基調のレザーとブルーステッチによって、インテリアの質感を高めた
ブライトパール内装。シルバー基調のレザーとブルーステッチによって、インテリアの質感を高めた。 拡大

■2016年夏にはSTIブランドの新グレード追加も

今回の改良では、安全性の強化に加え、デザイン性や静粛性を向上させることで、レヴォーグの商品力や総合性能を磨き上げることを目的としている。

安全性では衝突安全性能を強化し、前面衝突時に瞬時にシートベルトを巻き取り、乗員を拘束するシートベルトプリテンショナーを左右リアシートにも採用する。また、リアシートのクッションも安全性の高い構造に改良するなど、後席の乗員保護性能を向上させる。さらに、フロントドアにアッパービームを追加し、側面衝突への対応も強化する。

一方、デザイン性の向上として、エントリーグレードの「1.6GT EyeSight」には、新デザインの17インチアルミホイールを採用する。ガンメタリック塗装と切削光輝を組み合わせたスポーティーで質感の高いデザインを採用しつつ、空力性能の向上と軽量化も併せて実現した。

また、「GT-S」グレードには、スポーティーかつ上質で華やかな印象を与える「ブライトパール内装」をメーカーオプションとして新設定。パールのような輝きをもったシルバー基調のレザーとブルーステッチによるコーディネートによって、インテリアの質感を高めた。

さらに、フロントドアガラスの室内側ショルダー部ウェザーストリップを2枚化して、室内への透過音を低減した。加えて、リアクオーターガラスの板厚アップや、カーゴルームの吸音材追加などで静粛性を高め、室内の質感と快適性を高めた。

このほか、レヴォーグのスポーティーな走りと高い質感をSTIによって進化させた“新たな価値を提供するモデル”を、最上級グレードとして2016年の夏に発売予定という。

価格は以下のとおり。

・1.6GT EyeSight:277万5600円
・1.6GT EyeSight S-style:290万5200円
・1.6GT-S EyeSight:305万6400円
・2.0GT-S EyeSight:356万4000円

(webCG)

関連キーワード:
レヴォーグ, スバル, 自動車ニュース

スバル レヴォーグ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.23 試乗記 2020年10月のデビュー以来、各方面で高い評価を得ている新型「スバル・レヴォーグ」。その走りのよさは、雪の上でも健在か? 東京から雪の降り積もる群馬・嬬恋方面へのドライブを通し、最新のシンメトリカルAWDの走破性能を確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントeTSIアクティブ(FF/7AT)【試乗記】 2021.10.13 試乗記 フォルクスワーゲンの新型「ゴルフヴァリアント」に試乗。ホイールベースの延長により拡大されたキャビンや荷室の仕上がりと、同じ48Vマイルドハイブリッド機構付き1リッター直3エンジンを搭載する、ハッチバック車との走りの違いを確かめた。
  • 日産ノート オーラGレザーエディション(FF)【試乗記】 2021.10.2 試乗記 「日産ノート」の派生モデルとして登場した、ハイブリッドのプレミアムコンパクト「ノート オーラ」。日産が「上質をまとったコンパクト」とうたうニューモデルは、言葉にたがわぬ仕上がりとなっているのか。本革仕様の「Gレザーエディション」で確かめた。
  • ホンダ・シビックEX(FF/CVT)/シビックEX(FF/6MT)【試乗記】 2021.9.24 試乗記 世界的な人気を誇るホンダのグローバルモデル「シビック」がフルモデルチェンジ。約半世紀にわたり歴史を重ねてきた伝統の一台は、この新型でいかなる進化を遂げたのか? ホンダがもてる力の限りを尽くして世に問う、11代目シビックの実力をリポートする。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.22 試乗記 いまやスバルの中核モデルへと成長した「レヴォーグ」。六連星(むつらぼし)の新たなフラッグシップと位置づけられる新型は、スポーツワゴンらしい走りと使い勝手のよさが実感できる一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る