BMW M3/M4に動力性能を高めるオプション登場

2016.04.18 自動車ニュース
「コンペティション・パッケージ」が採用された「BMW M4クーペ」。
「コンペティション・パッケージ」が採用された「BMW M4クーペ」。 拡大

BMWの「M3セダン」「M4クーペ」に動力性能を高めるオプションが登場

BMWジャパンは2016年4月18日、「M3セダン」「M4クーペ」の一部仕様を変更するとともに、新たに「コンペティション・パッケージ」を設定し、販売を開始した。

■エンジン、ドライブトレイン、足まわりを全方位的に強化

今回のコンペティション・パッケージは、M3セダン/M4クーペの動力性能をさらに引き上げるパッケージオプションである。

内容は多岐にわたり、エンジンについては最高出力を従来の431psから450psに向上。電子制御式多板クラッチによって左右後輪に伝える駆動力を制御する「アクティブMディファレンシャル」や、姿勢制御システムの「DSC」についても専用のチューニングを施し、トラクション性能を高めている。

また、足まわりにはダンパーおよびスタビライザーの特性を専用にチューニングした「アダプティブMサスペンション」を採用。外観についても、軽量構造の「20インチ鍛造Mライト・アロイ・ホイール・スタースポーク・スタイリング666M」や、ハイグロスブラック仕上げのキドニーグリル、ブラッククロム仕上げのデュアルエキゾーストテールパイプなどの専用装備によって、スポーティーさをさらに強調している。

これらを含む具体的なパッケージの内容は以下の通り。
・エンジン最高出力331kw(450ps)。通常モデルは317kW(431ps)。
・アダプティブMサスペンション(コンペティション・パッケージ専用セッティング)
・専用DSCセッティング
・専用アクティブMディファレンシャル・セッティング
・ハイグロスブラックキドニー・グリル、サイドギル、リアモデルバッジ
・20インチMライト・アロイ・ホイール・スタースポーク・スタイリング666M(鍛造)(フロント:9J×20ホイール+265/30ZR20タイヤ/リヤ:10J×20ホイール+285/30ZR20タイヤ)
・Mスポーツ・エキゾーストシステム(ブラッククロム仕上げデュアルエキゾーストテールパイプ)
・専用軽量Mスポーツシート(シートベルトMストライプ付き)

オプション価格は98万1000円。

また、今回の一部仕様変更では、ドライバーの死角になる自車の左右後方を走行する車両や、追い越し車線から急接近してくる車両の有無を監視し、安全な車線変更をサポートする「レーンチェンジ・ウォーニング」を全車標準装備とした。

各モデルの価格は以下の通り。
・M3セダン(7AT):1110万円
・M4クーペ(6MT):1081万円
・M4クーペ(7AT):1132万円

(webCG)
 

関連キーワード:
M3セダン, M4クーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW M3セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • BMW M3セダン コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2017.12.21 試乗記 BMW伝統の高性能セダン「M3」に、さらに動力性能を突き詰めた上級グレード「コンペティション」が登場。よりパワフルなエンジンと専用チューニングの足まわり、そして多彩なセッティングを可能にする可変制御システムがかなえる走りを試す。
  • BMW M3セダン(FR/7AT)【試乗記】 2014.8.22 試乗記 ハイパフォーマンスセダン「BMW M3」の最新型に、一般道で試乗。これまで以上にパワーと軽量化を追求したという、その走りを確かめた。
  • 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を発表 伝統のロングノーズにV6ターボを搭載 2020.9.16 自動車ニュース 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を世界初公開した。7代目となる新型「フェアレディZ」のデザインを示唆するモデルで、初代をほうふつさせるエクステリアが特徴。パワートレインは、V6ツインターボエンジンと6段MTを組み合わせているという。
  • スバルWRX STI EJ20ファイナルエディション フルパッケージ(前編) 2020.9.3 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が今回ステアリングを握ったのは、スバルとそのファンにとって特別な意味を持つ「WRX STI EJ20ファイナルエディション」。その仕上がりは、走りのプロの目にどう映ったのか?
ホームへ戻る