BMW M3/M4に動力性能を高めるオプション登場

2016.04.18 自動車ニュース
「コンペティション・パッケージ」が採用された「BMW M4クーペ」。
「コンペティション・パッケージ」が採用された「BMW M4クーペ」。 拡大

BMWの「M3セダン」「M4クーペ」に動力性能を高めるオプションが登場

BMWジャパンは2016年4月18日、「M3セダン」「M4クーペ」の一部仕様を変更するとともに、新たに「コンペティション・パッケージ」を設定し、販売を開始した。

■エンジン、ドライブトレイン、足まわりを全方位的に強化

今回のコンペティション・パッケージは、M3セダン/M4クーペの動力性能をさらに引き上げるパッケージオプションである。

内容は多岐にわたり、エンジンについては最高出力を従来の431psから450psに向上。電子制御式多板クラッチによって左右後輪に伝える駆動力を制御する「アクティブMディファレンシャル」や、姿勢制御システムの「DSC」についても専用のチューニングを施し、トラクション性能を高めている。

また、足まわりにはダンパーおよびスタビライザーの特性を専用にチューニングした「アダプティブMサスペンション」を採用。外観についても、軽量構造の「20インチ鍛造Mライト・アロイ・ホイール・スタースポーク・スタイリング666M」や、ハイグロスブラック仕上げのキドニーグリル、ブラッククロム仕上げのデュアルエキゾーストテールパイプなどの専用装備によって、スポーティーさをさらに強調している。

これらを含む具体的なパッケージの内容は以下の通り。
・エンジン最高出力331kw(450ps)。通常モデルは317kW(431ps)。
・アダプティブMサスペンション(コンペティション・パッケージ専用セッティング)
・専用DSCセッティング
・専用アクティブMディファレンシャル・セッティング
・ハイグロスブラックキドニー・グリル、サイドギル、リアモデルバッジ
・20インチMライト・アロイ・ホイール・スタースポーク・スタイリング666M(鍛造)(フロント:9J×20ホイール+265/30ZR20タイヤ/リヤ:10J×20ホイール+285/30ZR20タイヤ)
・Mスポーツ・エキゾーストシステム(ブラッククロム仕上げデュアルエキゾーストテールパイプ)
・専用軽量Mスポーツシート(シートベルトMストライプ付き)

オプション価格は98万1000円。

また、今回の一部仕様変更では、ドライバーの死角になる自車の左右後方を走行する車両や、追い越し車線から急接近してくる車両の有無を監視し、安全な車線変更をサポートする「レーンチェンジ・ウォーニング」を全車標準装備とした。

各モデルの価格は以下の通り。
・M3セダン(7AT):1110万円
・M4クーペ(6MT):1081万円
・M4クーペ(7AT):1132万円

(webCG)
 

関連キーワード:
M3セダン, M4クーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW M3セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M3セダン(FR/7AT)【試乗記】 2014.8.22 試乗記 ハイパフォーマンスセダン「BMW M3」の最新型に、一般道で試乗。これまで以上にパワーと軽量化を追求したという、その走りを確かめた。
  • アウディA1スポーツバック40 TFSIエディション1(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.11.9 試乗記 新しくなった「アウディA1スポーツバック」の走りを試すべく本国ドイツへ出向いたところ、そこで待ち受けていたのは“日本未導入”の「40 TFSI」。やや複雑な心持ちで試乗に臨んだのだが、実際には、このグレードこそ新型A1のキャラクターを最もよく表したモデルだった。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.14 試乗記 ルノーのモータースポーツ部門が手がけたハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」の中でも、さらに運動性能に磨きをかけた「トロフィー」が日本に導入された。より高出力なエンジンと、コーナリング性能を突き詰めた足まわりが織りなす走りを報告する。
  • プジョー208GTライン/208アリュール/e-208GTライン【海外試乗記】 2019.11.6 試乗記 フルモデルチェンジした“プジョーブランドの柱”「208」に試乗。ガソリンエンジン車に加えて電気自動車もそろえる2代目は、最新コンパクトカーの中でも特に注目すべき、完成度の高さをみせてくれた。
  • BMW M760Li xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.4 試乗記 BMWの旗艦サルーン「7シリーズ」の中でも、ブランド唯一の12気筒を搭載する「M760Li xDrive」。“最上級の中の最上級”に位置するこのモデルは、古典的な自動車の歓びと、ADASやコネクテッドといった新分野に対するBMWの挑戦を感じさせる一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る