BMWが4シリーズに新エンジンを搭載

2016.04.22 自動車ニュース
「BMW 4シリーズ クーペ」
「BMW 4シリーズ クーペ」 拡大

BMWが「4シリーズ」に新エンジンを搭載

BMWジャパンは2016年4月22日、「4シリーズ クーペ/カブリオレ/グランクーペ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「4シリーズ カブリオレ」
「4シリーズ カブリオレ」 拡大
4シリーズ グランクーペ
「4シリーズ グランクーペ」 拡大
ドアミラーに備えられた「レーン・チェンジ・ウォーニング」のインジケーター。
ドアミラーに備えられた「レーン・チェンジ・ウォーニング」のインジケーター。 拡大

■全車に新世代のモジュラーエンジンを採用

今回の改良では、「Mモデル」を除くすべてのモデルにおいて、パワーユニットに新世代のモジュラーエンジンを採用した。新しいエンジンは1気筒あたり排気量が約500ccの2リッター直4、もしくは3リッター直6で、いずれも筒内直接燃料噴射機構、ツインスクロールターボチャージャー、無断階バルブコントロールシステム、バリアブルカムシャフトコントロールなどの技術が用いられている。

これにより、直6エンジン搭載車の「440i」は、従来モデルの「435i」を20psと5.1kgm上回る326ps/5500rpmの最高出力と45.9kgm/1380-5000rpmの最大トルクを実現。燃費も最大で10%改善しているという。

一方、直4エンジン搭載車については、「420i」は184ps/5000rpm、27.5kgm/1350-4600rpmと、最高出力、最大トルクともに従来モデルと変わらず(最大トルクの発生回転数は異なる)。「435i」は245ps/5000rpm、35.7kgm/1250-4800rpmと、従来モデルの「428i」より最高出力が7ps向上している。

また、新エンジンの採用に加え、今回、運転支援システムの「レーン・チェンジ・ウォーニング」が全車に搭載された。

ラインナップと価格は以下の通り。

・4シリーズ クーペ:523万~809万円
・4シリーズ カブリオレ:883万~901万円
・4シリーズ グランクーペ:528万~815万円

(webCG)
 

関連キーワード:
4シリーズ クーペ, 4シリーズ カブリオレ, 4シリーズ グランクーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW 4シリーズ クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M850i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.28 試乗記 BMWのラグジュアリークーペ「8シリーズ」に、4ドアバージョンの「グランクーペ」が登場。リアシートの使い勝手や2ドアモデルとの走りのちがい、さらにBMW自慢の「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援システム」の仕上がり具合などをリポートする。
  • BMW M235i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)/220dグランクーペ(FF/8AT)【海外試乗記】 2020.2.27 試乗記 2020年春に日本の道を走り始めるBMWのニューモデル「2シリーズ グランクーペ」。コンパクトな4ドアクーペの走りには、どんな特徴があるのか? 駆動方式やパワーユニットの異なる2モデルにポルトガルで試乗した。
  • 【前編】ジャガーXE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> 「E-LINE」と呼ばれるジャガーのコンパクトクラスに名を連ねるのが「XE」と「E-PACE」だ。今回、両モデルをワインディングロードに連れ出し、あらためてその魅力を検証。まずは、2020年モデルで大規模なマイナーチェンジが行われた4ドアサルーン、XEのステアリングを握った。
  • マクラーレンGT(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.11 試乗記 新たなスポーツカー像を提案するというマクラーレンのニューモデル「GT」に試乗。利便性の高さが特長とされ、グランドツアラーを示す名称が与えられてはいるが、その走りのパフォーマンスはスーパースポーツで知られるメーカーの名に恥じないものだった。
  • マクラーレンが公道を走れるレーシングカー「620R」を日本初公開【オートモビル カウンシル2020】 2020.3.23 自動車ニュース マクラーレン・オートモーティブは2020年3月23日、千葉県の幕張メッセで開催される自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2020(オートモビル カウンシル2020)」(開催期間:4月3日~5日)において、「マクラーレン620R」を日本初公開すると発表した。
ホームへ戻る