BMWが4シリーズに新エンジンを搭載

2016.04.22 自動車ニュース
「BMW 4シリーズ クーペ」
「BMW 4シリーズ クーペ」 拡大

BMWが「4シリーズ」に新エンジンを搭載

BMWジャパンは2016年4月22日、「4シリーズ クーペ/カブリオレ/グランクーペ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「4シリーズ カブリオレ」
「4シリーズ カブリオレ」 拡大
4シリーズ グランクーペ
「4シリーズ グランクーペ」 拡大
ドアミラーに備えられた「レーン・チェンジ・ウォーニング」のインジケーター。
ドアミラーに備えられた「レーン・チェンジ・ウォーニング」のインジケーター。 拡大

■全車に新世代のモジュラーエンジンを採用

今回の改良では、「Mモデル」を除くすべてのモデルにおいて、パワーユニットに新世代のモジュラーエンジンを採用した。新しいエンジンは1気筒あたり排気量が約500ccの2リッター直4、もしくは3リッター直6で、いずれも筒内直接燃料噴射機構、ツインスクロールターボチャージャー、無断階バルブコントロールシステム、バリアブルカムシャフトコントロールなどの技術が用いられている。

これにより、直6エンジン搭載車の「440i」は、従来モデルの「435i」を20psと5.1kgm上回る326ps/5500rpmの最高出力と45.9kgm/1380-5000rpmの最大トルクを実現。燃費も最大で10%改善しているという。

一方、直4エンジン搭載車については、「420i」は184ps/5000rpm、27.5kgm/1350-4600rpmと、最高出力、最大トルクともに従来モデルと変わらず(最大トルクの発生回転数は異なる)。「435i」は245ps/5000rpm、35.7kgm/1250-4800rpmと、従来モデルの「428i」より最高出力が7ps向上している。

また、新エンジンの採用に加え、今回、運転支援システムの「レーン・チェンジ・ウォーニング」が全車に搭載された。

ラインナップと価格は以下の通り。

・4シリーズ クーペ:523万~809万円
・4シリーズ カブリオレ:883万~901万円
・4シリーズ グランクーペ:528万~815万円

(webCG)
 

関連キーワード:
4シリーズ クーペ, 4シリーズ カブリオレ, 4シリーズ グランクーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW 4シリーズ クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLC F-CELL(RWD)【試乗記】 2020.7.24 試乗記 メルセデス・ベンツの燃料電池自動車「GLC F-CELL」が、いよいよ日本の道路を走り始めた。カタログに記された満タンからの航続可能距離は約377km。その実力を試すとともに、未来の生活では当たり前になるかもしれない(?)、水素補給も体感してみた。
  • BMW M8グランクーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.3 試乗記 BMWの「M8」シリーズに「グランクーペ」が追加された。もちろん、単純な運動性能という観点では先にデビューした「クーペ」に分があるのは間違いないだろう。では4ドアクーペならではの魅力はどこにあるのだろうか。高出力版「コンペティション」に試乗して考えた。
  • BMW M235i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.29 試乗記 「2シリーズ グランクーペ」は、前輪駆動プラットフォームをベースに開発されたBMW初のコンパクト4ドアクーペ。最高出力306PSを誇るパワーユニットと4WDを組み合わせた「M235i xDrive」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る