メルセデス・ベンツGLEに新たな高性能モデル

2016.04.27 自動車ニュース
「メルセデスAMG GLE43 4MATIC」
「メルセデスAMG GLE43 4MATIC」 拡大

367psの高性能SUV「メルセデスAMG GLE43 4MATIC」発売

メルセデス・ベンツ日本は2016年4月27日、高性能SUV「メルセデスAMG GLE43 4MATIC」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。

■0-100km/h加速は5.7秒

2015年3月に発表された「メルセデス・ベンツGLE」は、従来の「Mクラス」にフェイスリフトを施すと同時に、メルセデスのSUVを意味するGLと、ミディアムクラスを表すEの組み合わせに車名を改めた、セダンでいえば「Eクラス」に相当するSUVである。
日本でもすでに「GLE350d 4MATIC」と「メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC」がリリースされているが、新たに加えられた「メルセデスAMG GLE43 4MATIC」は、それら既存2車種の中間に位置するモデルとなる。

まず目を引くのは、ブラック仕上げの前後アンダーガード、ドアミラー、ルーフレール、そして大径の5スポークAMGホイールなどで装ったエクステリア。トップグレードの「メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC」よりもハードボイルドな雰囲気を醸し出している。

エンジンは「C450 AMG」などに搭載されているものと同じ、最高出力367ps、最大トルク53.0kgmを発生する3リッターV6ツインターボ。トランスミッションは9段AT、駆動方式は4WDで、0-100km/h加速5.7秒(欧州仕様参考値)というパフォーマンスを発揮するという。

4輪それぞれを電子制御する「AIRマティックサスペンション」や、5つの走行モードが選択可能な「ダイナミックセレクト」は標準装備。軽量かつ低背圧タイプの「AMGスポーツエグゾーストシステム」は、エモーショナルなサウンドを発生する。

安全運転支援システムについては、「レーダーセーフティパッケージ」を標準装備。さらに、車両周囲の状況をモニターする360度カメラシステムや、縦列駐車と車庫入れをアシストするアクティブパーキングアシストも標準装備となる。

「メルセデスAMG GLE43 4MATIC」はモノグレードで、価格は1150万円。

(文=沼田 亨)

関連キーワード:
GLE, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ GLE の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツGLB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.29 試乗記 メルセデス・ベンツの人気SUV「GLA」と「GLC」の間に追加された、3列7人乗りの「GLB」。精神的支柱の「Gクラス」を想起させる四角い背高ボディーを背負ったニューモデルの仕上がりやいかに? 2リッターディーゼルのFF車「GLB200d」に試乗した。
  • メルセデス・ベンツGLB250 4MATICスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.21 試乗記 主要な自動車ブランドの例にも漏れず、さまざまなSUVをラインナップするメルセデス・ベンツ。その一翼を担う新型車「GLB」とは、どんなクルマなのか? ガソリンターボの「GLB250 4MATICスポーツ」に試乗して確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLB250 4MATICスポーツ/GLB200d 2020.6.25 画像・写真 メルセデス・ベンツから新型SUV「GLB」が登場。手ごろなサイズで3列7人乗りを実現しており、プレミアムブランドならではの充実した装備も特徴となっている。スリーポインテッドスターのSUV製品群に加わった“新顔”の姿を、写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.10.20 試乗記 SUVとクーペの融合が図られた、メルセデスの個性派モデル「GLEクーペ」がフルモデルチェンジ。新型のクリーンディーゼル搭載車に試乗した筆者は、その予想外の走りっぷりと優れたユーティリティーに、大いに驚かされたのだった。
  • アウディQ3 35 TFSIアドバンスト(FF/7AT)【試乗記】 2020.10.12 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となったアウディのCセグメントSUV「Q3」。ラインナップの中核をなすと目される「Q3 35 TFSIアドバンスト」を郊外に連れ出し、最新のシャシーやパワーユニットの出来栄え、ユーティリティー性をチェックした。
ホームへ戻る