メルセデス・ベンツGLEに新たな高性能モデル

2016.04.27 自動車ニュース
「メルセデスAMG GLE43 4MATIC」
「メルセデスAMG GLE43 4MATIC」 拡大

367psの高性能SUV「メルセデスAMG GLE43 4MATIC」発売

メルセデス・ベンツ日本は2016年4月27日、高性能SUV「メルセデスAMG GLE43 4MATIC」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。

■0-100km/h加速は5.7秒

2015年3月に発表された「メルセデス・ベンツGLE」は、従来の「Mクラス」にフェイスリフトを施すと同時に、メルセデスのSUVを意味するGLと、ミディアムクラスを表すEの組み合わせに車名を改めた、セダンでいえば「Eクラス」に相当するSUVである。
日本でもすでに「GLE350d 4MATIC」と「メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC」がリリースされているが、新たに加えられた「メルセデスAMG GLE43 4MATIC」は、それら既存2車種の中間に位置するモデルとなる。

まず目を引くのは、ブラック仕上げの前後アンダーガード、ドアミラー、ルーフレール、そして大径の5スポークAMGホイールなどで装ったエクステリア。トップグレードの「メルセデスAMG GLE63 S 4MATIC」よりもハードボイルドな雰囲気を醸し出している。

エンジンは「C450 AMG」などに搭載されているものと同じ、最高出力367ps、最大トルク53.0kgmを発生する3リッターV6ツインターボ。トランスミッションは9段AT、駆動方式は4WDで、0-100km/h加速5.7秒(欧州仕様参考値)というパフォーマンスを発揮するという。

4輪それぞれを電子制御する「AIRマティックサスペンション」や、5つの走行モードが選択可能な「ダイナミックセレクト」は標準装備。軽量かつ低背圧タイプの「AMGスポーツエグゾーストシステム」は、エモーショナルなサウンドを発生する。

安全運転支援システムについては、「レーダーセーフティパッケージ」を標準装備。さらに、車両周囲の状況をモニターする360度カメラシステムや、縦列駐車と車庫入れをアシストするアクティブパーキングアシストも標準装備となる。

「メルセデスAMG GLE43 4MATIC」はモノグレードで、価格は1150万円。

(文=沼田 亨)

関連キーワード:
GLE, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ GLE の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツGLB250 4MATICスポーツ/GLB200d 2020.6.25 画像・写真 メルセデス・ベンツから新型SUV「GLB」が登場。手ごろなサイズで3列7人乗りを実現しており、プレミアムブランドならではの充実した装備も特徴となっている。スリーポインテッドスターのSUV製品群に加わった“新顔”の姿を、写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツが新型SUV「GLB」を日本導入 手ごろなサイズの3列7人乗りモデル 2020.6.25 自動車ニュース メルセデス・ベンツが新型SUV「GLB」の日本導入を発表。取り回しのしやすいボディーサイズでありながら、高効率なパッケージにより3列7人乗りを実現している。グレードは「200d」と「250 4MATICスポーツ」の2種類。納車開始は2020年7月ごろを予定している。
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
  • 「BMW X2」に最高出力190PSの2リッター直4ディーゼル搭載モデルが追加設定 2020.6.8 自動車ニュース BMWジャパンは2020年6月8日、クロスオーバーモデル「BMW X2」に最高出力190PSの2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載した「xDrive20d」を追加設定し、販売を開始した。
  • メルセデス・ベンツGLA200d 4MATIC 2020.6.25 画像・写真 メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLA」が初のフルモデルチェンジを受け、2代目に進化した。よりスタイリッシュになりながら悪路走破性もアップした新型の姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る