「BMW 1シリーズ」にディーゼルエンジン搭載車が登場

2016.05.09 自動車ニュース

BMWジャパンは2016年5月9日、コンパクトハッチバック「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼル車「BMW 118d」を追加すると発表した。同年5月21日に発売する。

BMW 118dは、最高出力150ps/4000rpm、最大トルク32.6kgm/1500-3000rpmを発生する、2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載。8段ATが組み合わされ、スタート&ストップ機能も備わる。
JC08モードの燃費値は、22.2km/リッター。1.5リッター直3ガソリンターボエンジンを搭載する「118i」の18.1km/リッターよりも、約2割優れる値となっている。

118dの主な装備は、以下の通り。
・ドライビングアシスト(レーンディパーチャーウォーニング<車線逸脱警告システム>、前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ)
・BMW SOSコール/BMWテレサービス
・ドライビングパフォーマンスコントロール(ECO PROモード付き)
・LEDヘッドライト(LEDハイビーム/ロービーム、LEDフロントターンインジケーター、LEDスモールライトリング)
・自動防眩ドアミラー/ルームミラー
・オートライトシステム
・オートマチックエアコンディショナー
・可倒式リアシート(60:40分割可倒式)
・8.8インチワイドコントロールディスプレイ
・HDDナビゲーションシステム(VICS3メディア対応)
・iDriveコントローラー(コントロールディスプレイ用、ダイレクトメニューコントロールボタン、タッチパッド付き)
・インテグレーテッドオーナーズハンドブック
・ハンズフリーテレフォンシステム
・USBオーディオインターフェイス
・ITSスポット対応DSRC車載器(ルームミラー内蔵、ETC機能付き)

ラインナップと価格は、以下の通り。
・118d スポーツ:365万円
・118d スタイル:365万円
・118d Mスポーツ:385万円

(webCG)

「BMW 118d」
「BMW 118d」 拡大

関連キーワード:
1シリーズ, BMW, 自動車ニュース

BMW 1シリーズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 118iプレイ(FF/7AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.29 試乗記 フルモデルチェンジにあたり、プラットフォームを刷新。FRからFFへと基本駆動方式が変更された「BMW 1シリーズ」の走りとは? ベーシックな「118iプレイ」とハイパフォーマンスモデル「M135i xDrive」を公道に連れ出し、その仕上がりを確かめた。
  • BMW 118d(FF/8AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.7.22 試乗記 BMWのエントリーモデル「1シリーズ」が、FFのプラットフォームを用いた3代目にフルモデルチェンジ。駆動方式の変更に際してBMWがこだわったポイントとは? BMWの“おひざ元”であるドイツ・ミュンヘンで、その出来栄えを確かめた。
  • 日産とコールマンがコラボレーション 世界に1台の「エクストレイル」が誕生 2020.1.30 自動車ニュース 日産自動車とコールマンが「エクストレイル」のリモートワーク仕様車を発表。「いつものオフィスを飛び出して働くことを可能にする」という世界に一台の特別なモデルで、コールマンの中でも最高級の製品である「MASTER SERIES」のアウトドア用品が付属している。
  • 「ホンダS2000」の発売20周年を記念した純正アクセサリー発売 2020.2.20 自動車ニュース ホンダアクセスは2020年2月20日、2019年に発売から20周年を迎えた「ホンダS2000」用の純正アクセサリーの予約注文受付を開始した。2020年6月26日に発売する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.15 試乗記 ワールド・ツーリング・カー・カップ(WTCR)参戦マシンのロードゴーイングバージョンとして、台数限定600台が販売される「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」。伝統のホットモデル「GTI」シリーズで最強となる290PSのパワーを山岳路で味わうべく、富士山麓に連れ出した。
ホームへ戻る