「BMW 1シリーズ」にディーゼルエンジン搭載車が登場

2016.05.09 自動車ニュース

BMWジャパンは2016年5月9日、コンパクトハッチバック「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼル車「BMW 118d」を追加すると発表した。同年5月21日に発売する。

BMW 118dは、最高出力150ps/4000rpm、最大トルク32.6kgm/1500-3000rpmを発生する、2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載。8段ATが組み合わされ、スタート&ストップ機能も備わる。
JC08モードの燃費値は、22.2km/リッター。1.5リッター直3ガソリンターボエンジンを搭載する「118i」の18.1km/リッターよりも、約2割優れる値となっている。

118dの主な装備は、以下の通り。
・ドライビングアシスト(レーンディパーチャーウォーニング<車線逸脱警告システム>、前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ)
・BMW SOSコール/BMWテレサービス
・ドライビングパフォーマンスコントロール(ECO PROモード付き)
・LEDヘッドライト(LEDハイビーム/ロービーム、LEDフロントターンインジケーター、LEDスモールライトリング)
・自動防眩ドアミラー/ルームミラー
・オートライトシステム
・オートマチックエアコンディショナー
・可倒式リアシート(60:40分割可倒式)
・8.8インチワイドコントロールディスプレイ
・HDDナビゲーションシステム(VICS3メディア対応)
・iDriveコントローラー(コントロールディスプレイ用、ダイレクトメニューコントロールボタン、タッチパッド付き)
・インテグレーテッドオーナーズハンドブック
・ハンズフリーテレフォンシステム
・USBオーディオインターフェイス
・ITSスポット対応DSRC車載器(ルームミラー内蔵、ETC機能付き)

ラインナップと価格は、以下の通り。
・118d スポーツ:365万円
・118d スタイル:365万円
・118d Mスポーツ:385万円

(webCG)

「BMW 118d」
「BMW 118d」 拡大

関連キーワード:
1シリーズ, BMW, 自動車ニュース

BMW 1シリーズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 118dプレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.22 試乗記 BMWのエントリーディーゼルモデル「118dプレイ エディションジョイ+」を、片道300kmを超える長距離ドライブに連れ出した。高速道路と山岳路を組み合わせたタフなルートでステアリングを握り、あらためて確認できたBMWの走りに対するこだわりとは?
  • BMW 218dグランクーペ プレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2021.5.12 試乗記 FFを基本としたエンジン横置きプラットフォームに、コンパクトな4ドアボディーを架装した「BMW 2シリーズ グランクーペ」。FRを信奉する古くからのファンには敬遠されそうなモデルだが、実際に乗ってみると、FFの乗用車として出色の出来栄えだった。
  • KTM 1290スーパーアドベンチャーS/1290スーパーアドベンチャーR【試乗記】 2021.6.16 試乗記 オンオフを問わない走りが特徴の「KTM 1290スーパーアドベンチャー」がフルモデルチェンジ。KTM製アドベンチャーモデルのフラッグシップは、全面刷新を経てどのようなマシンに進化したのか? ハイテクで武装した3代目の実力を試す。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
  • 第208回:ルノーはフツーだ! 2021.6.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。3カ月前に購入した“俺のナロー”こと愛車「トゥインゴ」は、RR車らしい走りが味わえると思いきや、実はこれが意外とフツー。しかしそのフツーっぽさが、フランス車の中にあってのルノーの持ち味なのだと有識者は言うのだった。
ホームへ戻る