安全装備が充実した、「日産ノート」の特別仕様車が登場

2016.05.11 自動車ニュース
「日産ノートX DIG-S Vセレクション+SafetyII」
「日産ノートX DIG-S Vセレクション+SafetyII」 拡大

日産自動車は2016年5月11日、コンパクトカー「ノート」に特別仕様車「Vセレクション+Safety II」を設定。同日、販売を開始した。

特別仕様車「Vセレクション+SafetyII」に標準装備される、「ディスプレイ付き自動防眩式ルームミラー」。
特別仕様車「Vセレクション+SafetyII」に標準装備される、「ディスプレイ付き自動防眩式ルームミラー」。 拡大

今回のVセレクション+Safety IIは、安全性を高める以下の装備が標準で与えられた特別仕様車。

・踏み間違い衝突防止アシスト
・アラウンドビューモニター
・ディスプレイ付き自動防眩式ルームミラー
・ヒーター付きドアミラー
・LEDヘッドランプ

「NISMO」「NISMO S」を除く全てのノートをベースに、全6モデルがラインナップされる。

価格は、以下の通り。
・X Vセレクション+Safety II:165万1320円
・X FOUR Vセレクション+Safety II:186万5160円
・メダリストX Vセレクション+Safety II:178万2000円
・メダリストX FOUR Vセレクション+Safety II:199万5840円
・X DIG-S Vセレクション+Safety II:188万3520円
・メダリスト Vセレクション+Safety II:200万7720円

(webCG)

関連キーワード:
ノート, 日産, 自動車ニュース

日産 ノート の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノート 2020.11.24 画像・写真 日産がコンパクトハッチバック「ノート」をフルモデルチェンジ。2020年11月24日、3代目となる新型を発表した。2021年に発売されるEV「アリア」とともに新生日産を代表するクルマと位置づけられる最新型の姿を、写真で紹介する。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2021.2.19 試乗記 いろいろあった日産だが、新型「ノート」の出来栄えをみると完全復活が近いようだ。第2世代へと移行した電動パワートレイン「e-POWER」やマップデータとの連携機能を備えた運転支援システム「プロパイロット」の仕上がり具合を報告する。
  • 電気自動車はなぜ安くならないのか? 2021.2.17 デイリーコラム 電気自動車(EV)が高価な理由は、高価なリチウムイオンバッテリーを大量に搭載しているからだ。しかし、初代「日産リーフ」のデビューからはや10年以上。当時よりも技術革新が進んでいるはずなのに、いまだEVが高価にならざるを得ないのはなぜなのだろうか。
  • 専用装備でドレスアップした新型「日産ノートAUTECH」登場 2020.11.24 自動車ニュース 日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2020年11月24日、コンパクトカー「日産ノート」のフルモデルチェンジに合わせ、その量販グレード「ノートX」がベースの新型「ノートAUTECH」を同年12月に発売すると発表した。
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2019.8.2 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」のハイパフォーマンスバージョンとして登場した「NISMO S」。ベースモデルの109psに対し、136psに出力を向上させた電動パワーユニットと専用開発されたドライビングモードがもたらす走りを確かめるために、富士山麓のワインディングロードを目指した。
ホームへ戻る