「BMW 3シリーズ」に創立100周年記念モデルが登場

2016.05.19 自動車ニュース
「BMW 320d Celebration Edition“Style Edge”(セレブレーション エディション スタイルエッジ)
「BMW 320d Celebration Edition“Style Edge”(セレブレーション エディション スタイルエッジ)」 拡大

BMWジャパンは2016年5月19日、「BMW 3シリーズセダン/ツーリング」に特別仕様車「Celebration Edition“Style Edge”(セレブレーション エディション スタイルエッジ)」を設定し、同年5月28日に400台限定で発売すると発表した。

今回の特別仕様車は、BMWの創立100周年を記念した限定モデルの第3弾である。ベースとなるのは最高出力190ps、最大トルク40.8kgmを発生する新エンジンを搭載した「320d Mスポーツ」で、同車専用にコーディネートされた内外装が特徴となっている。

特別装備は以下の通り。
・BMW M Performanceブラックキドニーグリル
・18インチMライトアロイホイール・ダブルスポークスタイリング441 M(専用グレー塗装、フロント:8Jx18ホイール+225/45R18タイヤ、リア:8.5Jx18ホイール+255/40R18タイヤ)
・Sensatecレザーシート:ブラック(専用装備)
・フロントシート・ヒーティング(運転席&助手席)
・BMW Individualピアノフィニッシュブラックインテリアトリム/パールグロスクロームハイライト
・BMW M Performanceステンレススチールペダルセット
・BMW M Performanceフットレスト

ボディーカラーは「アルピン・ホワイト」と「ブラック・サファイア」。後者は8万2000円の有償オプションとなる。

価格はセダンが577万円、ツーリングが599万円。

(webCG)

関連キーワード:
3シリーズ セダン, 3シリーズ ツーリング, BMW, 自動車ニュース

BMW 3シリーズ セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.28 試乗記 フルモデルチェンジで第7世代となった「BMW 3シリーズ セダン」に試乗。ずばり、新型は“買い”なのか? 先代「F30」型を日常の足とするモータージャーナリスト清水草一が、走りの印象を報告する。
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.2 試乗記 BMWが誇るスポーツセダンのベンチマーク「3シリーズ」が、7代目にフルモデルチェンジ。ブランドの“伝統芸”ともいえるミズスマシ的ドライブフィールと、隔世の進化を遂げた強力なドライビングアシストに触れ、リポーターが感じたこととは?
  • 第34回:BMW 3シリーズ(後編) 2019.5.22 カーデザイナー明照寺彰の直言 従来のモデルを大事にし、より洗練させていくのがBMWデザインの真骨頂……のはずが、新型「3シリーズ」はどうもそうはなっていない様子。自動車デザイナー明照寺彰が、次世代の大黒柱の“気になるポイント”を語るとともに、BMWデザインのゆらぎの原因を探った。
  • 第33回:BMW 3シリーズ(前編) 2019.5.15 カーデザイナー明照寺彰の直言 世界が認めるDセグメントのベンチマーク「BMW 3シリーズ」。7代目となる新型「G20」のデザインを通し、現役のカーデザイナー明照寺彰が、ドイツと日本の“自動車デザインの仕方”の違いと、BMWのデザインの変遷を語る。
ホームへ戻る