第2回:今年イチバンのオススメはこれだ!
輸入バイク チョイ乗りリポート(後編)

2016.05.25 JAIA輸入二輪車試乗会2016

2016年4月に開催されたJAIAの輸入二輪車試乗会。いよいよ後編です。心配された雨はとうとう降りませんでした。ラッキーです。では気分も晴れやかに、5台のオートバイを紹介しましょう。

ロードホッパー・タイプ5 ショベル オープンプライマリー
ロードホッパー・タイプ5 ショベル オープンプライマリー 拡大
 
第2回:今年イチバンのオススメはこれだ!輸入バイク チョイ乗りリポート(後編)の画像 拡大
 
第2回:今年イチバンのオススメはこれだ!輸入バイク チョイ乗りリポート(後編)の画像 拡大
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2300×720×930mm
ホイールベース:1600mm
重量:260kg
エンジン:1518cc 空冷4ストローク V型2気筒 OHV 2バルブ
最高出力:--ps/--rpm
最大トルク:--kgm/--rpm
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2300×720×930mm
	ホイールベース:1600mm
	重量:260kg
	エンジン:1518cc 空冷4ストローク V型2気筒 OHV 2バルブ
	最高出力:--ps/--rpm
	最大トルク:--kgm/--rpm 拡大

ロードホッパー・タイプ5 ショベル オープンプライマリー……383万4000円
その線ではライフスタイル商品

「なんじゃこれは?」とお思いの方に向け、順繰りにお話ししていきます。
その源泉はハーレーダビッドソン(以下HD)のカスタムモデル。世界中のカスタムファンをうならせてきたゼロエンジニアリングというショップは、HDエンジンの美しさを強調したフレームをはじめとする幾多のオリジナルパーツを開発し、「日本の風景に溶け込むハーレー」という独自の世界観、別名“ゼロスタイル”を提示してきました。

そのゼロエンジニアリングが次のステージとして選んだのが、ゼロスタイルの量産化、すなわちメーカーになること。2001年、2車種を引っ提げてデビューしたのがロードホッパー。今回の試乗会でわれわれに提供されたのが、2016年モデルの「タイプ5 ショベル」、ということなのであります。

ロードホッパー全体の特徴は、リアにサスペンションを持たないリジッドフレームの乗り心地。どんな路面でも滑らかとは言いにくいものの、常にお尻が弾むほどには固くなく、いい感じのしなりを体感できる点は唯一無二。タイプ5に限った特徴は、EFI技術を駆使したキャブ仕様のショベルヘッドエンジンの搭載。ロッカーアームカバーがショベルに似ていることから命名されたこのエンジンは、HDが1950年代後半から80年代半ばまで採用していたユニットで、力強さを感じる形状に人気があるものの、機構的には完全な旧式。さぞや扱いにくいと思いきや、さにあらん。たぶん新品のショベル以上にするっと回るのではないでしょうか。チョークレバーが付いているんですよ。泣かせますよ。

安心してカスタムモデルに乗りたい方にオススメ。特異なスタイルに合わせたファッションも楽しめそうだし、その線ではライフスタイル商品と呼んでよい気がします。「でも、縄文体形の僕はチェンジペダルに足が届きませんでした」とホッタ青年は嘆いたらしい。となると弥生以降の日本人に合うのか? いや、ホッタ青年のスタイルが特異と言うべきか?

トライアンフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トライアンフ・トライデント660 2020.10.30 画像・写真 英国のバイクメーカーの老舗トライアンフから、660ccの3気筒エンジンを搭載したネイキッドモデル「トライデント660」が登場。既存のラインナップとは趣を異にするトライアンフ久々のブランニューモデルを、写真で紹介する。
  • トライアンフ・トライデント660(6MT)【レビュー】 2021.4.14 試乗記 トライアンフのミドル級バイク「トライデント660」が日本上陸。クールなスタイリングと戦略的な価格が目を引く新型モーターサイクルは、乗ってみても思わずほほがゆるむ、極めて魅力的な一台だった。
  • トライアンフ・トライデント660 2021.1.25 画像・写真 トライアンフの新型モーターサイクル「トライデント660」が、東京・渋谷の「代官山 蔦屋書店」に展示された。新開発の水冷3気筒エンジンを搭載した、軽快なミドルクラス・ネイキッドモデルの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • 「ポルシェ・マカン」の改良モデル登場 全モデルでエンジンがパワーアップ 2021.7.21 自動車ニュース ポルシェジャパンは2021年7月20日、コンパクトSUV「マカン」の改良モデルを発表した。今回導入するのは「マカン」と「マカンS」、「マカンGTS」の3バージョン。内外装のブラッシュアップに加え、全モデルともパワーアップした最新エンジンを搭載している。
  • ヤマハMT-07 ABS(6MT)【レビュー】 2021.7.22 試乗記 高い機能性と軽快に回るエンジンで人気を博す、ヤマハの中量級スポーツモデル「MT-07」がマイナーチェンジ。兄貴分「MT-09」ゆずりのスタイリングとなった改良型は、どのような進化を遂げたのか? サーキットで行われた試乗会から、その仕上がりを報告する。
ホームへ戻る