新しいフロントデザインを採用した「DS 3」が登場

2016.05.26 自動車ニュース
「DS 3」
「DS 3」 拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年5月25日、改良を受けた「DS 3」「DS 3カブリオ」を同年6月1日に発売すると発表した。

新しい意匠のフロントマスク。
新しい意匠のフロントマスク。 拡大
「DS 3カブリオ」
「DS 3カブリオ」 拡大
「DS 3カブリオ」では、リアガラスまわりのキャンバスもルーフカラーと同色となった。(写真のルーフカラーは「DSモノグラム」)。
「DS 3カブリオ」では、リアガラスまわりのキャンバスもルーフカラーと同色となった。(写真のルーフカラーは「DSモノグラム」)。 拡大

今回の改良は内外装のデザインの変更が中心となっている。特にエクステリアについては、従来のモデルからフロントまわりを一新。シトロエンに由来するデザインアイコンだった「ダブルシェブロン」付きのフロントグリルをやめ、「DSウイング」と呼ばれる新意匠のフロントグリルや、HIDとLEDを組み合わせたヘッドランプの「DS LEDビジョン」(ベースグレードの「シック」を除く)、LEDフォグランプなどを新たに採用した。

またシックと「シック DS LEDビジョンパッケージ」「カブリオ シック」の3モデルについては、16インチアルミホイールの意匠も変更。カブリオのソフトトップに新色のエメラルドを追加したほか、ハッチバック車のルーフにもエメラルドとブラウントパーズを新採用した。カブリオではリアガラスまわりのキャンバスもルーフカラーと同色に変更している。

このほかにも、6段AT車では新たにレザータイプのシフトセレクターを採用。カブリオではルーフサイドやトランクルーム上部の補強などにより、ボディー剛性を強化している。

価格はシック、シックDS LEDビジョンパッケージ、カブリオ シックの3モデルについては従来から据え置き。スポーツシックについては6000円値下げされている。

・DS 3シック:259万円
・DS 3シック DS LEDビジョンパッケージ:274万円
・DS 3スポーツシック:299万円
・DS 3カブリオ シック:304万円

(webCG)
 

関連キーワード:
DS 3, DS 3カブリオ, DS, 自動車ニュース

DS DS 3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • DS 7クロスバック グランシックBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2018.10.26 試乗記 遠目にはよくあるミドルサイズSUVだが、近づいてみれば印象はガラリ一変。ドアの向こうには、いたる所に格子柄がちりばめられた、まばゆい世界が広がっていた。この、ある種“イロモノ”のような雰囲気の漂う「DS 7クロスバック」だが、ひとたび走らせてみると、どこか昔のフランス車のような、懐かしい乗り心地を備えたクルマに仕上がっていた。
  • DS 7クロスバック グランシック(FF/8AT)/ソーシックBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2018.8.14 試乗記 DSブランドのフラッグシップにして初のSUVとなる「DS 7クロスバック」。きらびやかなデザインもさることながら、その走りもまた、フランス車ならではの個性が感じられるものだった。
  • メルセデス・ベンツGLB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.29 試乗記 メルセデス・ベンツの人気SUV「GLA」と「GLC」の間に追加された、3列7人乗りの「GLB」。精神的支柱の「Gクラス」を想起させる四角い背高ボディーを背負ったニューモデルの仕上がりやいかに? 2リッターディーゼルのFF車「GLB200d」に試乗した。
  • DS 3クロスバックE-TENSE/DS 7クロスバックE-TENSE 4×4【海外試乗記】 2019.12.30 試乗記 フランスの前衛的ブランドであるDSから、2タイプの電動SUVが登場。早速かの地でステアリングを握ってみると、“オートクチュール”をテーマに掲げるDSにマッチした、完成度の高い走りを楽しむことができた。
  • ルノーが新型「カングー」「カングー バン」を発表 フロントマスクを一新 2020.11.16 自動車ニュース 仏ルノーは2020年11月12日(現地時間)、新型「カングー」および「カングー バン」を世界初公開した。フロントマスクが一新されており、力強い形状のヘッドランプとグリル、バンパーによって立体的で彫刻的なデザインになっている。
ホームへ戻る