クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第147回:やっぱ欲しいんです

2019.10.22 カーマニア人間国宝への道

「C3エアクロスSUV」に一目ぼれ

愛車の「DS3」でシトロエンの100周年イベントに参加し、シトロエンづいているついでというわけではないですが、先日発売されたシトロエンの新型車「C3エアクロスSUV」(以下、C3エアクロス)に試乗させていただきました!

このクルマはすばらしいですよ!

なにより、見た瞬間に楽しくなる。子犬を見て自然と頬が緩むみたいになる!!

それにしても人はなぜ、子犬を見ると反射的に頬が緩むのでしょう?

たぶん、攻撃性がまったくなく、肌触りがやわらかそうで、やさしく扱ってやりたくなるからでしょう。やさしくしないと死んじゃいそうだから! というのもあるかもしれない。人間の本能には、弱いものに対する愛ってヤツが備わっているのですね!

近年はグリルの巨大化など、クルマの顔がどんどん威圧的になっているが、C3エアクロスはほぼ反対方向。それでいてただやさしいわけじゃなく、昆虫っぽい毒もあるので、思わず見入ってしまう。

この昆虫っぽさがダメだという方もいるでしょうが、自動車デザインは万人に愛される必要はなく、若干あばたもえくぼ的な、自分だけのコイビトって要素も重要なので、私はダイレクトにそういう反応が出ました!

これは、俺のためにつくられたクルマかもしれない……。DS3から買い替えようか!? 実物を見て5秒後くらいには、脳内にそのようなビビビ(電気)が走りました。

思えばもう2年もクルマを買ってない。クルマを買うことを趣味と自称しているカーマニアとして、2年は非常に長い年月だ。そろそろ来てもおかしくない。

「シトロエンC3エアクロスSUV」を見ると、自然と頬が緩んでしまう。
「シトロエンC3エアクロスSUV」を見ると、自然と頬が緩んでしまう。拡大
「C3エアクロスSUV」には思わず見入ってしまう魅力がある。(写真=池之平昌信)

 

「C3エアクロスSUV」には思わず見入ってしまう魅力がある。(写真=池之平昌信)
	 
	拡大
「C3エアクロスSUV」を自宅駐車場に入れて、購入を検討してみた。
「C3エアクロスSUV」を自宅駐車場に入れて、購入を検討してみた。拡大
愛車の「DS3」を買い替えて、「C3エアクロスSUV」にする!?
愛車の「DS3」を買い替えて、「C3エアクロスSUV」にする!?拡大
シトロエン C3エアクロスSUV の中古車

愛車に勝る快適性

見て5秒後に「買い替えようかな」という思考が走ったので、比較対象は自動的に愛車のDS3になりました。

室内は、C3エアクロスのほうがかなり広い。サイズが一回り大きいし、室内高もあるし、なにより便利な5ドアだ。

DS3は3ドアゆえ日本ではまったく人気がなく、私もこうして激安登録済み未使用車を買うことができたわけですが、それでも時々、「リアドアがあったらなぁ」と思うのです。その点でC3エアクロスは大きくリード! なら最初から「C3」買っとけって感じですが。

パワートレインは3気筒の1.2リッターターボ+アイシン・エィ・ダブリュ製6段ATで、基本的に我がDS3と同じだ。このエンジン、下のトルクが非常に太くて、アクセルをちょっと踏んだだけで「ブイィィィィ~ン」と予期した以上の加速をするのがとっても気持ちイイ! 床まで踏みつけても大して速くないけど、ハーフスロットルで日常的に楽しいのが超ウレシイ!

ただ、ウチのDS3のエンジンには欠点がある。ATのシフトアップタイミングが早すぎるせいか、フツーに走ってるとヤケに低回転を保ち、そのせいでエンジン内部にカーボンがたまり(推測です)、いつのまにか濁ったような音が出て、トルクも出なくなるのです。

対策は、オイル交換やワコーズの燃料添加剤、あとはレッド手前までのブチ回し根性入れだ。これを組み合わせて実行すると直る。オイル交換や燃料添加剤の効果がこんなに体感できるクルマなんて初めて~! PSAがアイシンの6ATに慣れておらず、セッティングが未熟だったんだろうと思っております。

C3エアクロスは、そういうところはちゃんと改善されていて、もう少し高い回転を保つので非常にカイテキ! 現行C3からそのあたりは直っていた。PSAも勉強したんだネ!

「C3エアクロスSUV」のインテリア。(写真=池之平昌信)
「C3エアクロスSUV」のインテリア。(写真=池之平昌信)拡大
110PS/205N・mを発生する「C3エアクロスSUV」の1.2リッター直3ターボエンジン。(写真=池之平昌信)
110PS/205N・mを発生する「C3エアクロスSUV」の1.2リッター直3ターボエンジン。(写真=池之平昌信)拡大
筆者の愛車「DS3」にも「C3エアクロスSUV」と同型のエンジンが搭載されているが……。
筆者の愛車「DS3」にも「C3エアクロスSUV」と同型のエンジンが搭載されているが……。拡大

子犬のようにお世話するなら

C3エアクロスは、乗り心地もふんわりシトロエンらしくてステキだ。特に、17インチのハンコック製オールシーズンタイヤ装着モデルが好印象。一方DS3はビックリするほど足が硬い。この点でもC3エアクロスが大幅リード。なら最初からDS3買うなって感じですが。

一方、インテリアはDS3のほうがエレガント。C3エアクロスもカジュアルでステキなのですが、そのカジュアルさを生んでいる布地(シートやダッシュボードに使用)の触感がいまひとつだ。特にシートはなんだかちょっとムレる。その点DS3のシートはオサレなメッシュなので夏でもスースー! 各所がムレやすいオッサンとしては、これは見逃せないポイントだ。

総合すると、C3エアクロスは猛烈に魅力的で真剣に欲しいのですが、結局買い替えの決断までには至りませんでした。

背景には、我がDS3の子犬的要素がある。フツーに乗ってると、エンジン内部にカーボンがたまって調子が悪くなるので(推測です)、乗るたびにそれが気になり、子犬のようにお世話をしたくなる。乗るたびに一度はエンジンをブチ回し、カーボンを除去してやらずにはいられない(妄想です)。調子が悪くなるからこそ、調子がいい時はとってもうれしくて、勝手に顔がほころんでしまう。このお世話感がなくなるのはサミシイ……。

私は基本的に、自分が必要とされたいタイプで、フェラーリに深くはまったのも、ひ弱で繊細なおクルマだったから。全然手がかからない丈夫なクルマもいいけれど、子犬のお世話はもっと好き! 3ドアでちょっとだけ不便っていうところも好き! なら最初から買い替えるとか言うな! って感じですが。

でもね、C3エアクロス、本当にイイよ。日本におけるシトロエン車として最大のヒットになるんじゃないか? 色はう~ん、スパイシーオレンジかな。やっぱ欲しいんです。

(文=清水草一/写真=清水草一、池之平昌信/編集=大沢 遼)

「C3エアクロスSUV」は乗り心地もいい!(写真=池之平昌信)
「C3エアクロスSUV」は乗り心地もいい!(写真=池之平昌信)拡大
筆者の愛車「DS3」のインテリア。シートがメッシュ素材で通気性がいい。
筆者の愛車「DS3」のインテリア。シートがメッシュ素材で通気性がいい。拡大
「C3エアクロスSUV」を買うなら、スパイシーオレンジ!?
「C3エアクロスSUV」を買うなら、スパイシーオレンジ!?拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

シトロエン C3エアクロスSUV の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。