第147回:やっぱ欲しいんです

2019.10.22 カーマニア人間国宝への道

「C3エアクロスSUV」に一目ぼれ

愛車の「DS3」でシトロエンの100周年イベントに参加し、シトロエンづいているついでというわけではないですが、先日発売されたシトロエンの新型車「C3エアクロスSUV」(以下、C3エアクロス)に試乗させていただきました!

このクルマはすばらしいですよ!

なにより、見た瞬間に楽しくなる。子犬を見て自然と頬が緩むみたいになる!!

それにしても人はなぜ、子犬を見ると反射的に頬が緩むのでしょう?

たぶん、攻撃性がまったくなく、肌触りがやわらかそうで、やさしく扱ってやりたくなるからでしょう。やさしくしないと死んじゃいそうだから! というのもあるかもしれない。人間の本能には、弱いものに対する愛ってヤツが備わっているのですね!

近年はグリルの巨大化など、クルマの顔がどんどん威圧的になっているが、C3エアクロスはほぼ反対方向。それでいてただやさしいわけじゃなく、昆虫っぽい毒もあるので、思わず見入ってしまう。

この昆虫っぽさがダメだという方もいるでしょうが、自動車デザインは万人に愛される必要はなく、若干あばたもえくぼ的な、自分だけのコイビトって要素も重要なので、私はダイレクトにそういう反応が出ました!

これは、俺のためにつくられたクルマかもしれない……。DS3から買い替えようか!? 実物を見て5秒後くらいには、脳内にそのようなビビビ(電気)が走りました。

思えばもう2年もクルマを買ってない。クルマを買うことを趣味と自称しているカーマニアとして、2年は非常に長い年月だ。そろそろ来てもおかしくない。

「シトロエンC3エアクロスSUV」を見ると、自然と頬が緩んでしまう。
「シトロエンC3エアクロスSUV」を見ると、自然と頬が緩んでしまう。拡大
「C3エアクロスSUV」には思わず見入ってしまう魅力がある。(写真=池之平昌信)

 

「C3エアクロスSUV」には思わず見入ってしまう魅力がある。(写真=池之平昌信)
	 
	拡大
「C3エアクロスSUV」を自宅駐車場に入れて、購入を検討してみた。
「C3エアクロスSUV」を自宅駐車場に入れて、購入を検討してみた。拡大
愛車の「DS3」を買い替えて、「C3エアクロスSUV」にする!?
愛車の「DS3」を買い替えて、「C3エアクロスSUV」にする!?拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.9 試乗記 創立100周年を迎えたシトロエンが放つ新型車が「C5エアクロスSUV」だ。“ハイドロニューマチックの現代的解釈”をうたうサスペンションシステムや新開発のシートなど、「何よりもコンフォート性能を追求した」というモデルを支える装備の出来栄えをチェックした。
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2019.10.16 試乗記 「優れた快適性こそが群雄割拠のSUV市場で際立つ新しい価値」というポリシーを掲げて登場した、シトロエンの新たなフラッグシップ「C5エアクロスSUV」。姿カタチは変われど、好事家を満足させるシトロエンらしさは受け継がれているのか? その仕上がりを確かめた。
  • シトロエンC3エアクロスSUVシャイン(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.18 試乗記 個性派シトロエンの中でも変わった見た目の「C3エアクロスSUV」は、どんな味わいのクルマなのか? 高速道路からワインディングロードまで走らせた筆者は、かつて胸をときめかせてくれた、むかしのフランス車を思い出していた。
  • シトロエン・ベルランゴ デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.31 試乗記 業績好調が伝えられるシトロエンが2020年に日本へと送り込むのは、新型マルチパーパスビークル「ベルランゴ」だ。先行導入された特別仕様車「デビューエディション」に試乗してその仕上がりを確かめるとともに、誰もが思い浮かべる(?)競合車との比較にも思いをはせた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.1.22 試乗記 マイナーチェンジによって内外装やパワートレインがアップデートされた、メルセデスのDセグメントSUV「GLC」。最高出力194PS、最大トルク400N・mの2リッター直4ディーゼルターボを搭載する「GLC220d 4MATICクーペ」を連れ出し、その進化を確かめた。
ホームへ戻る