BMW創立100周年記念モデル第6弾は、600psの「M6」

2016.05.27 自動車ニュース

BMWジャパンは2016年5月27日、BMW Mのハイパフォーマンスクーペ「BMW M6」の性能をさらに高めた特別仕様車「M6 Celebration Edition“Competition”(セレブレーションエディション コンペティション)」を設定し、同年7月9日に13台限定で発売すると発表した。

今回の特別仕様車は、BMWの創立100周年記念モデルの第6弾。搭載される4.4リッターV8ターボエンジンは、通常のBMW M6から最高出力で40ps、最大トルクで2.1kgmアップの600psと71.4kgmを発生。0-100km/h加速は3.9秒(欧州仕様車のタイム)という優れたパフォーマンスを誇る。また、サスペンションやステアリングにも専用のセッティングを施したほか、ブレーキシステムにはカーボンセラミックブレーキシステムを標準装備としている。

上記を含む特別装備内容は以下の通り。
・BMW Individualボディーカラー「オースチン・イエロー」
・20インチMライトアロイホイール・ダブルスポークスタイリング343M(専用ブラック塗装仕上げ)(フロント:20×9 1/2Jホイール+265/35ZR20タイヤ、リア:20×10 1/2Jホイール+295/30ZR20タイヤ)
・ブラッククロム仕上げのキドニーフレーム、サイドギル(「M6 COMPETITION」ロゴ付き)、ドアハンドル、スポーツエキゾーストテールパイプ
・カーボンリアスポイラー
・カーボンリアディフューザー
・カーボンミラーカバー
・イエローコントラストステッチ付きBMW IndividualブラックフルレザーMマルチファンクションシート(運転席/助手席)
・Mスポーツ マルチファンクション・レザーステアリングホイール(アルカンタラ・アンソラジット)
・カーボンセレクトレバー
・スモーカーパッケージ(「M6」ロゴ付き)
・専用ドアシル(「M6 COMPETITION」ロゴ付き)
・バング&オルフセン ハイエンドサラウンドサウンドシステム (1200W、16スピーカー、16チャンネルサラウンド)
・コンペティションパッケージ
・エンジン最高出力600ps(441kW)
・専用サスペンションセッティング
・専用ステアリングセッティング
・専用Mダイナミックモードセッティング
 スポーツエキゾーストシステム(ブラッククロム仕上げデュアルエキゾーストテールパイプ)
・Mカーボンセラミックブレーキシステム
・Mドライバーズパッケージ(最高速度305km/h対応)

価格は2321万円。

(webCG)

「BMW M6セレブレーションエディション コンペティション」
「BMW M6セレブレーションエディション コンペティション」 拡大
 
BMW創立100周年記念モデル第6弾は、600psの「M6」の画像 拡大
 
BMW創立100周年記念モデル第6弾は、600psの「M6」の画像 拡大
 
BMW創立100周年記念モデル第6弾は、600psの「M6」の画像 拡大
 
BMW創立100周年記念モデル第6弾は、600psの「M6」の画像 拡大

関連キーワード:
M6クーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW M6クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M4クーペ コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.24 試乗記 BMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」がフルモデルチェンジ。まずはド派手な面構えで注目を集めたが、肝心の走りの進化はどうなのか。あいにくのウエットコンディションながら、箱根のワインディングロードで仕上がりを試してみた。
  • ポルシェ911ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.3 試乗記 最高出力580PS、最大トルク750N・mのパフォーマンスを誇る「ポルシェ911ターボ」に試乗。さまざまなステージで600km以上を走り込むと、先に登場した上位モデル「ターボS」とのちがいが見えてきた。果たしてこの“素のターボ”を選ぶ意味とは?
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.1 試乗記 新型「BMW 4シリーズ」の直6エンジン搭載モデル「M440i」に試乗。衝撃的なインパクトのフロントフェイスはもちろんのこと、もはや「M4」レベルと思えるほどの切れ味と速さは、大いに印象的なものだった。
  • トヨタGR 86プロトタイプ/スバルBRZプロトタイプ【試乗記】 2021.7.17 試乗記 日本の2メーカーの共同開発により生まれた「トヨタ86」と「スバルBRZ」。初代誕生から9年の時を経て世に出る2代目は、どんなスポーツカーに仕上がっているのか? サーキットで試乗した印象と進化のポイントをリポートする。
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
ホームへ戻る