BMW創立100周年記念モデル第6弾は、600psの「M6」

2016.05.27 自動車ニュース

BMWジャパンは2016年5月27日、BMW Mのハイパフォーマンスクーペ「BMW M6」の性能をさらに高めた特別仕様車「M6 Celebration Edition“Competition”(セレブレーションエディション コンペティション)」を設定し、同年7月9日に13台限定で発売すると発表した。

今回の特別仕様車は、BMWの創立100周年記念モデルの第6弾。搭載される4.4リッターV8ターボエンジンは、通常のBMW M6から最高出力で40ps、最大トルクで2.1kgmアップの600psと71.4kgmを発生。0-100km/h加速は3.9秒(欧州仕様車のタイム)という優れたパフォーマンスを誇る。また、サスペンションやステアリングにも専用のセッティングを施したほか、ブレーキシステムにはカーボンセラミックブレーキシステムを標準装備としている。

上記を含む特別装備内容は以下の通り。
・BMW Individualボディーカラー「オースチン・イエロー」
・20インチMライトアロイホイール・ダブルスポークスタイリング343M(専用ブラック塗装仕上げ)(フロント:20×9 1/2Jホイール+265/35ZR20タイヤ、リア:20×10 1/2Jホイール+295/30ZR20タイヤ)
・ブラッククロム仕上げのキドニーフレーム、サイドギル(「M6 COMPETITION」ロゴ付き)、ドアハンドル、スポーツエキゾーストテールパイプ
・カーボンリアスポイラー
・カーボンリアディフューザー
・カーボンミラーカバー
・イエローコントラストステッチ付きBMW IndividualブラックフルレザーMマルチファンクションシート(運転席/助手席)
・Mスポーツ マルチファンクション・レザーステアリングホイール(アルカンタラ・アンソラジット)
・カーボンセレクトレバー
・スモーカーパッケージ(「M6」ロゴ付き)
・専用ドアシル(「M6 COMPETITION」ロゴ付き)
・バング&オルフセン ハイエンドサラウンドサウンドシステム (1200W、16スピーカー、16チャンネルサラウンド)
・コンペティションパッケージ
・エンジン最高出力600ps(441kW)
・専用サスペンションセッティング
・専用ステアリングセッティング
・専用Mダイナミックモードセッティング
 スポーツエキゾーストシステム(ブラッククロム仕上げデュアルエキゾーストテールパイプ)
・Mカーボンセラミックブレーキシステム
・Mドライバーズパッケージ(最高速度305km/h対応)

価格は2321万円。

(webCG)

「BMW M6セレブレーションエディション コンペティション」
「BMW M6セレブレーションエディション コンペティション」 拡大
 
BMW創立100周年記念モデル第6弾は、600psの「M6」の画像 拡大
 
BMW創立100周年記念モデル第6弾は、600psの「M6」の画像 拡大
 
BMW創立100周年記念モデル第6弾は、600psの「M6」の画像 拡大
 
BMW創立100周年記念モデル第6弾は、600psの「M6」の画像 拡大

関連キーワード:
M6クーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW M6クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.1 試乗記 新型「BMW 4シリーズ」の直6エンジン搭載モデル「M440i」に試乗。衝撃的なインパクトのフロントフェイスはもちろんのこと、もはや「M4」レベルと思えるほどの切れ味と速さは、大いに印象的なものだった。
  • メルセデスAMG GLA35 4MATIC(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.12 試乗記 「メルセデス・ベンツGLA」のラインナップに加わったハイパフォーマンスバージョン「AMG GLA35 4MATIC」に試乗。レースと共に歩んできたAMGの名を冠するコンパクトSUVは、果たしてどのように仕上がったのか。ワインディングロードでその実力を確かめた。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • BMW M5コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.17 試乗記 マイナーチェンジした「BMW 5シリーズ」のトップモデル「M5コンペティション」に試乗。625PSのV8ツインターボに4WDシャシーが組み合わされた歴代最高性能を誇るスーパーサルーンは、いったいどれほどの進化を遂げたのか。
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.1.28 試乗記 度重なる改良を受け、常に進化を続けるレクサスのフラッグシップサルーン「LS」。最新のスポーティーグレードに試乗した筆者は、その技術力に驚く一方、乗り味には疑問を抱いたのだった。
ホームへ戻る