「スバル・レヴォーグ」に新たな最上級グレード「STI Sport」追加設定

2016.05.27 自動車ニュース
スバル・レヴォーグSTI Sport
「スバル・レヴォーグSTI Sport」 拡大

富士重工業は2016年5月27日、「スバル・レヴォーグ」に新グレード「STI Sport」を追加設定し、先行予約を開始した。発売は今夏を予定している。

■「走り」と「内外装」の質感を向上

スバル・レヴォーグSTI Sportは、富士重工業とスバルのモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)とのコラボレーションによってレヴォーグが備える「走行性能」と「走りの質感」「内外装の質感」を従来よりもさらに高めたという、新たな最上級グレードである。

足まわりには、専用のチューニングを施した可変減衰力サスペンション「DampMatic II」を採用。また、ステアリングギアボックスの取り付け剛性を向上することで操舵(そうだ)応答性を高めている。

エクステリアでは、専用設計のフロントバンパー/フロントグリルと、LED フロントフォグランプを採用したほか、専用18 インチアルミホイールや専用大型デュアルマフラーカッターを装着。車体前後には「STI」のオーナメントを配置した。また、ボディーカラーはベース車の7色に「WRブルー・パール」を追加設定した。

インテリアは、STI Sport専用のテーマカラーである「ボルドー」でコーディネート。レッドステッチやピアノブラックのパネルと組み合わせることで、「スポーティーでありながら落ち着きのある上質なインテリアに仕上げた」とうたう。そのほか、STI Sportの専用アイテムとして、「STI」ロゴを配置した専用ルミネセントメーターやステアリングホイール、サイドシルプレート、運転席・助手席ヘッドレストを採用することで特別感を演出している。

レヴォーグ STI Sportの主要装備
【足まわり】
・専用チューニング ビルシュタインフロントストラット(DampMatic II、倒立式)&コイルスプリング
・専用チューニング ビルシュタインリアダンパー&コイルスプリング
【エクステリア】
・専用フロントバンパー
・専用フロントグリル
・専用LED フロントフォグランプ
・専用18 インチアルミホイール(ダークグレー+切削光輝)
・専用大型デュアルマフラーカッター
・STI オーナメント(フロント/リア)

【インテリア】
・専用本革シート(ボルドー/ブラック)
・専用マルチインフォメーションディスプレイ付きレッドルミネセントメーター
・専用本革巻きステアリングホイール(レッドステッチ+高触感革)
・専用本革巻きシフトレバー(レッドステッチ+高触感革)
・専用インパネセンターバイザー(レザー調素材巻き+レッドステッチ)
・専用フロントコンソール(ボルドー/ブラック)(レザー調素材巻き+レッドステッチ)
・専用スライド機構付きコンソールリッド(ボルドー/ブラック+レッドステッチ)
・専用ドアトリム/ドアアームレスト(ボルドー/ブラック+レッドステッチ)
・STI ロゴ入りステンレス製サイドシルプレート(フロント)
【その他】
・専用クランプスティフナー付き電動パワーステアリング
・アドバンスドセイフティパッケージ(標準装備)
・WRブルー・パール(STI Sport専用色)

価格は以下の通り
・1.6STI Sport EyeSight:348万8400円
・2.0STI Sport EyeSight:394万2000円

(webCG)

関連キーワード:
レヴォーグ, スバル, 自動車ニュース

スバル レヴォーグ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 43年の歴史に幕 ヤマハのロングセラーバイク「SR400」に最終モデル登場 2021.1.21 自動車ニュース ヤマハ発動機が、中型二輪モデル「SR400」の最終モデルとして、「SR400ファイナルエディション」と特別仕様車「SR400ファイナルエディション リミテッド」を発表。SR400は1978年デビューのロングセラーだが、両モデルをもって国内向けの生産は終了となる。
  • 「フェラーリ・ポルトフィーノM」が日本上陸 2021年秋にデリバリー開始 2021.1.14 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2021年1月14日、オープントップの2+2シータースポーツ「ポルトフィーノM」の国内導入を発表した。日本仕様車の価格は2737万円で、デリバリーは同年秋に開始される。
  • フルモデルチェンジした「ルノー・キャプチャー」 2021年2月に上陸 2021.1.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2021年1月14日、フルモデルチェンジした「ルノー・キャプチャー」を同年2月上旬に国内導入すると発表した。7年ぶりとなる新型は「すべてにおいてコンパクトSUVの枠を超えたモデル」とアピールされる。
  • 三菱エクリプス クロスP(4WD)【試乗記】 2021.1.10 試乗記 大規模なデザイン変更を受けた「三菱エクリプス クロス」だが、マイナーチェンジの本命は、やはり新たに用意されたプラグインハイブリッド車(PHEV)に違いない。寒風吹きすさぶワインディングロードでその仕上がりを試した。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
ホームへ戻る