「メルセデス・ベンツVクラス」にスポーティーな装いの新グレード登場

2016.06.01 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツV220dスポーツ ロング」
「メルセデス・ベンツV220dスポーツ ロング」 拡大

メルセデス・ベンツ日本は2016年6月1日、乗用ワンボックス車の「Vクラス」に一部改良を実施。同時に新グレード「V220dスポーツ ロング」を追加設定し、販売を開始した。

今回の改良では、排出ガスの後処理に用いる尿素水溶液「AdBlue(アドブルー)」のタンク容量を、11.5リッターから25リッターに拡大。補充サイクルが伸び、約2万kmまで補充なしで走行が可能となった。

また新グレードのV220dスポーツ ロングは、「V220dアバンギャルド ロング」をベースに、「AMGライン」の内外装パーツを用いたものである。具体的には、外装にはフロントスポイラーやリアバンパー、リアルーフスポイラーリップからなる「AMGデザインエクステリア」と19インチAMG7ツインスポークアルミホイールを、内装にはカーボン調インテリアトリム、ラバースタッド付きのステンレスアクセルペダルを備えている。

装備も充実しており、挟み込み防止機能付きパノラミックスライディングルーフや、運転支援システムの「レーダーセーフティーパッケージ」が標準で採用されている。

価格は以下の通り。
・V220dトレンド:550万円
・V220d:636万円
・V220dアバンギャルド ロング:713万円
・V220dアバンギャルド エクストラロング:749万円
・V220dスポーツ ロング:819万円

(webCG)
 

関連キーワード:
Vクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Vクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツV220dアバンギャルド ロング(FR/7AT)【試乗記】 2020.7.1 試乗記 内外装デザインのアップデートとともに、安全装備の充実が図られたメルセデス・ベンツのミニバン「V220d」。快適性と高級感を向上させたという2列目セパレートシート「エクスクルーシブパッケージ」採用モデルに試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.15 試乗記 走行性能や快適性、安全性など全ての領域でリファインが図られた、新型「メルセデス・ベンツVクラス」。試乗してみると、そこには、日本の高級ミニバンには見られない独自の世界が広がっていた。
  • 「MBUX」を標準装備した「メルセデス・ベンツVクラス」発売 2020.7.13 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年7月13日、ミニバン「メルセデス・ベンツVクラス」の一部改良モデルを導入すると発表し、販売を開始した。安全運転運転支援システム「レーダーセーフティーパッケージ」および対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を標準装備化した。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.10.20 試乗記 SUVとクーペの融合が図られた、メルセデスの個性派モデル「GLEクーペ」がフルモデルチェンジ。新型のクリーンディーゼル搭載車に試乗した筆者は、その予想外の走りっぷりと優れたユーティリティーに、大いに驚かされたのだった。
ホームへ戻る