「ホンダN-ONE」の特別仕様車「SSアーバンブラックパッケージ」登場

2016.06.09 自動車ニュース
「ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN SSアーバンブラックパッケージ」
「ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN SSアーバンブラックパッケージ」 拡大

本田技研工業は2016年6月9日、軽乗用車「N-ONE」の特別仕様車「SS(Suzuka Special)アーバンブラックパッケージ」を新規設定するとともに、既存の特別仕様車「SS(Suzuka Special)ブラウンスタイルパッケージ」のラインナップを拡大すると発表した。ともに、同年6月10日に発売する。

リアビュー。画像は、アクセントカラーがオレンジのもの。
リアビュー。画像は、アクセントカラーがオレンジのもの。 拡大
「N-ONE Premium Tourer・LOWDOWN SSアーバンブラックパッケージ」のインテリア。
「N-ONE Premium Tourer・LOWDOWN SSアーバンブラックパッケージ」のインテリア。 拡大
「N-ONE Premium SSブラウンスタイルパッケージ」
「N-ONE Premium SSブラウンスタイルパッケージ」 拡大
「N-ONE Premium SSブラウンスタイルパッケージ」のブラウンコンビシート。
「N-ONE Premium SSブラウンスタイルパッケージ」のブラウンコンビシート。 拡大
「N-ONE Premium SSブラウンスタイルパッケージ」のインテリア。ナチュラルウッド調のインテリアパネルが装着される。
「N-ONE Premium SSブラウンスタイルパッケージ」のインテリア。ナチュラルウッド調のインテリアパネルが装着される。 拡大

今回のSSアーバンブラックパッケージは、ホンダN-ONEの低全高モデル「Premium Tourer・LOWDOWN」をベースに、ブラック基調の内外装とオレンジ、ブルー、イエローの3種類から選べるアクセントカラーを組み合わせた特別仕様車。以下の特別装備が与えられる。

・ブラックコンビシート(アクセントカラー)&専用インテリア
・アクセントカラー装備(オレンジ、ブルー、イエロー):フロントドアガーニッシュ、ドアミラー、フロントグリル、フロントバンパー、エアコンアウトレットリング、メーターリング、本革巻きステアリングホイール、ドアサイドモール、リアバンパーモール、専用カラードスマートキー(2個付き)
・15インチアルミホイール(オールブラック)
・ホワイトイルミネーション(ドリンクホルダー、センターロアボックス、フット)

価格は169万8000円。

あわせて、2015年12月に「G・Lパッケージ」を対象として設定された特別仕様車、SSブラウンスタイルパッケージを、上級グレード「Premium」でも選べるようにした。
「N-ONE Premium SSブラウンスタイルパッケージ」の主な装備は以下の通り。(※印は4WD車に標準装備)

・ブラウンコンビシート&専用インテリア
・ブラウン2トーンカラースタイル(ルーフ/ドアミラー)
・ブラウン塗装フロントグリル/ドアサイドモール/リアバンパーモール
・ブラウンテールゲートスポイラー
・14インチアルミホイール(ピューターグレー塗装)
・ナチュラルウッド調インテリアパネル
・ホワイトイルミネーション(ドリンクホルダー、センターロアボックス、フット)
・クルーズコントロール
・専用カラードスマートキー(2個付き)
・運転席&助手席シートヒーター(※)
・親水/ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水(はっすい)ガラス(※)

価格はFF車が158万円、4WD車が171万円。

(webCG)

関連キーワード:
N-ONE, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ N-ONE の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
  • 第157回:涅槃だぜN-WGN! 2020.1.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第157回は「涅槃だぜN-WGN!」。2019年の注目モデルを前に、国民車構想が再燃。新型「ホンダN-WGN」は、カーマニアが求める国民車になれるか? ディーラーでのプチ試乗を通じて導き出した、その答えとは?
  • ホンダN-WGN L・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.10.24 試乗記 ホンダの軽シリーズの中で、かつてはそれほど目立たなかった「N-WGN」。どこか懐かしいデザインをまとう2代目は、さまざまなユーザーニーズに応えられる、極めて商品力の高い軽乗用車に仕上がっていた。
  • ホンダN-WGN【開発者インタビュー】 2019.9.10 試乗記 軽ハイトワゴン市場での捲土(けんど)重来を期し、ホンダが投入した新型「N-WGN」。既存のモデルとは一線を画すデザインや、先進の運転支援システムが取り入れられた背景には、どのような理由があったのか? 軽自動車を取り巻く環境の変化をエンジニアが語る。
ホームへ戻る