アストンが2タイプの特別仕様車を発表【ジュネーブショー2014】

2014.02.20 自動車ニュース
「アストン・マーティンV8ヴァンテージN430」
「アストン・マーティンV8ヴァンテージN430」
    拡大

【ジュネーブショー2014】アストン・マーティンが2タイプの特別仕様車を発表

英アストン・マーティンは2014年2月19日、ジュネーブモーターショー(会期:2014年3月4日~3月16日)において特別仕様車「V8ヴァンテージN430」と「DB9カーボンブラック」を公開すると発表した。

■V8ヴァンテージN430

V8ヴァンテージN430は、2シータースポーツ「V8ヴァンテージ」をベースに、よりスポーティーなチューニングと内外装デザインを採用したモデルである。

エンジンは「V8ヴァンテージS」と同じ最高出力436ps/7300rpm、最大トルク50.0kgm/5000rpmを発生する4.7リッターV8 DOHCで、特徴的なサウンドを奏でるスポーツエキゾーストを装備。トランスミッションは6段MTと7段ロボタイズドMT「スポーツシフトII」の2種類が用意される。

また、足まわりには入念な調整が施されたスポーツサスペンションや、レース直系のブレーキシステム、クイックレシオ・ステアリングシステムなどを採用。軽量化にも力が注がれており、カーボンファイバー/ケブラー・スポーツシートとグラファイトのペイントが施された10スポーク鍛造アルミホイールだけで、20kgの軽量化を実現しているという。

エクステリアもスポーティーな仕立てで、フロントグリルやヘッドランプベゼルなどはダークカラーで統一。アストン・マーティンのレーシングカーのイメージを取り入れた「クラブスポーツ・グラフィック・パック」もオプションで用意されるほか、フロントグリルの縁取りやAピラー、ミラーキャップなどをボディーと別色で塗り分けることもできる。

一方インテリアでは、随所にカーボンやアルカンターラ素材を採用。オプションでバング&オルフセンBeoSoundオーディオシステムも用意される。

ボディータイプはクーペとロードスターの2種類が用意され、価格は8万9995ポンド(約1530万円、1ポンド=170円で換算)から。
デリバリー開始は2014年9月を予定している。

「DB9カーボンブラック」
「DB9カーボンブラック」
    拡大
「DB9カーボンホワイト」
「DB9カーボンホワイト」
    拡大

アストンが2タイプの特別仕様車を発表【ジュネーブショー2014】の画像 拡大

■DB9カーボンブラック/DB9カーボンホワイト

DB9カーボンブラックおよびDB9カーボンホワイトは、6リッターV12エンジンを搭載する「DB9」をベースに、内外装を専用仕立てとしたモデルである。ボディータイプはクーペとヴォランテの2種類が用意される。

ともにエクステリアにはカーボンファイバー製のスプリッターやディフューザー、ミラーキャップなどを採用するほか、フロントグリルやサイドストレーキのメッシュ、ウィンドウの縁取りなどをブラックでコーディネート。ブレーキキャリパーにはブラック、グレー、レッド、イエローの全4色が用意される。

一方インテリアは、「オブシディアン・ブラック」の内装色を基調に、随所をカーボンファイバー製の加飾パネルでドレスアップ。シートやドアトリム、ヘッドレストなどのステッチはブレーキキャリパーと同色か、ブラックのいずれかを選ぶことができる。
日本での販売価格は、現時点では未定とのこと。

(webCG)

関連キーワード:
V8ヴァンテージ, DB9, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン V8ヴァンテージ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージ 2017.11.22 画像・写真 アストンマーティンが新型「ヴァンテージ」を発表。510psを発生する4リッターV8ターボエンジンにより、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は314km/hという動力性能を実現している。レーシングカーの「ヴァンテージGTE」ともども、その姿を写真で紹介する。
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)/ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.10.2 試乗記 公約通り、ほぼ9カ月に1台の割合でニューモデルを市場投入しているアストンマーティン。フラッグシップモデルとして誕生した「DBSスーパーレッジェーラ」の実力を試す場としてふさわしいのは、やはりサーキットである。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
ホームへ戻る