アストンが2タイプの特別仕様車を発表【ジュネーブショー2014】

2014.02.20 自動車ニュース
「アストン・マーティンV8ヴァンテージN430」
「アストン・マーティンV8ヴァンテージN430」
    拡大

【ジュネーブショー2014】アストン・マーティンが2タイプの特別仕様車を発表

英アストン・マーティンは2014年2月19日、ジュネーブモーターショー(会期:2014年3月4日~3月16日)において特別仕様車「V8ヴァンテージN430」と「DB9カーボンブラック」を公開すると発表した。

■V8ヴァンテージN430

V8ヴァンテージN430は、2シータースポーツ「V8ヴァンテージ」をベースに、よりスポーティーなチューニングと内外装デザインを採用したモデルである。

エンジンは「V8ヴァンテージS」と同じ最高出力436ps/7300rpm、最大トルク50.0kgm/5000rpmを発生する4.7リッターV8 DOHCで、特徴的なサウンドを奏でるスポーツエキゾーストを装備。トランスミッションは6段MTと7段ロボタイズドMT「スポーツシフトII」の2種類が用意される。

また、足まわりには入念な調整が施されたスポーツサスペンションや、レース直系のブレーキシステム、クイックレシオ・ステアリングシステムなどを採用。軽量化にも力が注がれており、カーボンファイバー/ケブラー・スポーツシートとグラファイトのペイントが施された10スポーク鍛造アルミホイールだけで、20kgの軽量化を実現しているという。

エクステリアもスポーティーな仕立てで、フロントグリルやヘッドランプベゼルなどはダークカラーで統一。アストン・マーティンのレーシングカーのイメージを取り入れた「クラブスポーツ・グラフィック・パック」もオプションで用意されるほか、フロントグリルの縁取りやAピラー、ミラーキャップなどをボディーと別色で塗り分けることもできる。

一方インテリアでは、随所にカーボンやアルカンターラ素材を採用。オプションでバング&オルフセンBeoSoundオーディオシステムも用意される。

ボディータイプはクーペとロードスターの2種類が用意され、価格は8万9995ポンド(約1530万円、1ポンド=170円で換算)から。
デリバリー開始は2014年9月を予定している。

「DB9カーボンブラック」
「DB9カーボンブラック」
    拡大
「DB9カーボンホワイト」
「DB9カーボンホワイト」
    拡大

アストンが2タイプの特別仕様車を発表【ジュネーブショー2014】の画像 拡大

■DB9カーボンブラック/DB9カーボンホワイト

DB9カーボンブラックおよびDB9カーボンホワイトは、6リッターV12エンジンを搭載する「DB9」をベースに、内外装を専用仕立てとしたモデルである。ボディータイプはクーペとヴォランテの2種類が用意される。

ともにエクステリアにはカーボンファイバー製のスプリッターやディフューザー、ミラーキャップなどを採用するほか、フロントグリルやサイドストレーキのメッシュ、ウィンドウの縁取りなどをブラックでコーディネート。ブレーキキャリパーにはブラック、グレー、レッド、イエローの全4色が用意される。

一方インテリアは、「オブシディアン・ブラック」の内装色を基調に、随所をカーボンファイバー製の加飾パネルでドレスアップ。シートやドアトリム、ヘッドレストなどのステッチはブレーキキャリパーと同色か、ブラックのいずれかを選ぶことができる。
日本での販売価格は、現時点では未定とのこと。

(webCG)

関連キーワード:
V8ヴァンテージ, DB9, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン V8ヴァンテージ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/7MT)【試乗記】 2020.6.4 試乗記 アストンマーティンのピュアスポーツカー「ヴァンテージ」に、新たに伝統的なMT仕様車がラインナップ。多くのスーパースポーツがAT化する時代に、あえてMTを選ぶ意味とは何か? 試乗を通して、その魅力に迫った。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • トヨタ・スープラRZ“ホライズンブルーエディション”(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.24 試乗記 デビューからわずか1年余りで、エンジンのパワーアップを伴う大きな改良を受けた「トヨタ・スープラRZ」。“いいものがあれば即座に使う”というGRならではのクルマづくりは、3リッター直6ターボの高性能スポーツカーに、劇的な進化をもたらしていた。
ホームへ戻る