プジョー、新型SUV「3008」のスポーティーモデルを発表

2016.06.17 自動車ニュース
「プジョー3008 GT」
「プジョー3008 GT」 拡大

仏プジョーは2016年6月16日、新型SUV「3008」のスポーティーモデル「3008 GT」「3008 GTライン」の概要を発表した。本国では同年10月の発売を予定している。

「3008 GTライン」
「3008 GTライン」 拡大
内装色はグレー。アルカンターラを使用したシートやクロームパーツなどが採用される。
内装色はグレー。アルカンターラを使用したシートやクロームパーツなどが採用される。 拡大

■GTには2リッターディーゼルと6段ATを搭載

新型プジョー3008は、2016年10月のパリモーターショーで世界初公開される予定のCセグメントSUVである。今回情報が公開された「3008 GT」は、同車のスポーティーモデルにあたり、「BlueHDi 180 S&S」と呼ばれる2リッターディーゼルエンジンとトルクコンバーター式6段ATが採用されている。また「クープ・フランシュ」と呼ばれるツートンのボディーカラーも特徴とされる。

一方、「GTライン」は「価格訴求力を持ったエンジンを搭載しながらスポーティーさと高級感あふれるエクステリアを両立」させたモデルと説明されており、フロントサイドとテールゲートに配した「GT Line」のバッジに加え、以下の装備が備わっているという。

・フルLEDライトと専用グリルを装備したフロントバンパー
・クローム仕上げのヘッドライトユニット、ウェザーストリップ
・クローム処理を施したダブルエキゾーストパイプ
・新しい「ブラックダイヤモンド・ガラスルーフ」
・ツートンボディーカラー「クープ・フランシュ」(オプション)

このほかにも、ツートンの18インチアロイホイールやブラックドアミラーカバーも採用。なお、GTのドアミラーカバーはクローム仕上げとなっている。

一方、インテリアについては他のGTシリーズと共通のイメージでまとめており、グレーの内装色やアルカンターラを使用したシート、クロームパーツなどを採用している。

なお、3008 GTと3008 GTラインの日本導入については未定とのこと。

(webCG)
 

関連キーワード:
3008, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 3008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー208GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
  • 「プジョー3008」がマイナーチェンジ フロントデザインを一新 2020.9.1 自動車ニュース グループPSAは2020年9月1日、プジョーブランドのSUV「3008」のマイナーチェンジモデルを世界初公開した。新形状のヘッドランプやフレームレスデザインのグリルを採用するなど、フロントデザインを一新している。
  • フルモデルチェンジした「プジョー208」 新型のここに注目せよ! 2020.7.10 デイリーコラム プジョーのコンパクトカー「208」がフルモデルチェンジ。日本国内でのデビューを果たした。ガソリン車に加えてEVバージョンも選べる最新型は、どのような進化を遂げたのか? そのポイントを識者が解説する。
  • 進化したフリード モデューロXを試す 2020.7.10 モデューロXの最新モデルを味わう<AD> ベースとなる「ホンダ・フリード」のマイナーチェンジに合わせ、「フリード モデューロX」も最新モデルにアップデート。日常的な速度域でも体感できる“実効空力”を高めるべく、新開発のエアロバンパーが備わっている。その効果を試すべく、新旧モデルを同時に連れ出した。
ホームへ戻る