「スバル・フォレスター」にブラウン内装の特別仕様車が登場

2016.07.11 自動車ニュース
「スバル・フォレスター2.0XT EyeSightブラウンレザーセレクション
「スバル・フォレスター2.0XT EyeSightブラウンレザーセレクション」 拡大

富士重工業は2016年7月11日、SUV「フォレスター」に特別仕様車「ブラウンレザーセレクション」を設定し、販売を開始した。

2.0XT EyeSightブラウンレザーセレクションのインストゥルメントパネルまわり。
「2.0XT EyeSightブラウンレザーセレクション」のインストゥルメントパネルまわり。 拡大
高触感本革巻きステアリングホイール(シルバーステッチ)+ステアリングヒーター
高触感本革巻きステアリングホイール(シルバーステッチ)+ステアリングヒーター 拡大
ブラウンレザーシート
ブラウンレザーシート 拡大
「S-Limitedブラウンレザーセレクション
「S-Limitedブラウンレザーセレクション」 拡大

フォレスター ブラウンレザーセレクションは、スバル初の水平対向エンジン搭載車「スバル1000」の発売50周年を記念した特別仕様車の第2弾。「S-Limited」と「2.0XT EyeSight」をベースにした2モデルが設定される。

特徴はインテリアにあり、本革シートをはじめ、各所をブラウンのカラーリングでコーディネート。装備も充実しており、スバル車としてはこれが初となるステアリングヒーターや、パワーリアゲート、オートハイビームや後側方警戒支援システムからなる「アドバンスドセイフティパッケージ」を標準で備えている。

これらを含む特別装備は以下の通り。
・高触感本革巻きステアリングホイール(シルバーステッチ)+ステアリングヒーター
・インストゥルメントパネルセンターバイザー(レザー調素材巻き+シルバーステッチ)
・前席カップホルダー(2個、メッキリング付き)
・リアシートセンターアームレスト(ピアノブラック調加飾+シルバーフレームカップホルダー付き)
・パワーリアゲート
・ブラウンレザーシート(アイボリーステッチ)
・センタートレイ&ドアグリップ加飾(ブラウン合成皮革巻き+アイボリーステッチ+シルバー塗装)
・ドアトリム(ブラウン合成皮革+アイボリーステッチ)
・ドアスイッチパネル(ピアノブラック調加飾+シルバーフレーム)
・ドアアームレスト&スライド機構付きコンソールリッド(ブラウン合成皮革+アイボリーステッチ)
・アドバンスドセイフティパッケージ〈「2.0XT EyeSight」は標準装備〉

価格は以下の通り。
・S-Limitedブラウンレザーセレクション:313万2000円
・2.0XT EyeSightブラウンレザーセレクション:331万2360円

(webCG)
 

関連キーワード:
フォレスター, スバル, 自動車ニュース

スバル フォレスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・フォレスター スポーツ(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.22 試乗記 「スバル・フォレスター」に先代モデル以来となるターボエンジン搭載車が復活。「スポーツ」を名乗る新グレードは、専用セッティングのサスペンションなども備えた新たな最上級モデルでもある。その仕上がりを箱根のワインディングロードで試した。
  • スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(FF/CVT)【試乗記】 2021.2.8 試乗記 2020年秋に実施された「スバル・インプレッサスポーツ」の一部改良にあわせ、ラインナップに加わった「STI Sport」。ワインディングロードを舞台に、STIが新たにFFモデルで手がけたチューニングレシピを味わった。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.25 試乗記 フルモデルチェンジから3年を経て、再びの改良を受けた「スバルXV」。国内外の有力モデルがひしめくコンパクトSUV市場において、XVだけが持つライバルにはない魅力とは? わが道を行くスバル製クロスオーバーの、唯一無二の個性に触れた。
  • マツダ3セダンX Lパッケージ/マツダ3ファストバックXD Lパッケージ【試乗記】 2021.2.10 試乗記 マツダのCセグメントハッチバック/セダン「マツダ3」が、発売から1年半を経て初の商品改良を受けた。外見は(ほぼ)そのままに中身を磨き上げたという今回の改良は、クルマにどのような進化をもたらしたのか? 開発者から聞いた“狙い”とともに報告する。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.22 試乗記 いまやスバルの中核モデルへと成長した「レヴォーグ」。六連星(むつらぼし)の新たなフラッグシップと位置づけられる新型は、スポーツワゴンらしい走りと使い勝手のよさが実感できる一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る