クリーンディーゼル搭載の「シトロエンC4」登場

2016.07.12 自動車ニュース
「シトロエンC4 FEEL BlueHDi」
「シトロエンC4 FEEL BlueHDi」 拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年7月12日、PSAグループのクリーンディーゼルエンジン「BlueHDi」を搭載した「シトロエンC4 FEEL BlueHDi」を発売した。

参考展示された「シトロエン・グランドC4ピカソC4 BlueHDi」。2リッターBlueHDiの150ps仕様が搭載される。日本には2016年12月導入予定。
参考展示された「シトロエン・グランドC4ピカソC4 BlueHDi」。2リッターBlueHDiの150ps仕様が搭載される。日本には2016年12月導入予定。 拡大
アイシン・エィ・ダブリュ製の6段AT(AWF6F45)が組み合わされる。
アイシン・エィ・ダブリュ製の6段AT(AWF6F45)が組み合わされる。 拡大

■1.6ディーゼル搭載し279万円

搭載されるエンジンは、120psと300Nmを発する1.6リッターのBlueHDiユニット。これに6段ATを組み合わせている。JC08モード燃費は20.2km/リッター。

排ガス浄化装置には酸化触媒とアドブルー(尿素水溶液)SCR(選択還元触媒)システム、およびDPF(微粒子フィルター)を用いている。同じ性能のガソリン車と比較した場合、CO2排出量は15%低減、燃費は25%改善されている。

車両価格は279万円。BlueHDiは全車エコカー減税対象車で、減税率は自動車重量税と自動車取得税が100%、自動車税はおおむね75%とされる。

ガソリンモデルも引き続き販売される。また、シトロエンブランドではこのC4のほか、2016年12月に「グランドC4ピカソBlueHDi」が導入される予定。

(webCG)

関連キーワード:
C4, C4ピカソ, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンの未来を占うニューモデル 新型「C4」のデザインを読み解く 2020.7.22 デイリーコラム 2020年6月末に発表された新型「シトロエンC4」は「シトロエンの2度目の誕生」という言葉で形容されるように、ブランドの将来を占う一台だ。C4はどう変わったのかを知るとともに、なぜ変わらなければならなかったのかを考察する。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • アウディQ3 35 TFSIアドバンスト(FF/7AT)【試乗記】 2020.10.12 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となったアウディのCセグメントSUV「Q3」。ラインナップの中核をなすと目される「Q3 35 TFSIアドバンスト」を郊外に連れ出し、最新のシャシーやパワーユニットの出来栄え、ユーティリティー性をチェックした。
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • プジョー208 GTライン(前編) 2020.10.1 谷口信輝の新車試乗 フランス生まれのコンパクトハッチバック「プジョー208 GTライン」に谷口信輝が試乗。新世代プラットフォームを使って開発された最新型の仕上がりを、走りのプロはどう評価する?
ホームへ戻る