オーテック30周年を記念した「エクストレイル」が登場

2016.08.09 自動車ニュース
「日産エクストレイル モード・プレミア“AUTECH 30th Anniversary”」
「日産エクストレイル モード・プレミア“AUTECH 30th Anniversary”」 拡大

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは、SUV「エクストレイル」のカスタマイズモデル「モード・プレミア」に、同社の創立30周年を記念する特別仕様車「AUTECH 30th Anniversary」を設定し、2016年8月9日に発売した。

今回の日産エクストレイル モード・プレミア“AUTECH 30th Anniversary”は、オーテックが手がけたカスタマイズカーであるエクストレイル モード・プレミアがベース。
ダーククロムのエクステリアパーツや、LEDフォグランプ、専用カラーのレザーシートなどを採用することで、個性が強められている。エクステリアとインテリアには専用の「30th Anniversaryエンブレム」も装着され、特別感が演出される。

主な特別装備は以下の通り。

・ダーククロムフロントグリル
・専用ダーククロムバンパーフィニッシャー
・専用LEDフォグランプ
・専用ブラック本革シート
・専用30th Anniversaryエンブレム(エクステリアおよびインテリア)

ボディーカラーは、ブリリアントホワイトパールとダイヤモンドブラック、バーニングレッド、スチールブルー、ダークメタルグレーの全5色がラインナップされる。

エクストレイル モード・プレミア“AUTECH 30th Anniversary”はガソリン車とハイブリッド車が選べる。価格は以下の通り。

【ガソリン車】
・FF/2列シート(5人乗り):293万1120円
・FF/3列シート(7人乗り):302万5080円
・4WD/2列シート(5人乗り):313万7400円
・4WD/3列シート(7人乗り):323万1360円

【ハイブリッド車】
・FF/2列シート(5人乗り):336万0960円
・4WD/2列シート(5人乗り):356万7240円

(webCG)

関連キーワード:
エクストレイル, 日産, 自動車ニュース

日産 エクストレイル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ローグ 2020.6.17 画像・写真 日産自動車は2020年6月15日(現地時間)、米国で新型「ローグ」を発表した。ローグは日産がグローバル展開するミドルサイズSUVで、従来モデルは日本でも3代目「エクストレイル」として販売されていた。日本導入も予想される日産の最新SUVを写真で紹介する。
  • 新型「日産エクストレイル」の海外版がデビュー 日本仕様はどうなる? 2020.6.29 デイリーコラム 北米で「日産ローグ」の新型がお披露目された。日本ではあまりなじみのないローグだが、それもそのはず先代モデルからは「エクストレイル」の姉妹車となっているのだ。デビュー間近と思われる次期型エクストレイルの姿を読み解く。
  • 日産エクストレイル 2017.6.8 画像・写真 日産のミドルサイズSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」をはじめとした装備の大幅な強化に加え、フロントマスクを中心にデザインにも手が加えられた。より“タフギア”となったその姿を紹介する。
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.9.4 試乗記 レクサスの新型オープンカー「LC500コンバーチブル」に一般道とサーキットで試乗。開放感たっぷりなのは当たり前、筆者はその官能性と磨き抜かれたスポーツカーとしての資質に、大いに感銘を受けたのだった。
  • 日産エクストレイルAUTECH iパッケージ(2列シート車)(4WD/CVT)【試乗記】 2020.4.22 試乗記 オーテックジャパンの手になる、「日産エクストレイル」の純正カスタマイズモデル「エクストレイルAUTECH」。新たにザックス製のダンパーが装着された最新モデルの出来栄えを、デビューから6年を経たエクストレイルの進化とともにリポートする。
ホームへ戻る