新型「ポルシェ911カレラ」が国内デビュー

2011.11.01 自動車ニュース


新型「ポルシェ911カレラ」が国内デビュー

ポルシェジャパンは、今年9月のフランクフルトショーでデビューした新型「911カレラ」「911カレラS」の受注を、2011年11月10日に開始すると発表した。

■出力アップと同時に低燃費を実現

フルモデルチェンジを受けた新型「ポルシェ911」が、日本に導入される。既報のとおり、「タイプ991」と呼ばれる新型は、ホイールベースの延長(+100mm)や前後トレッドの拡大、45kgにおよぶ軽量化などにより、スポーツ性能と居住性の向上が図られている。

ベースモデルの「911カレラ」は、従来モデルよりも200cc排気量の小さい新開発3.4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する。スペックは、最高出力350ps/7400rpm、最大トルク39.8kgm/5600rpm。

トランスミッションは7段MTと7段PDKが設定され、PDK車はNEDCモード燃費で従来モデルより約2km/リッター向上し、8.2リッター/100km(=12.2km/リッター)を達成。CO2排出量はポルシェのスポーツカーとして初めて200g/kmを下回り、194g/kmを実現した。

高出力バージョンの「911カレラS」は、先代モデルと同排気量の3.8リッター自然吸気ユニットを搭載しながら、最高出力は15ps増となる400ps/7400rpm、最大トルクは44.9kgmを発生する。トランスミッションは、7段MTと7段PDKが設定され、PDK車では8.7リッター/km(=11.5km/リッター)の燃費値(NEDCモード)を実現するとともに、CO2排出量も205g/kmに抑えるなど、高効率化が図られている。

価格は、以下のとおり(カッコ内はトランスミッションとハンドル位置)
・911カレラ(7段MT・左):1117万円
・911カレラ(7段PDK・左/右):1192万円
・911カレラS(7段MT・左):1381万円
・911カレラS(7段PDK・左/右):1456万円

(webCG 曽宮)

「911カレラS」
「911カレラS」 拡大
「911カレラ」
「911カレラ」 拡大
PDK車には、右ハンドル仕様も設定される。
PDK車には、右ハンドル仕様も設定される。 拡大
ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4491×1808×1303mm。ホイールベースは2450mm。(欧州仕様車)
ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4491×1808×1303mm。ホイールベースは2450mm。(欧州仕様車) 拡大

関連キーワード:
911, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ 911 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.5.13 試乗記 2.5リッターターボから4リッターの自然吸気へとエンジンが変更された「ポルシェ718ボクスター/ケイマンGTS」。まさかの“アップサイジング”を図ったポルシェの思惑とは? 新エンジンを得た新型GTSの走りとともに、ポルトガル・エストリルより報告する。
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
ホームへ戻る