トヨタ、ランドクルーザーシリーズにトヨタ店の70周年を祝う特別仕様車

2016.08.29 自動車ニュース
「トヨタ・ランドクルーザーZX“G-FRONTIER”」
「トヨタ・ランドクルーザーZX“G-FRONTIER”」 拡大

トヨタ自動車は2016年8月29日、SUV「ランドクルーザー」「ランドクルーザープラド」に特別仕様車「G-FRONTIER」を設定し、販売を開始した。

「ランドクルーザーZX“G-FRONTIER”」のインストゥルメントパネルまわり。
「ランドクルーザーZX“G-FRONTIER”」のインストゥルメントパネルまわり。 拡大
「ランドクルーザーZX“G-FRONTIER”」のシート。
「ランドクルーザーZX“G-FRONTIER”」のシート。 拡大
「ランドクルーザープラドTX“Lパッケージ・G-FRONTIER”(ディーゼル車)
「ランドクルーザープラドTX“Lパッケージ・G-FRONTIER”(ディーゼル車)」 拡大
「ランドクルーザープラドTX“Lパッケージ・G-FRONTIER”(ディーゼル車)」のインストゥルメントパネルまわり。
「ランドクルーザープラドTX“Lパッケージ・G-FRONTIER”(ディーゼル車)」のインストゥルメントパネルまわり。 拡大
「ランドクルーザープラドTX“Lパッケージ・G-FRONTIER”(ディーゼル車)」のシート。
「ランドクルーザープラドTX“Lパッケージ・G-FRONTIER”(ディーゼル車)」のシート。 拡大

■特別装備で内外装をコーディネート

今回の特別仕様車は、トヨタの販売チャンネルのひとつであるトヨタ店の創立70周年を記念して設定されたモデルである。トヨタ店はトヨタの販売店の中でも最も歴史が古く1946年に設立されている。

ベースとなるモデルはランドクルーザーの「ZX」、およびランドクルーザープラドの「TX」(ガソリン車)、「TX“Lパッケージ”」(ディーゼル車)で、ともに内外装に特別装備が採用されている。

各モデルの特別装備と価格は以下の通り。

【ランドクルーザー】
外装色:ブラックほか全8色
内装色:ブラック
特別装備:285/50R20タイヤ+20×8 1/2Jアルミホイール(ブラック塗装+切削光輝)/専用ルーフレール(クロームメッキ+シルバー塗装)/プレミアムナッパ本革シート表皮(キルティングステッチ加工)

価格
・ランドクルーザーZX“G-FRONTIER”:723万6000円

【ランドクルーザープラド】
外装色:ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン(特別設定色)ほか全6色
内装色:ブラック
特別装備:265/60R18タイヤ+18×7 1/2Jアルミホイール(スーパークロームメタリック塗装)/専用ツートーンルーフレール(シルバー×ブラック)/本革シート表皮(ステッチ付き・レッドウッド)/ランドクルーザープラド“Lパッケージ”装備(TX ガソリン車のみ)

価格
・ランドクルーザープラドTX“Lパッケージ・G-FRONTIER”(ガソリン車):403万7040円
・ランドクルーザープラドTX“Lパッケージ・G-FRONTIER”(ディーゼル車):477万5760円

(webCG)
 

関連キーワード:
ランドクルーザー, ランドクルーザープラド, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ランドクルーザー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ(4WD/5MT)【試乗記】 2014.9.22 試乗記 1年間の期間限定で、日本市場に10年ぶりに復活した「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年の長きにわたり、世界各地で鍛えられてきた本格クロスカントリー車の実力に触れた。
  • キャデラックXT4プラチナム(4WD/9AT)【試乗記】 2021.4.3 試乗記 キャデラックのSUV製品群のエントリーモデルに位置する「XT4」が、いよいよ日本に導入された。その実力は、市場の先達でもある日欧のライバルに比肩するものなのか? キャデラックならではの個性は残されているのか? ゼネラルモーターズの期待を背負うニューモデルを試す。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ(前編) 2014.8.25 画像・写真 10年ぶりに復活した本格クロカン「ランクル70」の姿を、写真で紹介する。
  • 第204回:ありがとうお金持ち 2021.4.12 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。アウディのスーパーSUV「RS Q8」で、夜の首都高に出撃。正直、SUVにさほど興味はなく、600PSともなれば「いったい誰が買うんだろう?」と思っていたのだが、その疑問は辰巳PAであっさり解消した!
  • アウディRS 6アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.10 試乗記 最高出力600PS、最大トルク800N・m。スーパーカー顔負けのスペックを誇る「アウディRS 6アバント」にむちを入れたら……? 全知全能と思えるほどのスーパーワゴンの走りとは、こういうものだ。
ホームへ戻る