トヨタ、ランドクルーザーシリーズにトヨタ店の70周年を祝う特別仕様車

2016.08.29 自動車ニュース
「トヨタ・ランドクルーザーZX“G-FRONTIER”」
「トヨタ・ランドクルーザーZX“G-FRONTIER”」 拡大

トヨタ自動車は2016年8月29日、SUV「ランドクルーザー」「ランドクルーザープラド」に特別仕様車「G-FRONTIER」を設定し、販売を開始した。

「ランドクルーザーZX“G-FRONTIER”」のインストゥルメントパネルまわり。
「ランドクルーザーZX“G-FRONTIER”」のインストゥルメントパネルまわり。 拡大
「ランドクルーザーZX“G-FRONTIER”」のシート。
「ランドクルーザーZX“G-FRONTIER”」のシート。 拡大
「ランドクルーザープラドTX“Lパッケージ・G-FRONTIER”(ディーゼル車)
「ランドクルーザープラドTX“Lパッケージ・G-FRONTIER”(ディーゼル車)」 拡大
「ランドクルーザープラドTX“Lパッケージ・G-FRONTIER”(ディーゼル車)」のインストゥルメントパネルまわり。
「ランドクルーザープラドTX“Lパッケージ・G-FRONTIER”(ディーゼル車)」のインストゥルメントパネルまわり。 拡大
「ランドクルーザープラドTX“Lパッケージ・G-FRONTIER”(ディーゼル車)」のシート。
「ランドクルーザープラドTX“Lパッケージ・G-FRONTIER”(ディーゼル車)」のシート。 拡大

■特別装備で内外装をコーディネート

今回の特別仕様車は、トヨタの販売チャンネルのひとつであるトヨタ店の創立70周年を記念して設定されたモデルである。トヨタ店はトヨタの販売店の中でも最も歴史が古く1946年に設立されている。

ベースとなるモデルはランドクルーザーの「ZX」、およびランドクルーザープラドの「TX」(ガソリン車)、「TX“Lパッケージ”」(ディーゼル車)で、ともに内外装に特別装備が採用されている。

各モデルの特別装備と価格は以下の通り。

【ランドクルーザー】
外装色:ブラックほか全8色
内装色:ブラック
特別装備:285/50R20タイヤ+20×8 1/2Jアルミホイール(ブラック塗装+切削光輝)/専用ルーフレール(クロームメッキ+シルバー塗装)/プレミアムナッパ本革シート表皮(キルティングステッチ加工)

価格
・ランドクルーザーZX“G-FRONTIER”:723万6000円

【ランドクルーザープラド】
外装色:ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン(特別設定色)ほか全6色
内装色:ブラック
特別装備:265/60R18タイヤ+18×7 1/2Jアルミホイール(スーパークロームメタリック塗装)/専用ツートーンルーフレール(シルバー×ブラック)/本革シート表皮(ステッチ付き・レッドウッド)/ランドクルーザープラド“Lパッケージ”装備(TX ガソリン車のみ)

価格
・ランドクルーザープラドTX“Lパッケージ・G-FRONTIER”(ガソリン車):403万7040円
・ランドクルーザープラドTX“Lパッケージ・G-FRONTIER”(ディーゼル車):477万5760円

(webCG)
 

関連キーワード:
ランドクルーザー, ランドクルーザープラド, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ランドクルーザー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ バン(4WD/5MT)【試乗記】 2014.10.23 試乗記 2014年8月の復活以来、好調な販売が伝えられる「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年前にデビューした古典的なクロスカントリー車が、なぜこうも歓迎されるのか? その秘密を探った。
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ(4WD/5MT)【試乗記】 2014.9.22 試乗記 1年間の期間限定で、日本市場に10年ぶりに復活した「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年の長きにわたり、世界各地で鍛えられてきた本格クロスカントリー車の実力に触れた。
  • スズキVストローム1050XT(MR/6MT)【レビュー】 2020.6.26 試乗記 往年のパリ-ダカールラリー出場マシンをほうふつとさせるカラーリングをまとい、スズキから新型のアドベンチャーツアラー「Vストローム1050」が登場。リッタークラスのエンジンを搭載する、スズキ製アドベンチャーのフラッグシップモデルを試す。
  • メルセデス・ベンツV220dアバンギャルド ロング(FR/7AT)【試乗記】 2020.7.1 試乗記 内外装デザインのアップデートとともに、安全装備の充実が図られたメルセデス・ベンツのミニバン「V220d」。快適性と高級感を向上させたという2列目セパレートシート「エクスクルーシブパッケージ」採用モデルに試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る