BMWのコンパクトな高性能モデル「M140i/M240iクーペ」発売

2016.09.01 自動車ニュース
「BMW M140i」
「BMW M140i」 拡大

BMWジャパンは2016年9月1日、高性能なコンパクトハッチバック「BMW M140i」とコンパクトクーペ「BMW M240iクーペ」を発表。同日、販売を開始した。

「M240iクーペ」
「M240iクーペ」 拡大

M140iとM240iクーペは、BMWの「1シリーズ」と「2シリーズ クーペ」の「M Performance Automobiles(Mパフォーマンス・オートモービルズ)」。Mパフォーマンス・オートモービルズとは、パワートレインおよびシャシーに、「M3」「M5」ほか高性能モデルを開発するBMW M社がスポーティーなチューニングを施し、さらに専用デザインを採用したモデルである。

今回のM140iとM240iクーペには、BMW M社がチューンした3リッター直6ターボエンジンが搭載される。
最高出力は340psで、最大トルクは51.0kgm。従来の「M135i」「M235iクーペ」に比べ、14psと5.1kgmの上乗せとなる。8段AT搭載モデルの場合、0-100km/h加速に要する時間は4.6秒(6段MT車は4.8秒)。JC08モードの燃費値は、M135i/M235iクーペ比で10%優れる13.4km/リッターを実現した(6段MT車は12.7km/リッター)。

ラインナップと価格は、以下の通り。
・M140i(8AT):578万円
・M240iクーペ(6MT):613万円
・M240iクーペ(8AT):627万円

(webCG)

関連キーワード:
1シリーズ, 2シリーズ クーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW 1シリーズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 118d(FF/8AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.7.22 試乗記 BMWのエントリーモデル「1シリーズ」が、FFのプラットフォームを用いた3代目にフルモデルチェンジ。駆動方式の変更に際してBMWがこだわったポイントとは? BMWの“おひざ元”であるドイツ・ミュンヘンで、その出来栄えを確かめた。
  • FFを選んでもコダワリは変わらず
    新型「1シリーズ」に見るBMWの理想主義
    2019.8.2 デイリーコラム フルモデルチェンジでFFになった、コンパクトハッチバック「BMW 1シリーズ」。FRからの転向にはどんな背景があったのだろうか。BMWの開発ポリシーにも大きな変化が? 関係者の話を交え、藤島知子がリポートする。
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • BMW M135i(FR/8AT)【試乗記】 2015.8.27 試乗記 3リッター直列6気筒ターボエンジンを搭載する「BMW 1シリーズ」の高性能モデル「M135i」に試乗した。BMW M社の血統を受け継ぐ1シリーズのフラッグシップモデルは、マイナーチェンジを受けてどこまで洗練されたのだろうか?
  • メルセデス・ベンツB180(FF/7AT)【試乗記】 2019.8.9 試乗記 「メルセデス・ベンツBクラス」が全面改良によって3代目に進化。乗り出し価格で500万円オーバーとなるCセグメントモデルの出来栄えとは? ラインナップされるガソリンとディーゼルのパワーユニットのうち、まずはデリバリーが始まったガソリンモデル「B180」をチェックする。
ホームへ戻る