BMWのコンパクトな高性能モデル「M140i/M240iクーペ」発売

2016.09.01 自動車ニュース
「BMW M140i」
「BMW M140i」 拡大

BMWジャパンは2016年9月1日、高性能なコンパクトハッチバック「BMW M140i」とコンパクトクーペ「BMW M240iクーペ」を発表。同日、販売を開始した。

「M240iクーペ」
「M240iクーペ」 拡大

M140iとM240iクーペは、BMWの「1シリーズ」と「2シリーズ クーペ」の「M Performance Automobiles(Mパフォーマンス・オートモービルズ)」。Mパフォーマンス・オートモービルズとは、パワートレインおよびシャシーに、「M3」「M5」ほか高性能モデルを開発するBMW M社がスポーティーなチューニングを施し、さらに専用デザインを採用したモデルである。

今回のM140iとM240iクーペには、BMW M社がチューンした3リッター直6ターボエンジンが搭載される。
最高出力は340psで、最大トルクは51.0kgm。従来の「M135i」「M235iクーペ」に比べ、14psと5.1kgmの上乗せとなる。8段AT搭載モデルの場合、0-100km/h加速に要する時間は4.6秒(6段MT車は4.8秒)。JC08モードの燃費値は、M135i/M235iクーペ比で10%優れる13.4km/リッターを実現した(6段MT車は12.7km/リッター)。

ラインナップと価格は、以下の通り。
・M140i(8AT):578万円
・M240iクーペ(6MT):613万円
・M240iクーペ(8AT):627万円

(webCG)

関連キーワード:
1シリーズ, 2シリーズ クーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW 1シリーズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 118iプレイ(FF/7AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.29 試乗記 フルモデルチェンジにあたり、プラットフォームを刷新。FRからFFへと基本駆動方式が変更された「BMW 1シリーズ」の走りとは? ベーシックな「118iプレイ」とハイパフォーマンスモデル「M135i xDrive」を公道に連れ出し、その仕上がりを確かめた。
  • 一番小さな”ビーエム”と“ベンツ” 新型「1シリーズ」と「Aクラス」を比較する 2019.12.4 デイリーコラム これまでFRのハッチバック車として貴重な存在だった「BMW 1シリーズ」がFF車へと生まれ変わった。他のCセグメントのライバルとクルマとしての特性が近づいた新型1シリーズの個性はどこにあるのだろうか。「メルセデス・ベンツAクラス」との比較で考えた。
  • 「BMW 1シリーズ」に新グレード「118d」が登場 2リッターディーゼルエンジンを搭載 2020.4.3 自動車ニュース 「BMW 1シリーズ」に新グレード「118d」が登場。最高出力150PS、最大トルク350N・mを発生する2リッターディーゼルエンジンを搭載。8段ATとの組み合わせにより、WLTCモード計測で16.7km/リッターという燃費性能を実現している。
  • BMW M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.9 試乗記 3代目に生まれ変わった「BMW 1シリーズ」で多くの読者が気にかけているのはFRからFFへの基本駆動方式の変更に違いない。かくいうリポーターもまたその一人だ。肝心要のハンドリング性能をトップグレード「M135i xDrive」で確かめた。
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
ホームへ戻る