BMWのコンパクトな高性能モデル「M140i/M240iクーペ」発売

2016.09.01 自動車ニュース
「BMW M140i」
「BMW M140i」 拡大

BMWジャパンは2016年9月1日、高性能なコンパクトハッチバック「BMW M140i」とコンパクトクーペ「BMW M240iクーペ」を発表。同日、販売を開始した。

「M240iクーペ」
「M240iクーペ」 拡大

M140iとM240iクーペは、BMWの「1シリーズ」と「2シリーズ クーペ」の「M Performance Automobiles(Mパフォーマンス・オートモービルズ)」。Mパフォーマンス・オートモービルズとは、パワートレインおよびシャシーに、「M3」「M5」ほか高性能モデルを開発するBMW M社がスポーティーなチューニングを施し、さらに専用デザインを採用したモデルである。

今回のM140iとM240iクーペには、BMW M社がチューンした3リッター直6ターボエンジンが搭載される。
最高出力は340psで、最大トルクは51.0kgm。従来の「M135i」「M235iクーペ」に比べ、14psと5.1kgmの上乗せとなる。8段AT搭載モデルの場合、0-100km/h加速に要する時間は4.6秒(6段MT車は4.8秒)。JC08モードの燃費値は、M135i/M235iクーペ比で10%優れる13.4km/リッターを実現した(6段MT車は12.7km/リッター)。

ラインナップと価格は、以下の通り。
・M140i(8AT):578万円
・M240iクーペ(6MT):613万円
・M240iクーペ(8AT):627万円

(webCG)

関連キーワード:
1シリーズ, 2シリーズ クーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW 1シリーズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 118dプレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.22 試乗記 BMWのエントリーディーゼルモデル「118dプレイ エディションジョイ+」を、片道300kmを超える長距離ドライブに連れ出した。高速道路と山岳路を組み合わせたタフなルートでステアリングを握り、あらためて確認できたBMWの走りに対するこだわりとは?
  • BMW X2 xDrive20d MスポーツX エディションジョイ+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.10 試乗記 「BMW X2」に追加設定された「xDrive20d MスポーツX」に試乗。既発の「xDrive18d」比で+40PSとなる190PSのディーゼルユニットとMスポーツサスペンションのコンビネーションは、導入初期モデルの印象を上書きするのに十分な仕上がりだった。
  • 一番小さな”ビーエム”と“ベンツ” 新型「1シリーズ」と「Aクラス」を比較する 2019.12.4 デイリーコラム これまでFRのハッチバック車として貴重な存在だった「BMW 1シリーズ」がFF車へと生まれ変わった。他のCセグメントのライバルとクルマとしての特性が近づいた新型1シリーズの個性はどこにあるのだろうか。「メルセデス・ベンツAクラス」との比較で考えた。
  • 漆黒をテーマに内外装をコーディネートした「BMW 118dピュアブラック」登場 2020.11.16 自動車ニュース BMWジャパンは2020年11月16日、コンパクトハッチバック「BMW 118d」に漆黒をテーマに仕立てた限定車「Pure Black(ピュアブラック)」を設定。BMWオンラインストアにおいて10台の台数限定で、同年11月20日午前9時に注文受け付けを開始すると発表した。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.7 試乗記 東京モーターショーでの世界初公開から1年、アルピナの最新モデルである新型「B3」がいよいよ日本でも発売された。“アルピナ・マジック”とも称されるシームレスライドと高出力の3リッター直6エンジンが織りなす走りを、裏磐梯のワインディングロードで試す。
ホームへ戻る