「ポルシェ・マカン」に新たなトップパフォーマンスモデルが登場

2016.09.02 自動車ニュース
「ポルシェ・マカン ターボ パフォーマンス」
「ポルシェ・マカン ターボ パフォーマンス」 拡大

独ポルシェは2016年9月1日、コンパクトSUV「マカン」のモデルラインナップに、新たな最上位モデルとなる「マカン ターボ パフォーマンス」を追加すると発表した。

マカン ターボ パフォーマンスは、「マカン ターボ」をベースにエンジン、ブレーキシステム、シャシーなどが強化された、ポルシェ・マカンのトップパフォーマンスモデルである。

今回、マカン ターボにも搭載されている3.6リッターV型6気筒ツインターボエンジンに、さらなるチューニングが施され、最高出力440ps(マカン ターボ比40ps増加)、最大トルク61.2kgm(同5.1kgm増加)/1500-4500rpmを実現。0-100km/h加速は4.4秒(同0.2秒減少)、最高速度は272km/h(同6km/h増加)を誇る。燃費(NEDC)は9.4~9.7リッター/100km(約10.3~10.6km/リッター)と公表されている。

マカン ターボ パフォーマンスには、新開発のブレーキシステムも搭載されており、フロントのブレーキディスク径はマカン ターボから30mm拡大された390mmとなるほか、赤い塗装が施された対向6ポットのキャリパーが装備される。

そのほか、「PASM」(電子制御式可変減衰ダンパー)や「スポーツクロノ・パッケージ」、「スポーツエグゾーストシステム」など、走りに関する装備が標準装備となっている。

なお、日本市場への導入予定や価格は未定。

(webCG)

関連キーワード:
マカン, ポルシェ, 自動車ニュース