「ポルシェ・マカン」に新たなトップパフォーマンスモデルが登場

2016.09.02 自動車ニュース
「ポルシェ・マカン ターボ パフォーマンス」
「ポルシェ・マカン ターボ パフォーマンス」 拡大

独ポルシェは2016年9月1日、コンパクトSUV「マカン」のモデルラインナップに、新たな最上位モデルとなる「マカン ターボ パフォーマンス」を追加すると発表した。

マカン ターボ パフォーマンスは、「マカン ターボ」をベースにエンジン、ブレーキシステム、シャシーなどが強化された、ポルシェ・マカンのトップパフォーマンスモデルである。

今回、マカン ターボにも搭載されている3.6リッターV型6気筒ツインターボエンジンに、さらなるチューニングが施され、最高出力440ps(マカン ターボ比40ps増加)、最大トルク61.2kgm(同5.1kgm増加)/1500-4500rpmを実現。0-100km/h加速は4.4秒(同0.2秒減少)、最高速度は272km/h(同6km/h増加)を誇る。燃費(NEDC)は9.4~9.7リッター/100km(約10.3~10.6km/リッター)と公表されている。

マカン ターボ パフォーマンスには、新開発のブレーキシステムも搭載されており、フロントのブレーキディスク径はマカン ターボから30mm拡大された390mmとなるほか、赤い塗装が施された対向6ポットのキャリパーが装備される。

そのほか、「PASM」(電子制御式可変減衰ダンパー)や「スポーツクロノ・パッケージ」、「スポーツエグゾーストシステム」など、走りに関する装備が標準装備となっている。

なお、日本市場への導入予定や価格は未定。

(webCG)

関連キーワード:
マカン, ポルシェ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・マカン ターボ パフォーマンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.8.30 試乗記 「ポルシェ・マカン」のトップパフォーマンスモデル、その名も「マカン ターボ パフォーマンス」に試乗。箱根のワインディングロードで触れることができたのは、最高出力440psという実力のごく一部に過ぎない。それでもなお心に残ったのは“ポルシェイズム”にあふれているということだった。
  • メルセデスAMG GLC63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.21 試乗記 「メルセデスAMG GLC63 S 4MATIC+」に試乗。この最高出力510psの“暴れ馬”は、優しく御すだけでもそれなりの満足を与えてくれるだろう。しかし、絶えずムチを入れ続け、ギャロップさせてこそ見える世界もまたあるのだ。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.14 試乗記 誕生からおよそ40年を経て初のフルモデルチェンジを迎えた、メルセデスのヘビーデューディーSUV「Gクラス」。見た目はかつてのままのようだが、その乗り味は……? “変わったところ”と“変わらぬところ”を、「G550」に試乗して確かめた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【試乗記】 2018.8.8 試乗記 ポルシェのSUV「マカン」に、装備充実のスポーティーモデル「マカンGTS」が登場。ボディーの大きさや車重を忘れさせるその走りは、往年のFRポルシェにも通じる“小気味よさ”が感じられるものだった。
ホームへ戻る