メルセデス、「GLC」に367psの高性能モデルを設定

2016.09.09 自動車ニュース
「メルセデスAMG GLC43 4MATIC」
「メルセデスAMG GLC43 4MATIC」 拡大

メルセデス・ベンツ日本は2016年9月9日、ハイパフォーマンスSUV「メルセデスAMG GLC43 4MATIC」を発売した。

メルセデスAMG GLC43 4MATICは、メルセデスAMGが独自のチューニングを施した「GLC」のハイパフォーマンスモデルである。

エンジンは3リッターV6直噴ツインターボで、最高出力367ps(270kW)、最大トルク53.0kgm(520Nm)を発生。クランクケースとシリンダーヘッドをアルミニウム製とするなど、軽量化にも配慮がなされている。また、排気システムには軽量かつ低背圧タイプの「AMGスポーツエグゾーストシステム」を採用しており、モータースポーツを想起させるエモーショナルなサウンドを楽しめるという。

駆動システムはフルタイム4WDの「AMG 4MATIC」で、先述のエンジンとも相まって0-100km/h加速は4.9秒(欧州仕様値)という動力性能を実現。駆動力の変動によるステア特性の変化を抑えるとともに、前:後=31:69というリア寄りの駆動力配分により、強力なトラクションと安定感あるハンドリングをかなえているという。

このほかにも、高いアジリティー性能と快適性を両立するという「AMGスポーツサスペンション」や、フロントに360mmのドリルドベンチレーテッドディスクを、リアに320mmのベンチレーテッドディスクを用いた「AMG強化ブレーキシステム」を採用。状況に応じてエンジンや電子制御サスペンション、ステアリング、トランスミッションなどの制御を選択できる「AMGダイナミックセレクト」も搭載している。

デザインによる差別化もなされており、サイドミラーやフロントおよびサイドスカートなどに艶のあるブラックのアクセントを配した「ナイトパッケージ」や、ツインカラーの21インチAMG 5ツインスポークアルミホイールなどが採用されている。

価格は863万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
GLC, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.1.22 試乗記 マイナーチェンジによって内外装やパワートレインがアップデートされた、メルセデスのDセグメントSUV「GLC」。最高出力194PS、最大トルク400N・mの2リッター直4ディーゼルターボを搭載する「GLC220d 4MATICクーペ」を連れ出し、その進化を確かめた。
  • メルセデス・ベンツCLA200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.28 試乗記 輸入車コンパクトクラスで唯一の4ドアクーペとして人気を博した、メルセデスの「CLA」がフルモデルチェンジ。スタイリッシュなフォルムとクラスレスな存在感が先代のヒットを後押ししたというが、最新モデルはどんな進化を遂げているのか?
  • メルセデス・ベンツGLB250 4MATIC/GLB200d 4MATIC【海外試乗記】 2019.12.10 試乗記 メルセデス・ベンツの新型SUV「GLB」は、「GLA」と「GLC」の間に位置づけられるモデル。都会派といわれるGLAやGLCに対してこちらはオフロード志向を強めたエクステリアが目を引くが、その出来栄えは? 日本導入が見込まれるガソリン/ディーゼル車に試乗し、実力を確かめた。
  • メルセデス・ベンツE350deアバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.2.4 試乗記 ディーゼルエンジンにプラグインハイブリッドシステムを組み合わせた「メルセデス・ベンツE350de」。「Eクラス」に初搭載されたこのパワーユニットの実力を確かめるべく、東京・都心から郊外へと、休日の使い方を想定したロングドライブに連れ出してみた。
  • ジープ・グランドチェロキー トレイルホーク/ラングラー アンリミテッド ルビコン【試乗記】 2020.2.5 試乗記 フラッグシップSUV「グランドチェロキー」と、本格クロスカントリー「ラングラー アンリミテッド」。オフロードに強い2台のジープは、雪に覆われた北海道の道で、実力の違いを見せつけたのだった。
ホームへ戻る