「クライスラー300S」にラグジュアリーな限定車

2016.09.12 自動車ニュース
「クライスラー300Sアロイエディション」
「クライスラー300Sアロイエディション」 拡大

FCAジャパンは2016年9月12日、クライスラーブランドの4ドアセダン「300S」の限定モデル「300Sアロイエディション」を発表し、同日より販売を開始した。限定台数は20台で、価格は577万8000円。

今回の限定モデルの特徴は、ラグジュアリー感を演出する内外装のカラーコンストラストにある。内装はブラックを基調に、アロイエディション専用のキャメルカラーのステッチが採用された。一方、外装には20インチのダークブロンズアルミホイールや、デュアルマフラーカッターなどが装着されている。

主な特別装備は以下の通り。
・アナログ時計(ニッケル/シルバーカラー)
・ピアノブラック/チタンカラーアクセント(コンソールベゼル・センターパネル・ドアトリム)
・キャメルステッチ入りインテリアアクセント
・300S アロイエディション専用フロアマット
・グロスブラックフロントグリル(ダークブロンズアクセント入り)
・ダークブロンズウイングバッジ・300Sバッジ
・デュアルマフラーカッター(チタンカラー)
・20インチダークブロンズアルミホイール

(webCG)
 

関連キーワード:
300, クライスラー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • クライスラー300S(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.21 試乗記 マイナーチェンジされた、クライスラーのセダン「300S」に試乗。新しい意匠のフロントマスクやインストゥルメントパネルなど、化粧直しが施された内外装や、先進の運転支援システムがもたらすドライブフィールを報告する。
  • スズキ・ジムニーシエラ(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.4 試乗記 2018年7月の登場以来、各方面で好評を博す新型「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。しかしいざ買うとなると、何を基準に、どんな仕様を選べばいいのか? すっかり新型が気に入ったというサトータケシが、ジムニーシエラの試乗を通して持論を開陳した。
  • ホンダN-VAN +STYLE FUN Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2018.10.5 試乗記 「Nシリーズ」初の商用モデルとなる「ホンダN-VAN」がデビュー。Bピラーレスボディーに広大な積載スペースを備えたデリバリーバン、その使い勝手は? 個人事業主や若者をターゲットに装備を充実させた「+STYLE FUN」に試乗した。
  • クライスラー販売終了は影響するか?
    日本におけるアメ車のこれからを考える
    2018.2.23 デイリーコラム クライスラー車の国内における正規販売が終了。これは、日本市場でのアメリカ車衰退を示しているのか、それとも、単にクライスラーブランドに限ったことなのか? わが国における、アメリカ車のこれからについて考えた。
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
ホームへ戻る