「クライスラー300S」にラグジュアリーな限定車

2016.09.12 自動車ニュース
「クライスラー300Sアロイエディション」
「クライスラー300Sアロイエディション」 拡大

FCAジャパンは2016年9月12日、クライスラーブランドの4ドアセダン「300S」の限定モデル「300Sアロイエディション」を発表し、同日より販売を開始した。限定台数は20台で、価格は577万8000円。

今回の限定モデルの特徴は、ラグジュアリー感を演出する内外装のカラーコンストラストにある。内装はブラックを基調に、アロイエディション専用のキャメルカラーのステッチが採用された。一方、外装には20インチのダークブロンズアルミホイールや、デュアルマフラーカッターなどが装着されている。

主な特別装備は以下の通り。
・アナログ時計(ニッケル/シルバーカラー)
・ピアノブラック/チタンカラーアクセント(コンソールベゼル・センターパネル・ドアトリム)
・キャメルステッチ入りインテリアアクセント
・300S アロイエディション専用フロアマット
・グロスブラックフロントグリル(ダークブロンズアクセント入り)
・ダークブロンズウイングバッジ・300Sバッジ
・デュアルマフラーカッター(チタンカラー)
・20インチダークブロンズアルミホイール

(webCG)
 

関連キーワード:
300, クライスラー, 自動車ニュース

クライスラー 300 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • クライスラー300S(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.21 試乗記 マイナーチェンジされた、クライスラーのセダン「300S」に試乗。新しい意匠のフロントマスクやインストゥルメントパネルなど、化粧直しが施された内外装や、先進の運転支援システムがもたらすドライブフィールを報告する。
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • クライスラー300 SRT8(FR/5AT)【試乗記】 2013.2.26 試乗記 クライスラー300 SRT8(RWD/5AT)
    ……653万円

    一見「薄味」。しかしフィアットの指揮のもとで進化した「300 SRT8」は、欧州勢に引けを取らない洗練を手にしていた。あらためて、クルマは乗らなきゃわからない。
  • トヨタ・カローラ ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.24 試乗記 2019年秋の発売以来、好調なセールスが伝えられる12代目の「トヨタ・カローラ」。そのステアリングを握った筆者は、従来モデルとのあまりの違いに大きなショックを受けたのだった。
  • BMW X7 xDrive35dデザインピュアエクセレンス(4WD/8AT)【試乗記】 2020.1.29 試乗記 大仰な“キドニーグリル”に象徴される華美な装飾に目が行きがちだが、「BMW X7」の本質は単なるおしゃれ系SUVではない。広々としたキャビンとBMWならではの軽快な走りを両立したこの超大型SUVは、人も荷物も詰め込んで使い倒したくなる魅力にあふれていた。
ホームへ戻る