BMW、2モデルに「M Sportパッケージ」追加

2011.10.28 自動車ニュース

BMW、「アクティブハイブリッド7」と「6シリーズ カブリオレ」に「M Sportパッケージ」を設定

BMWジャパンは2011年10月27日、「アクティブハイブリッド7」と「6シリーズ カブリオレ」に「M Sportパッケージ」を設定して販売を開始した。

「M Sportパッケージ」は、内外装をスポーティーに仕立てるパーツがセットになったBMW車の人気オプション。同社のハイパフォーマンスモデルを手掛けているBMW M社が開発したパーツなどが用いられている。

各モデルのパッケージ内容は以下の通り。

■「アクティブハイブリッド7」用
【外装】
・Mエアロダイナミクス・パッケージ(フロントエプロンとリアスカート)
・Mライト・アロイ・ホイール・Vスポーク・スタイリング302M(19インチ)
・BMW Individualハイグロス・シャドー・ライン
・専用ボディカラー、カーボン・ブラック
【内装】
・スポーツシート(※ アクティブハイブリッド7 Lには設定されない)
・BMW Individualアンソラジット・ルーフ・ライニング
・マルチファンクションMスポーツ・レザー・ステアリングホイール
・Mフットレスト

【価格】
・アクティブハイブリッド7:35万円
・アクティブハイブリッド7 L:25万円

■「6シリーズ カブリオレ」用
【外装】
・Mエアロダイナミクス・パッケージ(フロントエプロン、サイドスカート、リアスカート)
・Mライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング351M(19インチ)
・BMW Individualハイグロス・シャドー・ライン
・専用ボディカラー、カーボン・ブラックとイモラ・レッド
【内装】
・スポーツシート
・アルミニウム・ヘキサゴン・インテリアトリム
・シフトパドル付きマルチファンクションMスポーツ・レザー・ステアリングホイール
・Mロゴ入りドアシルプレート
・Mフットレスト(※ 左ハンドル車のみ)

【価格】
・640iカブリオレ:60万円
・650iカブリオレ:40万円

(文=滝本智志)


「BMW7シリーズ」の「M Sportパッケージ」装着車。

	「BMW7シリーズ」の「M Sportパッケージ」装着車。 拡大

関連キーワード:
アクティブハイブリッド7, 6シリーズ カブリオレ , BMW, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M760Li xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.4 試乗記 BMWの旗艦サルーン「7シリーズ」の中でも、ブランド唯一の12気筒を搭載する「M760Li xDrive」。“最上級の中の最上級”に位置するこのモデルは、古典的な自動車の歓びと、ADASやコネクテッドといった新分野に対するBMWの挑戦を感じさせる一台に仕上がっていた。
  • アウディA4アバント35 TFSIアドバンスト(FF/7AT)【試乗記】 2020.10.26 試乗記 フルモデルチェンジと見まがうほどに大幅な改良が行われた、最新の「アウディA4」が上陸。同シリーズの代表モデルともいえるステーションワゴン「アバント」に試乗し、新型パワーユニットや熟成されたシャシーの出来栄えを確かめた。
  • BMW 745eラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2019.11.20 試乗記 「BMW 745eラグジュアリー」には、BMWの金看板“ストレートシックス”に電気モーターを組み合わせたぜいたくなパワートレインが搭載されている。スムーズかつパワフルなプラグインハイブリッドシステムを味わうとともに、高級車に求められる条件について思いをはせた。
  • BMW 750Li xDrive(4WD/8AT)/745Le(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.5.16 試乗記 マイナーチェンジされた「BMW 7シリーズ」に試乗。より存在感を増した“キドニーグリル”の大きさも気になるところだが、その進化の本質は“バイエルンのエンジン工場”ならではのパワートレインの洗練にあった。
  • BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.1.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。
ホームへ戻る