“究極のランボルギーニ・ガヤルド”販売開始

2011.10.27 自動車ニュース

“究極のガヤルド”「LP-570-4 スーパートロフェオ ストラダーレ」発売

ランボルギーニ・ジャパンは、スーパースポーツ「ガヤルド」のトップグレード「LP-570-4 スーパートロフェオ ストラダーレ」を2011年10月26日に発売した。日本国内のデリバリー開始は2011年12月。

既報のとおり2011年9月のフランクフルトモーターショーで公開された「ランボルギーニ・ガヤルドLP-570-4 スーパートロフェオ ストラダーレ」の販売が、日本で始まった。ワンメイクレース用の競技車両をベースとした、ランボルギーニが“究極のトップモデル”と呼ぶ、特別な「ガヤルド」である。

エンジンのパフォーマンスは、既存の「スーパーレジェーラ」と同じ570ps/8000rpm、55.1kgm/6500rpm。6段2ペダルMTの「e-gear」を介して四輪を駆動する。

いっぽうエクステリアは、「LP560-4」の3倍のダウンフォースが得られるというカーボン製の巨大なリアウイングや、同じくカーボン仕立てのクイックリリース式リムーバブルエンジンフード、リアディフューザーなどで武装。
インテリアも、アルカンターラを素材に赤×黒のツートンカラーとした特別な仕様になっている。

価格は3136万8750円。生産台数は世界限定150台で、日本には12〜13台程度の入荷が見込まれているという。

(webCG 関)

「ランボルギーニ・ガヤルドLP-570-4 スーパートロフェオ ストラダーレ」
「ランボルギーニ・ガヤルドLP-570-4 スーパートロフェオ ストラダーレ」 拡大

“究極のランボルギーニ・ガヤルド”販売開始の画像 拡大

“究極のランボルギーニ・ガヤルド”販売開始の画像 拡大
“究極のランボルギーニ・ガヤルド”販売開始の画像 拡大

“究極のランボルギーニ・ガヤルド”販売開始の画像 拡大
“究極のランボルギーニ・ガヤルド”販売開始の画像 拡大

関連キーワード:
ガヤルド, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ ガヤルド の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4(4WD/6MT)【海外試乗記】 2008.6.30 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4(4WD/6MT)
    ……2310万円

    「パワフル・エレガンス」を標榜するニュー・ランボルギーニ、ガヤルドLP560-4。軽いボディ、強い心臓を手に入れた小柄な猛牛はどうなのか? 『NAVI』青木禎之がラスベガスで乗った。

    『NAVI』2008年7月号から転載。
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4(4WD/6AT)【試乗記】 2010.7.8 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4(4WD/6AT)
    ……3052万2975円

    560psを誇るスーパーカーに試乗したら「ランボルギーニ・カウンタック」に憧れたあのころを思い出した。スーパーカーってやっぱり……。
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP550-2 スパイダー(MR/6AT)【試乗記】 2012.7.11 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルドLP550-2 スパイダー(MR/6AT)
    ……2566万8615円

    マシンコントロールの楽しさをウリにする、後輪駆動のランボルギーニ「ガヤルドLP550-2」。
    そのオープンバージョンは、どんな走りを見せるのか? ワインディングロードで試した。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」のV8モデルに試乗。大きく変わった内外装デザインと、リアトレッド拡大やドライブモードの追加で磨きのかかった走りを中心に“元祖ラグジュアリーSUV”の進化を確かめた。
ホームへ戻る