“究極のランボルギーニ・ガヤルド”販売開始

2011.10.27 自動車ニュース

“究極のガヤルド”「LP-570-4 スーパートロフェオ ストラダーレ」発売

ランボルギーニ・ジャパンは、スーパースポーツ「ガヤルド」のトップグレード「LP-570-4 スーパートロフェオ ストラダーレ」を2011年10月26日に発売した。日本国内のデリバリー開始は2011年12月。

既報のとおり2011年9月のフランクフルトモーターショーで公開された「ランボルギーニ・ガヤルドLP-570-4 スーパートロフェオ ストラダーレ」の販売が、日本で始まった。ワンメイクレース用の競技車両をベースとした、ランボルギーニが“究極のトップモデル”と呼ぶ、特別な「ガヤルド」である。

エンジンのパフォーマンスは、既存の「スーパーレジェーラ」と同じ570ps/8000rpm、55.1kgm/6500rpm。6段2ペダルMTの「e-gear」を介して四輪を駆動する。

いっぽうエクステリアは、「LP560-4」の3倍のダウンフォースが得られるというカーボン製の巨大なリアウイングや、同じくカーボン仕立てのクイックリリース式リムーバブルエンジンフード、リアディフューザーなどで武装。
インテリアも、アルカンターラを素材に赤×黒のツートンカラーとした特別な仕様になっている。

価格は3136万8750円。生産台数は世界限定150台で、日本には12〜13台程度の入荷が見込まれているという。

(webCG 関)

「ランボルギーニ・ガヤルドLP-570-4 スーパートロフェオ ストラダーレ」
「ランボルギーニ・ガヤルドLP-570-4 スーパートロフェオ ストラダーレ」 拡大

“究極のランボルギーニ・ガヤルド”販売開始の画像 拡大

“究極のランボルギーニ・ガヤルド”販売開始の画像 拡大
“究極のランボルギーニ・ガヤルド”販売開始の画像 拡大

“究極のランボルギーニ・ガヤルド”販売開始の画像 拡大
“究極のランボルギーニ・ガヤルド”販売開始の画像 拡大

関連キーワード:
ガヤルド, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ ガヤルド の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4 スーパーレジェーラ(4WD/6AT)【試乗記】 2011.11.7 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4 スーパーレジェーラ(4WD/6AT)
    ……3377万4825円

    超軽量を意味する「スーパーレジェーラ」。ベース車の「LP570-4」と比較して70kg軽量化された「ガヤルド」は、一体どれだけ凶暴化したのか。猛牛で箱根を目指す!
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • マセラティ・レヴァンテ トロフェオ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.27 試乗記 スーパーカー並みのハイパワーを誇る、マセラティの高性能SUV「レヴァンテ トロフェオ」に試乗。どれだけ速いかは言わずもがな。むしろ驚かされたのは、その名門ブランドならではのエレガンスだった。
  • メルセデス・マイバッハS560 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.18 試乗記 マイナーチェンジを受けた「メルセデス・マイバッハSクラス」に試乗。技術の粋を集めた最上のラグジュアリーサルーンの、進化の度合いを測るとともに、メルセデスが目指した方向性を探った。
ホームへ戻る