「スバル・フォレスター」にスエードシートの特別仕様車

2016.10.03 自動車ニュース
「スバル・フォレスター スタイルモダン」
「スバル・フォレスター スタイルモダン」 拡大

富士重工業は2016年10月3日、SUV「スバル・フォレスター」に特別仕様車「スタイルモダン」を設定し、販売を開始した。

シート表皮にはブルーグリーンステッチを施したウルトラスエードを採用。
シート表皮にはブルーグリーンステッチを施したウルトラスエードを採用。 拡大
 
「スバル・フォレスター」にスエードシートの特別仕様車の画像 拡大

フォレスター スタイルモダンは、スバル初の水平対向エンジン搭載車「スバル1000」の発売50周年を記念した特別仕様車の第6弾。「2.0i-L EyeSight」をベースに、内外装に特別装備が加えられている。

インテリアではシート表皮にブル―グリーンステッチを施した専用のウルトラスエードシートを採用。一方、エクステリアではサイドウィンドウ全周とサイドクラッディングにクロームモールを施した。また、「S-Limited」に標準装備されている18インチアルミホイール&タイヤを、メーカーオプションとして選択できる。価格は280万8000円。

上記を含む特別装備は以下の通り。
・専用ウルトラスエード/合成皮革シート(ブルーグリーンステッチ+専用タグ)
・専用ウルトラスエードドアトリム/合成皮革ドアトリムアームレスト(ブルーグリーンステッチ)
・専用インパネ加飾(クロスメッシュ+シルバー塗装)
・全周サイドウィンドウクロームモール
・サイドクラッディングクロームモール
・キーレスアクセス&プッシュスタート
・運転席&助手席パワーシート
以下はメーカーオプションとして選択可能。
・18インチアルミホイール
・パワーリアゲート
・シルバールーフレール
・アドバンスドセーフティーパッケージ

(webCG)

関連キーワード:
フォレスター, スバル, 自動車ニュース

スバル フォレスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
  • 第35回:ほった家のお家騒動 2020.5.23 バイパーほったの ヘビの毒にやられまして webCGほったの実家で、マイカーの買い替え騒動がぼっ発! 大食漢の「ダッジ・バイパー」以上に記者を振り回す父の言動。今日の常識をくつがえすような自動車への要望……。小市民のクルマ探しにみる悲喜こもごもを、赤裸々につづる。
  • 数字が雄弁に物語る 「レクサスGS」が販売終了となる理由 2020.5.27 デイリーコラム 2020年4月にトヨタ自動車は、「レクサスGS」の特別仕様車を発表すると同時に、GSそのものを生産終了することも発表した。かねてうわさされていたGSの生産終了ではあるものの、そこにはどんな事情があったのだろうか。
  • 第177回:フェラーリの事故今昔物語 2020.5.26 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第177回は「フェラーリの事故今昔物語」。購入したばかりの「348GTS」の車両保険をめぐり、ある疑問が湧き起こる。事故リスクが想定外に低く算定されていたのはナゼ? 過去と現在を比べ、その背景について考察する。
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.25 試乗記 ベントレーの新たな旗艦モデルの座を担う、新型「フライングスパー」が日本上陸。最新のテクノロジーを惜しみなく投入して開発された、ラグジュアリースポーツサルーンの仕上がりをテストする。
ホームへ戻る